【オムの細道:343】 宝船なオム。

渋谷区
12 /28 2017
幡ヶ谷   デュポワ


スパイスでカレーとサラダをいただいた河井、
う~む、結構お腹が膨れてしまった(^_^;)

次、大丈夫かなあ・・・
少し不安になりつつ通りを南下すると、通りの端っこにオサレゾーン出現。
オサレな中古のレコード屋の斜向かいにこれまたオサレな小洒落たお店・・・


2017幡ヶ谷 (17)

あ、ここか( ̄◇ ̄;)
うわあ、オサレっぽいなあ(^_^;)


2017幡ヶ谷 (18)

緊張しつつ、
13:30訪店。

笑顔の素敵なお姉さんが「いらっしゃいませ」
・・・あ、なんか、落ち着いた(゚- ゚ )

中程の2人掛けテーブル席に座るとお姉さんがメニューを持ってきました。
うむ、オム確認( ̄▽ ̄)
オムライス デミグラスソース(1100円)」をオーダー。
セットのドリンクはグレープフルーツジュースを食前にお願いして店内を見渡します。


2017幡ヶ谷 (23)

2017幡ヶ谷 (19)

テナーサックスがブルーな音色を奏でる店内は、外観同様オサレでんな(^_^;)


2017幡ヶ谷 (24)


テーブルも椅子もカウンターもオサレ、
適度な年季が入っていてオサレベルアップ、
益々増し増すオサレマシマシ、
オサレ重ねコーデの完成だ(壊れたか河井


2017幡ヶ谷 (21)

客は半分ほどの入り。
年齢層はバラバラで皆さん落ち着いた雰囲気を纏った方ばかり。


2017幡ヶ谷 (25)

グレープフルーツジュースはフレッシュ。
あー、なんか身体にいい事しているなあ、感がありますな(^_^;)

6分でオム竣工。
おお・・・


2017幡ヶ谷 (26)

すげーな( ̄◇ ̄;)
楕円の平皿の手前にオムが鎮座ましまし、
その周りをペンネ、葉物、南瓜、人参、もやしに大根、マッシュポテト。
まるでオムの宝船に乗る七福神のごとし。


2017幡ヶ谷 (28)
2017幡ヶ谷 (29)
2017幡ヶ谷 (30)

つーかこれだったら、さっきサラダ食べなくても良かったじゃないか、
とかなんとか思いつつ、

ではでは。


2017幡ヶ谷 (27)

ふわふわ玉子の乗せオムですな。
オム上にはデミグラスソースが掛かっていますが、ケチャップもジグザグに掛かるWソース仕上げ。


2017幡ヶ谷 (31)

ライスはパラリとした仕上がり、寝かせてあるのかな?
トマトの風味はほどほどの効きで、ブイヨンの旨味とバターっぽい風味が主張する味わい。
具は鶏肉とハムが結構な入り。
これはチキンライスと呼ぶべきか、ハムライスと呼ぶべきか・・・チキハムライス、とでも呼んでおこうか(゚- ゚ )
これに上に掛かるデミのコク旨味、ケチャップの酸味が味を補強する構成。

一気呵成にオムって中盤、ここで七福神攻略に着手します。
大根はマヨ、もやしは胡麻油、人参はフルーティなお酢と、それぞれに違った味付けですな。
いずれもオムとは違った系統の味付けなので箸休めに最適だねぇ、これ( ̄ー ̄)ニヤリ
そしてマッシュポテトが優しい・・・
肉&肉なオムにバラエティに富んだ味付けの野菜。これは愉しいヽ(´▽`)/

しかし、

あー、もうキツい、お腹がキツい(^_^;)
スパイスのカレーのボリュームを侮っていたなぁ(;´・ω・)
そしてこちらもなかなかにボリュームあるんだわ・・・
土岐麻子のボサノバに癒されつつ、七福神に励まされつつ、
何とかかんとか、完食。

1100円、CP低いんじゃないかと思っていたのですがいやいや、
これだけ付いてドリンクも付いて1100円、
しかもボリュームもある!
むしろお安いでしょヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー!!!!


2017幡ヶ谷 (22)

接客は水の継ぎ足しもそつなく、何より笑顔が素敵で死角無し。

腹をさすりながら、


つづく。




関連ランキング:カフェ | 幡ケ谷駅代々木上原駅初台駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ