高山ラーメンとの30数年ぶりの邂逅。

八王子市
08 /10 2017
京王八王子   飛騨の高山らーめん


ラオシャンを出た河井、
有鹿神社の里宮と中宮まで歩いて、そのあと海老名駅まで歩いて駅前で〆のお店を物色するも、なんだか盛り上がらず。
つーか、海老名駅前、昔の面影全く無いね(^_^;)
で、相模線、横浜線と乗り継いで八王子、そこから京王八王子駅まで歩いて改札、

を、
通らずに駅ビルの10階をぶらぶらしていたらこちらが。


2017厚木 (170)


2017厚木 (171)


お、さるぼぼ( ̄ー ̄)ニヤリ


2017厚木 (172)

そー言えば昔々、河井がまだ汚れを知らぬ幼少の頃に、
田舎のショッピングセンターのレストラン街でいただいたっけ、飛騨高山ラーメン
ここはあの時のお店と同じ会社なのだろうか?
確かあっさり醤油の縮れ麺で、木製のおたまが付いて来たのが印象に残っております。
17:55訪店。

店員のおばちゃんに「コーンラーメンと季節ご飯のセット(800円)」をオーダー。
季節ご飯は筍ごはんでした。
つーか、食べるんだ河井・・・しかもセットメニューなんだ(^^;)
実は、ショーケースにパフェメニューが充実していたので、「パフェでも食べようか」と思い入店したのですよ。
その結果がこれかよガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
自分自身に驚きつつ呆れつつ、店内を見渡します。

2017厚木 (184)


2017厚木 (185)

前のお店は豚骨ラーメンのお店だったっけ?その頃の面影は無いですな。
高山の曳山祭のポスターが大きく貼り出されているのが印象的。
客はまばらでしたが、続々と来店。
若いカップルから家族連れ、ちょい呑みのおじいちゃんまで様々な客層、人気あるのかな?


2017厚木 (186)

7分で竣工。
お、バター入ってるのか(@_@)!!
醤油ベースでバター入りか・・・まあ、コーンとは合うけれど(゚- ゚ )


2017厚木 (190)

ではでは。


2017厚木 (187)

バターが溶け出さないうちにスープをいただきます。
油膜厚めで透明度の高い醤油ベースで塩気やや強めに感じましたが、バターの影響を受けていないとも言えないか(^_^;)
麺は縮れある中細麺でやや柔らかめの茹で上がり。
具はコーン、メンマ、チャーシュー、刻み葱、海苔1枚。
メンマは適度に食感を残しつつ柔らかめ。
チャーシューは印象薄し。


2017厚木 (188)

筍ごはんは人参やお揚げも入っていて、絹さやが飾り付けられております。
柔らかめの炊き上がりは好みから外れますが筍の入りもなかなかで、ちゃんと1膳分のボリュームはありましたね。


2017厚木 (189)

で、おたまが付いていたのですが、穴あきレンゲもついていたのですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
よって心ゆくまでコーンと戯れる事が出来ましたヽ(´▽`)/
完食。

味の記憶は不確かながら、その様式は一致します。
昔いただいたお店と同じ系列のお店っぽいですな、どうやら。
無難なお味でお高くもない価格、ってところに強みがあるのかな。
接客は落ち着きあり。
竣工時に水が減っているのを確認して継ぎ足していただき、ありがたや。

後で調べてみたらこちら、「いなば和幸」の系列なのか!!∑(゚Д゚)!!!
創業は1979年、越谷市に1号店をオープンしていますから、息の長いチェーン店ですな。
実はいなば和幸には未だにご縁が無いのですが、こちらには30年以上も前にご縁があった訳か(^_^;)
今度は同じビルに入っているいなば和幸を狙ってみるか( ̄ー ̄)
しかし、連食に向かないんだよなあ(*゚ー゚)>テヘヘッ・・・




関連ランキング:ラーメン | 京王八王子駅八王子駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ