since1969。

杉並区
01 /11 2018
高円寺   成都 高円寺本店


この日は従姉妹とどこかで呑もうという流れになって高円寺をブラつき、
以前から在るのに何故か入った事のなかったこちらへ入ってみました。
21:30訪店。


20179 (160)

改装したのかな?想像以上にオサレな内観。
奥の1段低くなったテーブル席へ座り、

「生中(380円)」をオーダー。


20179 (161)

アサヒスーパードライかな?まあ、そんなお味。
それと人気No. 1らしい「焼き餃子(500円)」をオーダーして店内を見渡します。


20179 (165)

オサレ、ですな(^_^;)
確か、河井が小さかった頃から在ったと・・・
うん、店員さんのTシャツに「since1969」とプリントされていますから河井より年上なお店なのでしょうな。
客は半分ほどの入りで、若き女子のお二人様や若年&熟年カップルが高円寺の夜を愉しんでらっしゃいます。
女子会使いも出来そうな雰囲気がありますね。


20179 (162)

やがて竣工した餃子は厚みある皮がモチモチ
と主張し、餡は少なめ。
揚がっている様な外パリ具合、なんとなくホワイト餃子を思い浮かべつついただきます。

「よだれ鶏(480円)」
「麻婆茄子(580円)」をオーダー。


20179 (164)

よだれ鶏はさっぱりしたお味で辛さは控えめ。
白菜?のシャキシャキした歯応えがアクセントとなっています。
鶏肉は柔らかく仕上げてあり、その風味を味わえるくらいのアッサリした味付け。
この価格にしてはボリュームありました。


20179 (163)

麻婆茄子は麻は効いてないし辣もそんなに・・・
ナッツ類のコクが効いているかな?
茄子はとろとろな仕上がりでかなりオイリー。
さっと呑んでお店を後にしました。

老舗っぽさは感じず、オサレな大陸系中華のお店、ってな印象。
店名から期待した四川っぽさは感じませんでしたが、料理によっては感じるのだろうか?
まあ辛いのが苦手な方でも愉しめるのはポイントでしょうな。




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ