風情満点の門前煎餅屋さん。

大田区
11 /19 2017
池上   花見煎餅 吾妻屋


こちら、UP忘れていました(*゚ー゚)>テヘヘッ


2017戸越銀座 (114)

池上本門寺を堪能した一行、小径で道草を食みつつ参道を通り池上駅へ、
向かう途中、味のある商店街に出会いました。

いやあ、いいねぇ( ̄ー ̄)
往時の門前の賑わいを感じさせる通りや小径。
まあ、今でもお会式(こちらの場合は日蓮の命日に合わせて行われる法要のこと)の時は大いに賑わうのでしょうけれど。


2017戸越銀座 (123)

こちらで従姉妹達がお土産を買うとの事で従います。

店主は軽妙かつ手厚い応対。
河井もおすそ分け、いただきました<(_ _)>

ではでは。


2017戸越銀座 (125)

表面に抹茶がコーティングされていますな。
うむ、抹茶の風味、濃厚なりヽ(´▽`)/


2017戸越銀座 (124)

抹茶の味と醤油の香ばしさが・・・煎餅をお茶請けに抹茶飲んでるみたいな錯覚をもたらします。
しかしこれ、お茶を飲みながらいただくとお茶がダブってしまうよな。
紅茶だと紅茶飲んでるんだか抹茶飲んでるんだかわからなくなりそうだし、うーん・・・

・・・コーヒーが正答だろうか?
とかボンヤリ考えつつ、
駅に着く前に瞬殺。
駅で2人と別れ、帰途に就きます。


・・・つづく( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:せんべい | 池上駅



【オムの細道:332】 五郎丸も食べた?早大ラグビー部員考案のオム。

杉並区
11 /19 2017
上井草   アオヤギ



仕事帰り。
つい、家路とは逆方向の電車に乗った。
ここんとこ何かと忙しい。
心に余裕が無い。
こんな時は、オムるに限る。
車内で食べログを開いてBMリストをチェック・・・あ、
上井草で降りてみよう( ̄ー ̄)

ア・ストラーザにはちと遅い時間帯・・・
さてさて、ドンマイか、アオヤギか・・・


20176 (116)


20176 (117)

悩んだ末にこちらへ向かいました。
20:30訪店。

おお、開放感のある真新しい内観。
昭和39(1964)年創業の老舗だと聞いていたけれど改装したみたいですな。
中程のテーブル席に座るとおばちゃんがニコニコしながら水とメニューを持って来ました。


20176 (120)

・・・あった( ̄ー ̄)
あら、3種類あるな・・・ノーマルなオムとチーズ焼きオム、そしてオムカツカレー
こちらのお店は早稲田大学ラグビー部と縁深いらしく、オムカツカレーは早大のラグビー部員が考案したらしい。


20176 (122)

ネタとしてはアリだが、お高いなあ(^_^;)
んー、でも・・・

こんな夜は・・・


冒険したい(`・ω・´)キリッ

高らかに「オムカツカレー(1640円)」をオーダーするとおばちゃん、
とっても嬉しそうに「ありがとうございます!」
ま、まぁ、そういうリアクションをされると、悪い気はしませんなヽ(´▽`)/
という訳で、清々しく店内を見渡します。


20176 (126)


20176 (127)

壁には漫画家さんやイラストレーターのサインが掛けられております。


20176 (128)

おや、実写版銀魂の映画ポスターまで貼り出されておりますよ!?
流石はアニメの街、上井草だ( ̄ー ̄)


20176 (125)

客は半分くらいの入り。
近所のママ友や落ち着いた感じのお一人様男女といった客層。
食事ではなく喫茶利用の方も居ますね。


20176 (124)


20176 (129)

9分で竣工。
カツ、なかなかデカいな(^_−)−☆

ではでは。

しまった!白飯か( ̄◇ ̄;)
白飯だとこれ、オムレツ乗っけカツカレーだからオムじゃない・・・いや、


20176 (132)

違う、ピラフだぁ(*´ー`*)
人参や鶏肉?の細切れが入ったバターライスみたいなお味。


20176 (130)

カレーはビーフカレーですな。
マイルドなコク押しタイプで辛さは控えめ。


20176 (133)

カツは揚げたて。
衣は厚めでカリッとした食感が愉しいヽ(´▽`)/
ラードの旨味がガッツリ効いておりますよ(^_−)−☆
玉子はふわふわな仕上がりで、添えられたサラダと共にコッテリしたカツ&ライスを中和してくれますな。


20176 (131)

サラダはキャベ千とトマト、胡瓜。
キャベ千は塩で水抜きされていますね。その一手間が嬉しい。
完食。

ボリュームはそこそこ。
ライス量は普通ながらカツのボリュームは結構あったかな。
まあ、ちょいお高いけれどもね(^_^;)

接客はおばちゃん、お見事。
もうこれはスキルとかじゃなくて人柄じゃないだろうか。
故に居心地は良かったです。




関連ランキング:洋食 | 上井草駅井荻駅


ホラ河井も舞う夏の夜空!。

国分寺市
11 /19 2017
国分寺   鶏そば ムタヒロ 2号店


ああ、やっぱ俺には無理だハバカーる・・・
憚られて仕方がない(T ^ T)
で、ダメ元でこちらへ向かうと・・・


20176 (115)

あら、空いてる(゚- ゚ )
ならば入らない手は無いだろう( ̄▽ ̄)
18:45訪店。

入口脇の券売機で左上の法則発動!!
・・・醤油系だな。
「鶏親子そば(850円)」の食券を購入して中程のカウンターに座るとややぽちゃなお兄さんが和かにお出迎え。
麺の硬さを聞かれたので「普通」で、
「生姜か柚子胡椒をトッピング出来ますが」
んー、
「どちらがいいっすかね」と訊くと、
「生姜ですね」
じゃ生姜で(^_-)-☆


20176 (111)

奥に細長い店内は厨房とカウンターのみ。
適度な年季と適度な清潔感、つまり普通な感じ。


20176 (112)

でも壁にはガハハとかワハハとかいっぱい貼られていて、ムタヒロ特有のセンス横溢。
あ、そーいや、ガハハとかワハハとか券売機には書いて無かったな・・・
河井のオーダーしたのはガハハに属するみたいです。
ムタヒロはまぜそばのお店と中華そばのお店を訪れた事がありますが、
どちらのお店もヒョロっとした兄ちゃんとぽちゃっとした兄ちゃんのタッグでした。
こちらもヒョロっとしたお兄さんとぽっちゃり・・・

ってほどぽちゃってはいないか、そんなお兄さんのタッグ。
河井と同じタイミングで入店したお姉さんが何となく食べロガーな雰囲気を醸し出していて気になります(^_^;)


20176 (113)

6分で竣工。
うん、美しい。
美味しいと評判のお店のラーメンって、品の様なモノを纏っていますわな。
こちらのもそんな感じ。
盛り付けの丁寧さって重要なのでしょうな、視覚も味覚に繋がりますからね(^_−)−☆

ではでは。

麺は中華そばムタヒロの麺を想起させるピロっとした平打ちで、星の様なものが見えます。
全粒粉にしては星の数は少なめに感じますが。
茹では普通にしては柔らかめに感じますが、スープと絡みやすい形状ゆえこれでいい塩梅。
柔らかな分、てゅるんてゅるんな喉越しがもたらされます。
スープは鶏の旨味をしっかり感じながらも醤油のコク、くっきり。
前述の通りスープとよく絡む麺なので、硬めよりは普通の方がバランス良いかも(硬めだとスープ吸っちゃうからね)。
ややオイリーなのはスープの温度低下を和らげるためなのかな?
具は鶏チャーシュー1.5枚、豚チャーシュー1枚、長い穂先メンマ1本、味玉1個、海苔1枚、
あとは刻みネギ、鳥そぼろ、三つ葉。
鶏チャーシュー美味いね(^_−)−☆
柑橘系の風味が爽やかな余韻。
玉子も美味しい。黄身だけじゃなく白身もトロトロになるん違うかと思うくらい(んな訳ありませんが)ぷるんぷるん。


20176 (114)

中盤に差し掛かり、生姜を投入。
すると、おっほほ( ̄ー ̄)
スカッとさっぱり来た( ̄ー ̄)
あ、つまり、スープ飲め、って事だな( ̄ー ̄)
完飲&完食。

この味は、あっさりに分類されるのだろうか?
味はたっぷりと感じましたが、飽和する事無く、
味を重ねながらもアッサリさせちまう、
ってな一杯、堪能させていただきました。

麺は河井の好み(シコバツッが好みです)とは違いながらもこれはこれで美味しい。
朧月も柔めな麺に味の豊かなスープを合わせますが、同じアプローチなのかも。

接客はピリピリしつつも要所を心得てはいるもの。
とまれ、ちょいピリが先立つかな。
この辺は人間関係のブレなのかもね(^_−)−☆
とか言いつつも「あー、美味いもの喰ったわあ」という充実感、あざっすヽ(´▽`)/
ガハハでもワハハでもなく、カンラカンラと笑いながらお店を後にした河井なのでした。

タイトルは・・・
この頃はまだ初夏でして(^_^;)
かせきさいだぁの「じゃっ、夏なんで」が脳裏にチラついていたのです。

https://youtu.be/_dcpKrUk_Jo


りんご飴、ってさあ・・・
食べているうちに飽きません?
1/4カットで売ってくれないかなあ(^_^;)




関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅



両人対酌山花開。

港区
11 /19 2017
新橋   ニュー加賀屋


仕事を終えて、新橋へ。
久々に友からの呑みのお誘い。
急な話だったけれど、ワクワクしながら向かいました。

友人と合流すると、特に店は決めていないとの事。
じゃあ、あそこ、行ってみようぜ(^_−)−☆
と河井が向かったのが、こちら。


20175月 (400)

ソロでは攻略しにくいお店でも、2人ならばなんとかなる(`・ω・´)キリッ
という訳で念願の加賀屋、初体験。
21:20訪店。

うわ・・・ギチギチやなぁ、テーブルの間隔(^_^;)
何とか2人掛けテーブルが開いていましたので滑り込みます。


20175月 (402)

・・・毎度毎度思うんだけれど、


20175月 (408)

呑みのレビューは、難しいなぁ(;´・ω・)


20175月 (401)

話に夢中になると、酒はどんどん進む。
で、細かいところは覚えていない(*゚ー゚)>テヘヘッ


20175月 (404)


20175月 (407)

名物というハムカツ(560円)は、まぁ確かに厚みはあるんだけれど価格なり、って感想。


20175月 (403)

こまい揚(450円)は結構大振りなのが3尾、これは楽しめました。

店内は大賑わい、よって喧騒がBGMだ。
客はリーマンがメインですが、男性のソロ客もチラホラ。


20175月 (409)

このあと場所を変えて終電間際まで大いに楽しんだのですが、
見事に終電に乗り遅れ・・・
生まれて初めて深夜バスのお世話になった、河井なのでした。




関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅汐留駅内幸町駅


蕎麦とラーメンの境界とは。

国分寺市
11 /19 2017
国分寺   ボンサイ


20176 (84)

立川のお店は何度か訪れていましたが、こちらは未訪でした。
18:30訪店。

入口脇の券売機で「ごまだれ鶏つけ蕎麦【大】(830円)」の食券を購入すると、
店員のお兄さんがお待ちかね。
「温かいのと冷たいのと出来ますが」
「冷たいので」とお願いして店内を見渡します。


20176 (85)


20176 (86)

7、8席ほどのI字カウンターが厨房に沿って奥へ延びています。
通路を挟んだ壁側には2人掛けテーブル席が2卓。
BGMは大きめのボリュームで桑田佳祐がシャウトしているもの。
それがなんだかしっくり来る、そんな雰囲気。
AKB系の桜ソングに変わったところで、


20176 (87)

3分で竣工。

ではでは。


20176 (88)

蕎麦は、立川と同じく、いやもっと硬いな。
蕎麦の風味は感じますが、まあこれだけ黒っぽかったらそらそーだわな。


20176 (89)

つけ汁(と書くのが正しいだろうか)は胡麻のコクと豆乳の円やかさが効いたコクまろ。
生姜の効果かサッパリとした余韻。
クルミが食感の良いアクセントとなってくれますな。
具は鶏肉とたっぷりの長ネギ。

卓上の調味料でスパイシーに変化させつつ、
完食。

この日ふ暑かったので冷たいのにしましたが、温にすべきだったかも。
その方が色々と風味が花開きそうな気がしますな。

接客は、活気はあるんだけれど若干内向き。
なんつーか、ラーメン屋にいるみたいな・・・
立川のお店は中華系のお姉さんがいい感じに和ませてくれる接客で、
それが他のお店との違いを生み出していた様に思いますな、今にして思えば。
斬新な蕎麦屋、と受け取れば面白い、
となるんだけれど、
蕎麦粉使用のラーメン屋、と受け取れば、
ちょっと弱い気がするんだよなあ。
その辺りが両店の評価の差なのかなぁ。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 国分寺駅



徒労の果ての麻婆豆腐定食(ライス∞)。

府中市
11 /19 2017
府中   貴麗


この日はオムを狙って郷土の森、


20176 (43)

で振られ、
足を伸ばして是政、


20176 (48)

で振られ、
ただただ歩き疲れた炎天下。
まさに、徒労(T ^ T)

で、是政駅前の停留所にまさに停まらんとする「ちゅうバス」に衝動的に飛び乗ったのです。
終点の府中駅で下車。

完全無欠にオム腹なのだが、
この界隈にランチ時にいただける未食のオムは無い・・・
既食のオムにするか、悩みに悩んでいるうちに時は過ぎ・・・
オムを諦め、こちらへ。


20176 (51)


20176 (52)

キレイ、と言えば皆さんご存知、袁術の腹心、
武力は一流、とは言えないまでも愛嬌がありなんだか憎めない存在の紀霊が浮かびますな。


20176 (53)

13:25訪店。

大陸系のお姉さんに「お好きな席へどうぞ」
と言っていただけたのでありがたく左の壁際のテーブル席に座り、メニューを眺めます。
ほう、定食ならばライス∞か( ̄ー ̄)

何となくメニューの一番上に載っていた「麻婆豆腐定食(780円)」をオーダーして店内を見渡します。


20176 (61)

テーブルが並ぶ店内はオープンして数年、って事もあってか清潔感あり、カウンター席は無し。
ランチタイム終盤でしたが、客は7割の入り。
サラリーマンが多いですが、女性のお一人様もチラホラ見えます。
コーヒーがセフルサービスとなっていて、レジの手前にホット、アイス共に置かれています。
卓上に灰皿が置かれているので全面喫煙可かな?


20176 (60)

BGMは飛び交う中国語。


20176 (62)

4分で竣工、早いな。
ライスは丼ではなく茶碗にて供されました。
麻婆豆腐の他にはサラダと搾菜、スープというまあよくあるラインナップ。


20176 (66)

ではでは。


20176 (64)

旨味押しの麻婆豆腐ですな(^_^;)
豆豉も感じますが、それ以上に生姜がガッツリ効いています。
ややオイリーで、塩気強めな味わい。
辣はそれなりには感じますが麻とかは特に感じませんでした。
豆腐は絹漉しでたっぷり使われておりますね。


20176 (63)

ライスの進捗はまあまあ。

ライスお代わりヽ(´▽`)/
ライスの炊き上がりは悪くないね、ここ重要(^_−)−☆


20176 (65)

搾菜は塩気を過剰補給してしまうのでちょい合わないかな。
サラダはキャベツ主体のパサパサしたタイプ。
下拵えとかは特に無く、よく言えばナチュラルだ(^_^;)
スープはとろみあり、温めな温度。
完食。


20176 (67)

セルフのアイスコーヒーをいただきつつ感想戦。

汗は出ましたが、辛さはほぼ無く旨味押しな麻婆でしたね。
恐らくは生姜由来の発汗だと思われます。
四川、とかマーラー麺といった文句がメニューに並んでいたので少し期待したのですが、四川ではなかったかな。


20176 (68)

接客はこういうお店にしては悪くない感じ。
何も言わなくてもお茶を継ぎ足していただきましたし。
ま、腹は程々に満ちた。
辛うじて収穫は得た、と自分に言い聞かせて家路につく、河井なのでした。




関連ランキング:広東料理 | 府中駅府中本町駅府中競馬正門前駅



どうも運が無いなぁ。

品川区
11 /19 2017
五反田   おにやんま


研修が終わり、帰途に就く・・・・・道すがら、
向かったのがこちら。
以前から狙っていた、うどんの名店( ̄ー ̄)ニヤリ
この時間ならば空いているだろうという思惑もありました。

おお・・・
これまた、なかなかに草臥れた外観ですなぁ・・・


20176 (103)

ま、こういうの、むしろ河井好みである( ̄ー ̄)ニヤリ
で、外観に合わせたようなボロボロの券売機と対峙。
ふむう・・・
左上の法則、発動(゚Д゚)ノ ァィ(その店のオススメメニューは券売機の左上にある事が多いとかいうアレ)!!!
左上はぶっかけ冷、か。
「鳥天ぶっかけ冷(420円)」の食券を購入して、
16:40訪店。

セルフの水を汲んで店内を見渡、

す前に15秒で竣工、って速っガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
食券を購入した瞬間から調理しているのかな?
それとも・・・見込み茹で、かな??

ではでは早速。


20176 (104)

うどんはピロっとしたきしめんみたいなタイプで伸びが、、、あれ
伸びないな、伸び・・・てる!?
伸びてるから伸びないのか、ってちょっと何言ってんだか分からなくなりそうだけれども(*゚ー゚)>テヘヘッ
見込み茹での見込みが見込み違いだったとか、だろうか・・・
コシもないな、ちょっとモソっとしています。
ツルツルと喉越しは悪くないんだけれど・・・これがここの本気のうどんなのだろうか?
いや、多分、違うだろう。

しかし鳥天はね、美味い( ̄ー ̄)
ほぼ冷めていたけれど、下味バッチリてジュースィーやね!!
大振りなのが3個入っていて食べ応えもあります。

つゆは関西系で出汁感強め。
いりこの風味が強めに効いているけれど、温でいただいた方がよりバランスの取れた味わいになりそう。
とかいいつつも完飲しましたが(^_^;)
つまりはレベルが高いです。
しかしうどんの出来がなあ・・・

ネギは普通。
瞬殺。

ボリュームはちょい少なめ。

改めて店内を見渡すと、厨房をぐるりとカウンターが囲む構造でテーブル席も椅子も無いですな。
清潔感はそこそこ。
まぁ年季が入りまくっていますから、それに抗いきれない部分はありそう。
大井町の牛八を思い出しました。
客はサラリーマン数人、食べている間に4人来店。回転は早いですな。

接客はTGSのそれ以上ではない、爽やかさとかとはご縁がない感じ。

こちら、店舗を増やしつつあるみたいですが、その弊害だろうか、下ブレに出会ってしまったみたい(T ^ T)
本当の実力を味わいたかったなぁ。
どうも河井はTGS、もといTGU運が悪いのかもしれないなぁ。




関連ランキング:うどん | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅



【オムの細道:331】 ナポりたくもオム。

品川区
11 /19 2017
五反田   プランタン


20176 (90)

雨烟る五反田に降り立ちました。
今日は研修、

の前に、先ずは腹ごしらえだ( ̄ー ̄)
で、こちらへ向かいました。


20176 (91)

おお、いい感じの純喫茶みたいな外観・・・
そこはかとなくバブリーな香りも漂っていて、それがまたいい風情を醸し出しておりますな( ̄ー ̄)
11:45訪店。

奥の方から奥様かな?
「いらっしゃあい」
「奥へどうぞー」

言われた通りに奥のテーブル席に座り、メニューを眺めます。


20176 (94)

リサーチはしていたのですが、実は・・・この時、未だ迷っておりました。
こちらはナポリタンが名物、しかもコンビーフピラフなる魅惑のメニューもあるでよヽ(´▽`)/
うむう、どちらも気になるのだ・・・しかし、
ここまで来てオムらないとかあり得ないわさ(`・ω・´)
オムライス(700円)」をオーダーして店内を見渡します。


20176 (92)


20176 (93)

ブルースやカントリーミュージックが流れる店内は、
かなりゴチャゴチャしていて清潔感はちょいアレですな(^_^;)
先客は半分の入り。


20176 (95)

直ぐに味噌汁が竣工しましたが、手を付けず。


20176 (96)

6分で竣工。
おぅ、大きいな( ̄ー ̄)


20176 (98)

結構デカ盛りなお店と聞いていましたが、どうやら確かなようです。

ではでは。


20176 (99)

ほほう!!(◎_◎;)
・・・ナポの美味しいお店はオムも美味い、
これ「河井あるある」なのですが、こちらもその法則に合致しますな。
ライスはチキンライスで、よく炒められていて色ムラ無くパラっとした仕上がり。
先に軽く甘味が主張し酸味、そして旨味が口内を制していきます。
んでもって、添えられた沢庵が不思議と会うんだな・・・何でだろ!??

味付けが濃すぎないので上に掛かっているケチャップが活きてくる展開。
具は鶏肉と玉ねぎでライスに比して少なめ、
っつーかライスが具に比して多め、というべきかもしれません(^_^;)
ハムの破片も見えましたがこれはイレギュラーかも。


20176 (100)

いやあ、ボリュームあるわ(^_^;)
飯能の長寿庵のオムくらいあるかな?
まあタベルナ・ラ・グロッタのオムよりは少ないか。
中盤には飽きが来ましたが、味噌汁や沢庵でリセットしつつ食べ進めます。


20176 (97)

味噌汁に手をつけなかったのは、この為です( ̄ー ̄)
玉子は薄焼きながらふんわりした仕上がり、
とはいえこのライスの前ではひとえに風の前の塵に同じ。

オムに掛かるケチャップで緩急を付けつつ、
ゴールドフィンガーのテーマが流れ始めたところで完食。

なかなかボリューミーなオムでしたね。
河井的には軽くならばもう一軒いけるかな、ってな具合(重いのは無理め)
もーちょい具があれば、とは思いましたがこれで700円ならば文句は出ませんな(^_−)−☆
接客は壁を感じない感じのもの、フレンドリーというか何というか。

つーか多分ね、コンビーフピラフも美味しいと思うよ、うん。
店主の炒めスキルの高さを感じたオムでした。




関連ランキング:喫茶店 | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅



鍋の弦は曲げてこそものの役に立つ。

大田区
11 /19 2017
池上   池上本門寺 お休み処


2017戸越銀座 (51)

西馬込駅を出た一行、一路池上本門寺へ。

おー、山の上なんだ(*_*)
ゼェゼェと喘ぎながら坂を登りきると、ほっほう、


2017戸越銀座 (53)

本堂でけぇなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
ここは日蓮上人入滅の地、いわば聖地。

うむ、休もう。


2017戸越銀座 (52)

2017戸越銀座 (54)

一行は吸い込まれるようにこちらへ。
15:05訪店。

閉店間際でしたが笑顔で迎えていただきました。
「かき氷 いちご(400円)」をオーダー。

しばし、ぐでぇ・・・・・っとしていたら、

かき氷竣工。
ほう、氷がふわふわしている様に見えますな。

ではでは。


2017戸越銀座 (59)

あらあら、ちゃんとしたかき氷だ!
いちごはシロップに特別な何かは感じませんが、火照った身体が鎮まっていくぅ・・・

・・・で、ガッついて頭がキーンとするのはお約束のろムーヴ(^_^;)
時折頭を抱えつつ完食。

正直なところ期待は薄かったのですが(すいません)、良い意味で期待を裏切ってくれましたね。
観光地価格でもなくお手頃な価格でボリュームあり。
むしろCPは高いと言えるかもしれません。

接客は若干心もとないところもありつつ優しい印象。
因みに店内は禁煙ですがテラス席は喫煙可。
犬を連れた方がテラス席にいらしたのでペット同伴可かもしれません(未確認)。

この後、
国重文の五重塔を眺めつつ、河井的この日のメイン・・・・

・・・が、見つからない、見つからない・・・・・・

額に汗を滲ませつつ墓地を彷徨い歩きます・・・
おおよその位置はつかんでいるのだが・・・

っああ!見つけたあああヽ(´▽`)/
河上彦斎の墓・・・

熊本県人合葬碑の傍ら・・・・
河上彦斎先生碑に隠れるように建っていました。


2017戸越銀座 (72)

彼を端的に語れば、
るろうに剣心の主人公、緋村剣心のモデルとなった「幕末四大人斬り」の1人。
銀魂にも彼をモデルとしたキャラがいますな。

熊本藩出身。
茶坊主から幹部に推された才人で文武両道、
のち高杉晋作、桂小五郎、久坂玄瑞、三条実美らと交友を深め、禁門の変や長州征伐では長州側に参加。
奇兵隊でも重きを成した人物、
なのですが、
どうしても「佐久間象山を斬った男」というイメージが強いですな(^_^;)
第二次長州征伐の時は奇兵隊に属して活躍していましたが、
出身である熊本藩が敵方として闘っている事に責任を感じ、
桂の制止を振り切って説得に向かいますが案の定捕まり、1年もの間獄に入れられて・・・

その1年こそが、激動の1年。
大政奉還、王政復古の大号令、鳥羽伏見の戦い・・・
その間活躍の場を与えられなかった事、
そして国論が攘夷から開国へと真逆へ転換した時代の流れを肌で感じられなかった事は、
その後の彼の人生を決定付けてしまいました。

ようやく時代錯誤だった事にに気付いた熊本藩によって玉手箱を開けられると、既に日本は開国へと舵を切っていたのであります。
その中で声高に攘夷を唱え続ける彼は、もはや政府にとっては危険な存在でしかなく・・・
明治4年、要人暗殺の嫌疑をかけられて処刑されました。

享年38歳。

当初は「逆賊」扱いでしたから墓石には本名は刻まれていません、
正面に法名、右側面に「通称 高田源兵衛」と刻まれております。


タイトルは彼が処刑される直前、面会に訪れた知人に語ったとされる言葉より。

曰く、
「我らの同志に伝えて欲しい。
鍋の弦は曲げてこそものの役に立つのだと。
しかし、この彦斎は好んで鍋の弦をまっすぐにして用いたため今日の禍いとなってしまった。」

しかし、彼の同志は後に神風連の乱を起こし、悲劇的な結末を迎えてしまうのです。


つづく。




関連ランキング:甘味処 | 池上駅西馬込駅


美味さ、飛び散る&飛び散る。

品川区
11 /19 2017
戸越    龍輝


戸越銀座をぶらつく一行、次はこちらへ。


2017戸越銀座 (29)

明るいおばちゃんが応対してくれました。
「焼き小籠包4個(400円)」を購入。


2017戸越銀座 (30)

鶏&デリで唐揚げを買い、コンビニでビールを買って、プチ呑みと洒落込みました。

ではでは。


2017戸越銀座 (32)

熱々ではないのは分かっていますが・・・プチュっ

あ、汁が飛んだ、勢い良く飛んだ∑(゚Д゚)!!!

・・・お恥ずかしい(^_^;)
うん、肉感あり。
皮はカリカリが残っていて食感が愉しいね(^_−)−☆
残りの1個もいただきます・・・プチュっ

あ、汁が飛n(ry

一度ならず二度までも・・・・・ああ、お恥ずかしい<(_ _)>

熱々だったら(猫舌には自信がある河井にとって)拷問に近い食べ物だったでしょう。
このくらいの熱さでちょうど良し。

さて、ビールを飲み終えた一行、
戸越駅から西馬込駅へ向かい、池上本門寺へ。


2017戸越銀座 (40)

つづく。





関連ランキング:担々麺 | 戸越駅戸越銀座駅戸越公園駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ