「平塚タンメン」を厚木でいただく。

厚木市
08 /10 2017
本厚木   ラオシャン


おひさまでシロコロホルモンととん漬けを堪能したあと、途中見つけた神社や寺を巡りつつ、予定通りこちらへ。

平塚市内には「ラオシャン」や「老郷」という店名のお店が数軒在るのですが、それらのお店がウリにしているのが「タンメン」。
といっても野菜たっぷりなアレではありません。
透き通ったスープは酸っぱく、その中に冷麦みたいな麺がたゆたい、
具は刻み玉ねぎのみ(店によって違いはあるかも)、
最近では「平塚タンメン」とも呼ばれていたりします。
それがこちらでいただけると聞きまして訪れた次第。



2017厚木 (69)

おー!!!
ええ感じの外観( ̄ー ̄)ニヤリ
レモンガスのロゴが入ったボンベが爽やかさを演出していますね(ん?
14:10訪店。


2017厚木 (71)

カウンターの角の席に座り、豪快に書かれたメニューを眺めます。
まあ、オムとシロコロととん漬けを喰らった後だ、軽く行こう(^_^;)
「タンメン(430円)」をオーダー。

すぐさま調理に取り掛かるおばちゃんのキレのある動き、心地良し。

2017厚木 (72)

老舗、だなあ。
昭和臭横溢する店内は中央の厨房を朱のコの字カウンターが囲んだ作りでテーブル席無し。
使い込まれたカウンターはスベスベに拭かれてあります。
先客は兄ちゃん2人、黙々。

4分で竣工。
おおお!!(◎_◎;)・・・



2017厚木 (73)

透明度、高いなあ!摩周湖かよっ!!∑(゚Д゚)!!!
河井が今まで食べたラーメン、あいやタンメンの中でも一番の透明度。
そのスープの中に冷麦みたいな色白の細麺が沈んでいて、刻み玉ねぎが満遍なく散らされていて、軽く油が浮いています。

ではでは。


2017厚木 (74)

スープは熱々。
酸味と鶏っぽい旨味メインのお味の中に何だかスイカの様な爽やかな風味がありますね。
玉ねぎ由来でしょうか?それともリンゴ酢とか柑橘系のお酢を使っているのかな?
麺は縮れある中細麺で茹では柔らかめ。
コシのある冷麦みたいな食感。

「お兄さん、初めてかい?」

不意におばちゃんが話しかけてきました。
「初めてです」
「びっくりしたろう」
「まさに今、びっくりしています」
(笑)
「初めてだろうなと思ったから説明しようかとも思ったけれど、びっくりさせてやろうと思ってね」
「50年も営業してると初めてのお客さんは大体分かるんだよ」
「え!?このお店、自分より年上じゃないっすか∑(゚Д゚)!」
(笑)

なんでも八王子から車で来る常連さんもいるんだとか。


2017厚木 (75)

途中ラー油をちょちょいと垂らせば香ばしさと辛さが加わって愉しい味変。
スープは最後まで熱々を保ったまま、
汗をにじませ瞬殺。

鶏っぽい旨味の余韻に浸りつつお店を後にしました。
完飲したかったんだけれど、ゆーても連食の果て、無理でした(T ^ T)

おばちゃん曰く、わかめタンメンはまたスープの味が変わってオススメなんだとか。
次回はそちらをいただきたいと思います。


この後は細い路地を散策しつつ相模大橋を渡り、

2017厚木 (106)

きぬた歯科の看板をチラ見しつつ(院長さんに貫禄が出てきているので比較的新しい看板だと思われます)
やがて北上して延喜式内社の有鹿神社へ。


2017厚木 (112)


2017厚木 (145)


中世は大いに勢いがあったお社で、その証拠に参道はかなり長いです。
そのまま少し離れた中宮まで足を延ばすと、この辺りは古くて大きな家が多いなぁヽ(´▽`)/
そんなこんなを一通り見て回ったあと海老名駅まで歩いて、

2017厚木 (167)


つづく。





関連ランキング:ラーメン | 本厚木駅厚木駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ