ちょいとお高いけれど、吉祥寺らしい趣味の良いカレー屋さん。

武蔵野市
12 /28 2017
吉祥寺   モンタナ


トークバックでオムった河井、予定通り向かったまめ蔵は満席の札が掛かり、3人待ち。
うううむ、待つのは性に合わない・・・

で、こちらへ。
以前、西所沢のカレーの名店、negombo33を訪れた際、お店に置かれていた雑誌を読んでいたらこちらの事をハマケンが勧めていて、
以来気になっていたのであります。
14:30訪店。

美しいお姉さんが「いらっしゃいませー」「お好きな席へどうぞ」と素敵な笑顔でお出迎え。
カウンターの中程の席に座り、メニューを眺めます。
カレーはオリジナルゴールデンカリー、れっど、ブラック、ドライカリーなどなどあって、メニューによってはこれに豚角煮、旬野菜、豚&旬の中からトッピングを選ぶ趣向。

んー、左上の法則、発動!
オリジナルゴールデンカリー、旬野菜(1190円)」をオーダー。
茹で卵か目玉焼きを択べるとの事で、目玉焼きをチョイスして、
あ、さっきいただいたオムと玉子がダブっちまった(^_^;)



2017no8 (64)

店内はアメリカ〜ンな印象でオサレ。BGMは爽やか系の邦楽。
店名からしてアメフト色ガッツリなのかと予想していましたが、そうでもなかった。
客は老いも若きも雑多で、なぁんかオサレな感じ。
故に河井にはちょいアウェーな展開か?とも感じましたが、居心地は良かったです。


2017no8 (65)

6分で竣工。
右にはキャベ千の小山、左には野菜がたっぷりトッピングされたルゥ、
そして黄色いライスは両者を隔てる壁のごとし。
ライス、少ないっぽいな・・・

ではでは。


2017no8 (67)

とろみあるルゥは甘味の効いた・・・
んー、なんだっけこの爽やかな風味!?
ちょいヌルっとした舌触り。

具は茄子や南瓜、トマト、人参、ゴーヤ、ズッキーニ、ブロッコリー、ピーマン、黄パプリカ、シメジ、オクラ、牛蒡、大根?などなど。
豪勢ですな( ̄ー ̄)
で、それぞれ調理が違うのね!
揚げてあるのもあれば煮たというか蒸したというかふかした様なのもある。
ゴーヤの苦さが素晴らしいアクセントとなってくれます。
で、やっぱズッキーニは合うよね、カレーに(^_−)−☆


2017no8 (66)

キャベ千にはリンゴかなあ、そんな風味を感じるドレッシングが掛かっていますが、スパイスも使われていそう。
キャベツが細かく刻まれているのは好感。まさに千切り(`・ω・´)キリッ

ライスはかなり硬めの炊き上がりで芯が残るような、それとも雑穀入りなのかな?
とろみのあるルゥが何とか絡んでくれる塩梅。
この辺りは好き嫌い別れるかも。
ライスのボリュームは少なめですが、野菜がお腹に溜まります・・・あれ?
河井・・・胃袋が小さくなったのかなあ?
それともトークバックのオムが効いているのか、
あるいは絶賛夏負け中だったからなのか、ほぼ満腹になりつつフィニッシュ。

接客は明るく、笑顔が素敵で宜しヽ(´▽`)/

うーん、忘れてた。
ドライカレー狙いで入ったのを今更思い出した(^_^;)
次回はドライカレーにしよう。

しっかし、トークバックでビーツのスープをいただいたり、こちらでは野菜をたっぷりといただいたり、
今日の河井、健康的な食生活じゃないかヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー(連食だがな河井

2017no8 (63)


つづく。




関連ランキング:カレーライス | 吉祥寺駅井の頭公園駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ