【オムの細道:345】 地中海なオム。

調布市
12 /29 2017
つつじヶ丘   洋食亭アゼリア


この日は代田橋の沖縄タウンを攻めてみよう、
なんて思っていたのにグダグダし過ぎた・・・

つつじヶ丘へ変更(゚Д゚)ノ ァィ
昨年、炎天下に狙ったら夏季休暇で撃沈したこちらへリベンジと行こう( ̄ー ̄)ニヤリ

南口から出て左へ、寿司屋の角を右折して、


2017つつじヶ丘 (2)

ああ、前回もこんな暑さだったな・・・
さて、営業しているか・・・・・・・・・・・・・・・




2017つつじヶ丘 (3)

やっ、てたヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
13:15訪店。

いらっしゃいませ無し、忙しいのかな?
そろりそろりと、緩やかにカーヴを描く左の通路を抜けると・・・
あら、オサレ(゚- ゚ )
河井に気付いたお兄さんが一瞬戸惑い、直ぐに和かな笑顔に変わり「いらっしゃいませ」。
ありがたく4人掛けテーブル席へ通していただき、メニューを眺めます。

パスタ、ハンバーグといったランチメニューの中に・・・ありましたよヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
オムライス(1100円)」をオーダー。
セットのドリンクは葡萄ジュースをお願いして店内を見渡します。


2017つつじヶ丘 (4)

2017つつじヶ丘 (5)

控えめな音量でAORが流れる店内は白を基調とした雰囲気のある造り。
まるで地中海のレストランみたいだ。
まあ、行った事無いけれどね(*゚ー゚)>テヘヘッ


2017つつじヶ丘 (8)

箸置きが面白いな、おい。


2017つつじヶ丘 (9)

腕立て伏せしている人と、


2017つつじヶ丘 (10)

腹筋している人を模したもので、背中(あるいは腹)に箸を乗せてトレーニングしているみたい。
店主は身体を鍛えるのがお好きなのだろうか?
それとも単にお茶目なのか( ̄ー ̄)

客はランチタイム終盤に差し掛かる事もあってかまばら。
マダム、よりも若いカップルが多いな((((;゚Д゚)))))))
完全無欠にアウェーな展開ですが、席の間隔が広いのでゆったり過ごせましたよ。

若いカップル達がオーダーしたオムライスが次々と竣工していきます。
オム、かなりの人気らしいな・・・期待してみよう( ̄▽ ̄)


2017つつじヶ丘 (12)

2017つつじヶ丘 (13)

葡萄ジュースを飲み終えたところでサラダとスープ竣工。
サラダはグリーンサラダでさっぱりとしたドレッシングが適度な掛かり。
スライスされたアーモンドが好アクセント。
レタスも柔らかくて美味しい。

スープはミネストローネ。
はあ、落ち着くわあ・・・


2017つつじヶ丘 (14)

16分でオム竣工。
うむ、シンプル。


2017つつじヶ丘 (15)

厚めな玉子が乗るオムの上からデミソース。

ではでは。


2017つつじヶ丘 (17)

よく炒められたライスはトマトの酸味が効いていて、立ち上る香りは、チーズ!??
チーズの様な複雑なコク旨味&酸味がふおおおっと口内を蹂躙しつつ爽やかな風味もありますな。
チーズ入りのオムって結構多いのですが、しょっぱさが強かったりで噛み合わない事が少なくないのですよ。
こちらのはまた違った角度から愉しませてくれますな( ̄ー ̄)ニヤリ
どことなく、イタリアン系洋食というお店の出自がわかるオム、こういう体感は何だか嬉しいのであります。


2017つつじヶ丘 (16)

具は粗みじんに切られた玉ねぎと細切れの鶏肉?
鶏肉のシコシコした食感が愉しいアクセントをもたらします。
デミグラスソースもひと味違うな、やや塩気きつめですが。

玉子はオムレツを崩したタイプでふわとろ加減お見事なり。
瞬く間に完食。

ボリュームは普通よりやや少なめかな?
実はこちら、【オムの細道】を初めた時から気になっていたお店でして、
故にちょい期待も大きかったのですが、見た目以上に個性を感じたオムでしたね。
期待に応えてくれましたヽ(´▽`)/


2017つつじヶ丘 (18)

接客は若いお兄さんが良くも悪くも初々しい印象。
河井には響かないですが、特定の女子ならば響くかも(^_-)-☆


つづく。





関連ランキング:イタリアン | つつじケ丘駅仙川駅柴崎駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ