《再訪》 【オムの細道:152】 中華食堂の灯は、まだまだ消えない。

府中市
07 /07 2015
中河原  蘭


【オムの細道シリーズ】



この日は高尾亭で上カツ丼をいただくかちゃーちゃんでオムるか、
と考えつつ西国立駅で降りたら土砂降り
降りた客が構内から出られないくらいに、土砂降り
・・・諦めました(T . T)

しかし諦められぬ、我が胃袋。
西府駅辺りで小降りになったので、久々に蘭に行ってみようと思い立ち、下車。
駅前で傘を買い、こちらへ向かったアグレッシブな河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ

19:45来店。

久々に訪れましたが、清潔感ありますね。
奥のカウンター席に座り、メニューをチラ見。
んで、ニヤリ。

店主に「オムライス(670円)」をオーダー。
前回からは値上げしたみたいですが、それでもリーズナブル。
ラーメンは480円だし、チャーハンやカレーライスも520円です。

親子喧嘩も通常運転(^ー゚)ノ

10分で竣工。

おお・・・麗しいね。
ちょっとこれ、期待しちゃっていいのかもしれない( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

IMG_1042.jpg

あら、美味しい。
玉子は薄焼きなのにフワがある仕上がり。
ライスは薄味のケチャップライスで具はハムと玉葱。
パラパラに炒まっております。
ライスが薄味だから、掛かっているケチャップに意味がある。
シンプル極まりない、のに、美味しいじゃないか。
ボリュームも文句なし(^_-)-☆
うーん、見事な「中華食堂のオムライス
堪能させていただきました<(_ _)>

ふと周りを見渡せば、店内はほぼ満席。

父子、
中年夫婦、
若者2人組、
祖父と孫3人。
子供からお年寄りまで様々な客層が、
定食、ラーメン、カレー、餃子&ビール、オムライス・・・
様々な料理をそれぞれに愉しんでいます。
そして出前の電話が引っ切り無し。
子供は満面の笑みでオムライス~!!」とコール。
ワクワクしながらオムを待つ子供を眺めるおじいさん、嬉しそうだ(^_-)-☆
それを聞く河井もまた、嬉しそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
きっと昔の中華食堂ではどこでも、こういう光景が日常だったんだろうな。



あと10年も経てば、きっと中華食堂は半減するだろう。
後を継ぐ人がなかなかいないからね。
哀しいけれど、これは仕方がない。

でも、
・・・中華食堂の灯は、まだまだ消えない。
そう、確信して傘をさした、河井なのでした。


オム味・・・☆3.8
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ