ぽえむ直営店でいただく土佐和紙で濾したアイスカフェ。

世田谷区
12 /29 2017
下高井戸   ぽえむ


プルポでオムタコったあと、満を持して訪れたミルクホール、

ですが、嗚呼。
営業していないかぁ・・・
むしろ今回はここがメインだったのだが・・・・・
トボトボと帰途に、

つく筈もなく( ̄▽ ̄)


2017下高井戸 (30)

こちらの階段を上がり、
14:15訪店。

中程の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。


2017下高井戸 (31)

2017下高井戸 (32)

へえ、土佐和紙ドリップコーヒー、とな( ̄ー ̄)
何でも繊維が細かいとかで雑味をキャッチしたり何とかするみたい。
で、
「アイスカフェ・土佐和紙(650円)」をオーダー。
「甘味は最初にお付けしますが」
「お願いします」
という遣り取りを経て店内を見渡します。


2017下高井戸 (33)

自然光を取り入れた店内は明るく、中々に年季が入っておりますがよく手入れされていて清潔感あり。
BGMのジャズギターもハマっています。
なにより使い込まれたテーブルがいいね(^_−)−☆

客は7割くらいの入り。
おばちゃんグループとマダムグループが二大勢力を築き、男達は一奥のテーブル席、あるいはカウンター席にポツポツ見かけますな。
やがてマダムグループが撤退しておばちゃんグループが覇権を握りました、が
おばちゃん達、水飲んでるな・・・竣工待ち、なのか?


2017下高井戸 (34)

厨房には若い女性2人。ほんわかした雰囲気を醸し出しています。
しかし、ぽえむってお店によって違うよなあ。
狛江のぽえむはもっとディープな印象でしたから(河井的には狛江の方が好み)。
それにメニューも全然違う、狛江にはオムがあったしなぁ。

置かれている雑誌はスポーツ新聞や日経、dancyu、Numberなどなど、
膝掛けが置かれているところに気遣いを感じますな。


んー、まだ来ない。
と、おばちゃんグループへようやくコーヒーとケーキが配膳されました。


2017下高井戸 (35)

22分で竣工。
和紙がコースター代わりに敷かれております。

ではでは。

甘さが結構効いてるな、その間を通り抜けて苦味がやって来ます。
鼻腔を通り抜ける風味は豊か。
そして確かに雑味が無い、故に余韻はスッキリ。

時間に余裕がある時に限られますが、のんびりと時間を過ごしたい方にはオススメできそうですな。
接客は、ほわぁんとしていて良し、とても良しっヽ(´▽`)/


窓から通りを眺めたりしつつぼんやりと過ごし、やがて家路についた河井なのでした。


つづく。

あ、そーいえばここ、ぽえむの直営店なのですよ。
あとで調べてみたらこちらと幡ヶ谷、高円寺の3店舗が直営の様ですな。
全店FCだと勝手に思っていたのでビックリしました(^_^;)




関連ランキング:喫茶店 | 下高井戸駅松原駅桜上水駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ