羽村駅西口の風情ある駅前食堂。

羽村市
06 /26 2017
羽村   美羽都食堂


出勤前に羽村。

20173 (74)

さくらまつりという催しが開かれているみたい(2017.3月のレビューです)ですが、残念ながらこれから仕事であります。

異動が決まった(と思っていたがこの頃はまだそうでもなかった)河井、悔いの無い様に気になっていたお店を巡らねばいかん(`・ω・´)
で、こちらへ。

20173 (75)

みはと、と読むのかな?
少なくともミュウツーではないだろうな、

とか思いつつ
レアポケモンいないかなあ、とか思いつつ、
11:00訪店。

河井が口開けとなりました。

20173 (77)

入口寄りの窓際のテーブル席に座り、壁に貼られたメニューを眺めます。
定食ものは無く、ラーメン、うどん、蕎麦といった麺類と、
かつ丼、親子丼などの丼物、あとは瓶ビール。
メニューの最初に掲げられている「かつ丼(750円)」をオーダーして店内を見渡します。

20173 (81)

20173 (78)

うん、いい風情だ。
年季の入った内観、タイル張りの床は丁寧に水拭きされていて凛とした清潔感があります。

20173 (82)

20173 (79)

厨房は奥の壁の向こうにあり見えず、その壁に面して小さな3席ほどのカウンター、
左には小上がりがあり、手前には4人掛けテーブルが4卓、整然と並んでおります。

20173 (80)

残念ながらレアポケモンはおらず。
待っている間に中年男性1人来店。

20173 (83)

6分で竣工。
濃いめの色合いのいかにも関東の蕎麦屋のかつ丼でござい、ってな見た目(蕎麦屋ではないがな河井)。
これに味噌汁とお新香が付き従います。

ではでは。

20173 (84)

かつ丼はかえしの効いたやや甘めの味付け。
グリーンピースは硬めで河井好みである( ̄ー ̄)

20173 (87)

カツは衣しっとり、肉質は柔らかくしっかりと筋切りされていますな。
歯の具合が宜しくない方でも難なくいただけそう。
玉ねぎはたっぷり使われていて旨味の塊と化しております、これも河井の好みだ。
ご飯の炊き上がりは良いですなあヽ(´▽`)/
玉子は昔ながらのハードタイプ。

味付けは見た目通り濃いめ。後半に差し掛かる頃にはクドく感じ始めます。

20173 (85)

お新香はいい漬かりで美味し。でもクドさをリセットする存在ではないかな。

20173 (86)

味噌汁はなめこだね!
ああ、二日酔いの身体に沁みるわぁヽ(´▽`)/
完食。

河井には濃いめのお味ながら、久々にこういうかつ丼をいただきましたね。
どこか懐かしい味わい、堪能しました。

20173 (88)

接客は物腰柔らか。
お手製の屑入れにほっこりしましたね。
羽村の風情ある駅前食堂、いつまでも、いつまでも。

20173 (89)

なお、営業時間は昼営業のみでした事、付け加えておきます(2017.3月現在)。




関連ランキング:定食・食堂 | 羽村駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ