【オムの細道:320】 本厚木の老舗喫茶で王道オム。

厚木市
08 /03 2017
本厚木   レストランBON


2017厚木 (5)

学生時代は神奈川県民だったとは言え、川崎の北の端。厚木市は初上陸であります( ̄ー ̄)
本厚木駅前は栄えていながらもレトロさも残っていて、なかなか河井好みの街並みでありますな(^_−)−☆
で、BMしていたこちらへ向かいます。

2017厚木 (6)

ほっほう、いいねえ、この外観ヽ(´▽`)/

2017厚木 (7)

階段を下りて・・・


2017厚木 (20)


2017厚木 (8)

おっほう、いいいねえ、このショーケースヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/

2017厚木 (9)

12:25訪店。

うっほほおおっ!いいいいねええヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
純喫茶みたいな内観ですな。
ランチタイムの只中だからかほぼ満席の入り。
店員のお姉さんにカウンターへ通されますると、こちらはバーカウンターみたいな拵え。
メニューをめくりめくって・・・あったあった
( ̄ー ̄)
オムライス(896円)」をオーダーするとお姉さん、
「ケチャップで宜しいですか?」
ん?つまりは他のソースも選べるのかな?
ま、いいや。
ケチャップで、セットのドリンクはアイスコーヒーをお願いして店内を見渡します。

2017厚木 (11)

清潔感のある店内ですな。
改装もしているのでしょうね、草臥れた感が無くて、モダンな感じ。

2017厚木 (10)

中央に円形?のカウンターがあり、壁に沿ってテーブル席が配置され、右手の厨房の手前にバーカウンター。
客はランチ利用のサラリーマンが多く、年齢層はやや高め。
壁には本厚木駅前の古い写真が展示されています。
うーむ、かなりの老舗なのかも。


2017厚木 (12)

10分で竣工。
葉巻型の巻きオムですな。

2017厚木 (13)

ケチャップが中央から手前に掛かり、後背にはサラダが控え、スープが付いて来ました。

ではでは。

2017厚木 (16)

ライスはややしっとりとしたケチャップライスでバターが香ります。
具は玉ねぎ、ハム、ピーマン。
玉ねぎは細切り、ハムは大振りのカットでそれぞれ多めの入りですが、ピーマンは彩り程度。
多分こちらのナポと同じ系統の味付けと思われます。
玉子は前述通り薄焼きですがそれなりの厚みはあります。
焼きはややハードかと思いきやなかなかにきめ細かい塩梅、イイ仕事しなさる( ̄ー ̄)ニヤリ

2017厚木 (14)

後半はコッテリと感じ始めますが、サラダで中和。
サラダはほぼキャベツですがマスタードが効いていて、良い口直し。

2017厚木 (15)

スープはあっさりオニオンコンソメ。
完食。

2017厚木 (18)

アイスコーヒーは苦味強めでコッテリな食後にはピッタリ。

王道、ですな。
喫茶オムのお手本みたいなオムでしたね。
ボリュームは心持ち多めに感じました。

2017厚木 (19)

接客はね、お見事。
スタッフは皆ホールがしっかり見えていて、水の継ぎ足しも卒なし。
愛想も良いしせわしさを感じさせない姿勢も好感。
因みに店内は禁煙。
こういう純喫茶的なお店は喫煙可能なところが多いので、タバコの煙が苦手な方には貴重な存在かもしれませんな。


2017厚木 (17)

つづく。


2017厚木 (21)




関連ランキング:喫茶店 | 本厚木駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ