【オムの細道:347】 高円寺の高円寺の門前中華食堂でオム。

杉並区
01 /11 2018
高円寺   七面鳥


実は河井、生まれは高円寺だったりします。
母の実家が高円寺に在りまして、河井はこちらで産まれ、2週間後に富山へ戻り?ました。
以来ちょくちょく上京してはお邪魔しておりました。
河井の幼少期の写真を見ると、
いっつも片手にトマトジュースを持っているのですよ、もうホント、笑えるくらいにどの写真でも(^_^;)
そう考えると、河井がオムにハマるのも必然だったのかもしれませんなぁ。

この日も母の実家を訪ね、その帰りに高円寺の高円寺を訪れてみる事に。


20179 (166)

・・・ん?いえいえ、誤植じゃないですよ( ̄ー ̄)


20179 (168)

高円寺の地名の由来となったお寺であります、高円寺(^_−)−☆


20179 (169)

高円寺駅から北は勝手知ったる、なのですが南は不案内、


20179 (173)

初めて訪れましたが、なかなかの広さ!


20179 (175)

徳川家光が度々鷹狩りで当地を訪れ、その度にこのお寺で休憩していたのですが、
そのうちにこのお寺がすっかり気に入ってしまった家光、
とうとう境内に仮御殿まで造ってしまったそうな。


20179 (179)

それにより高円寺の名声が高まって近隣に知れ渡り、
いつしか(家光が名称を変えさせたという説もあるみたい)「小沢村」から「高円寺村」へと名称が変わった、
というのが高円寺(地名)の由来。


20179 (181)

20179 (178)

ひとしきり散策したあと駅へ向かう、と・・・うわ、


20179 (183)

なんかスゲーいい感じの外観なお店発見!!!!!

・・・検索中・・・

・・あら、ここに在ったか七面鳥( ̄▽ ̄)
これは・・・うっわー、この外観は、

入らざるを得ないだろう。
・・・お昼、さっき食べたけれども(^_^;)
ま、まぁ、大丈夫だろう(^_^;)
13:45訪店。

U字カウンターの左側の席に座って壁に貼られたメニューを眺め・・・

オススメメニューにありましたよ、「オムライス(630円)」( ̄ー ̄)ニヤリ
それをオーダーして店内を見渡します。


20179 (184)

エアコンは効かず。
この日は残暑厳しく(2017.9月のレビューです)気温は高いものの、風が店内を心地良く吹き抜けています。
故に暑さに弱い河井がギリギリ暑くないくらいの快適さ。
つーか、むしろその状況がこちらの風情を盛り上げに盛り上げているな( ̄▽ ̄)


20179 (185)

もう、昭和。
昭和極まりない内観、いと素晴らし。

先客はほぼ満席の入りで、おっさんと兄ちゃん、つまりは男子率100%だ。


20179 (187)


20179 (186)

キャベ千とお新香、中華スープ、それとマヨネーズが1本供され、


20179 (188)

7分でオム竣工。
薄焼き玉子の乗せオムですな。
そこそこボリュームありそうに見えますが、、、

ではでは。


20179 (190)

あー
これは、正しく中華食堂のオムであるなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー


20179 (191)

具は鶏肉、玉ねぎ、そして炒った玉子。
つまりチャーハンのバリエーションなオムだ。
ライスはケチャップライスでオムにしてはパラパラな仕上がり(チャーハンで言えばしっとり系ですな)、
炒めムラ無し。きっとチャーハンも美味しいのだろうなぁ。
具はそれほど多くないのですが、鶏肉のシコシコした食感が好アクセント。
ライスのケチャ使いは控えめなので上に掛かるケチャップに意義が生まれています。
チャーハン系のオムは塩気が強い事が多いのですが、こちらのはそんなに強くないね、ここ大事(^_-)-☆
玉子はリバースされた薄焼きで、表面はトロっとした火の通り、やるね。


20179 (189)

中華スープはとんこつ濃厚なお味、ちょっと意外。
お新香がサッパリした味わいでこのオムには合うね。
とはいえ、お腹はキツい(^_^;)
お昼、食べて来ていたからなぁ・・・しかもご飯お代わりしたしなあ・・・
しかし、我が決断に悔い無し(`・ω・´)キリッ
キャベマヨを挟みつつ、トップギア。
勢いよく完食。

驚きといったものは感じませんが、特に欠点も見当たらない、手堅く作られた中華食堂オム、堪能させていただきました。

接客は明るく元気良く、厨房からのエコーあり。
当たり前の事をちゃんとこなしている。こういうお店は、強いね(^_−)−☆
充分に年季の入った内観ながら、腕はちっとも枯れていませんし、CPも素晴らしい。
活きた中華食堂って、今後どんどん減っていくのだろうけれど(実際「枯れた」お店にはよく出会いますから・・・)、
こちらはまだまだご健在(^_-)-☆
チャーハン(580円)と50円しか差が無いのも好感。


20179 (192)

都心で高評価な中華食堂って、期待したほどではなかった、ってな経験が多かったのですが、
こちらはそんな先入観を覆してくれましたね( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ