餡使いの巧いお店にハズレ無し。

西東京市
06 /27 2015
田無  黄河


ああ、決まらない。
15:00を過ぎると、途端に選択肢が狭まるのが田無クオリティ
未訪店がだんだん減っていくのは嬉しくもあり、悲しくもありますな(^_^;)
この日はギャンブルしました。
営業時間が分からないけれど、試しに行ってみるかとこちらへ。
細い路地へ入ると・・・ありました。
昭和な佇まい、河井好みなり( ̄ー ̄)ニヤリ
と同時に、入りにくいという矛盾( -_-)
・・・・暖簾、出てるな(゚- ゚ )
お客は・・・いるな(゜-゜)
・・・・15:15来店。

座っていたのは客じゃなくて店主でしたΣ(°д°lll)ガーン
「や、やってますか」
「いらっしゃいませ」

という微妙に噛み合わないやり取りを経て入口近くのカウンター席に座り、
壁に貼られている色褪せた短冊メニューを眺めます。
オムは、無いか・・・
オムがあるという情報があったのですが・・・他の店だったかもしれないな(^_^;)

うーん・・・・

挨拶代わりの「中華丼(750円)」を「大盛り(不明)」でオーダー。

朱が褪せてオレンジになったL字カウンターがいい味出していますね(^_−)−☆
テーブル席は無く背後の通路も狭い、こじんまりとした店内です。
壁際に雑誌が積まれていたり、幾分ごちゃっとしてはいますが、
カウンターも床もベタ付き無し。
待っている間に常連さんが2人別々に来店し、店主とユルい会話を楽しみつつ呑み始めました。
改めてメニューを見上げると、ラーメンはワンコインですね。
定食ものは800円くらいで収まり、麻婆丼やカツ丼といった丼物もあります。
BGMは昔のドラマの再放送。

8分で竣工。
沢庵と中華スープが付いて来ました。

ではでは。

IMG_0654.jpg

具は白菜メインで玉ねぎ、人参、ピーマン、キクラゲ、少々の豚肉とエビ、そして[u:ウズラの玉子](^_−)−☆
それぞれ適度な歯触りを残した火の通り。
店主、なかなかやるな(^_−)−☆
餡は醤油ベースで、酸味と旨味のバランスが取れています。
胡椒が効いているのかスパイシーさも感じますね。
だからか、最後まで飽きずにいただけました。
ご飯は悪くない炊き上がり。
中華スープは生姜遣いの上手さを感じるお味。
完食。

ボリュームは大盛りにしてはやや少ないか(あくまで河井的には、です(^_^;)
お会計は850円。大盛りは100円増し。CP的には悪くないと思います。
だってここ、雰囲気こそユルいですが、悪くないお味でしたから。
立地は全然宜しくないですが、しぶとく残っているって事はそう言う事なのでしょう。
常連さん達が何となくお酒に慣れた感じだったので、歓楽街の匂いがしました。
以前はこの辺りに歓楽街があったのかもしれません。
この界隈はちょうど田無駅と田無神社の間に位置していて、大きな呉服屋や喫茶店が点在しています。
大きな呉服屋がある通りは旧くに栄えた、もしくは旧くから栄えている通り、というのが河井の経験則。
この辺りは以前(駅前に大型商業施設ができる前)、メインストリートだったのかもしれませんね。

なぁんて思いを巡らせつつ店を後にした、河井なのでした。


黄河

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 田無駅西武柳沢駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ