稲城のどこかで、光ってるーううーうううううう。

稲城市
06 /15 2017
稲城長沼   ドラゴンボール


利華でオムったあと、
さて、どうするか・・・
当初は蕎麦にしようかとも思っていたのですが、、、

ホントの勇気見せられたなら、ロマンティックいただけるだろうか・・・


歩きながら決心がつきました。
どうやら、長年の宿題をこなす時が来た様です。

10年くらい前に一度訪れた事があったのですが、その時食べたカレーがイマイチで・・・
以来、足が向きませんでした。
世界で一等手強いチャンス、掴むとしましょうか(^_−)−☆
そうさ!今こそアドベンチャー!!ヽ(´▽`)/!!!
13:20訪店。

ヒョロっとしたおっちゃんが「いらっしゃい!」

あら!?随分と威勢が良いじゃないか∑(゚Д゚)!!
前はもっと渋い応対だったけれど・・・
士、別れて三日、即ち更に刮目して相待つべし、か・・・
なんて思いつつL字カウンターの手前の席へ座り、メニューを眺めます。

稲城行 (30)

チャーハンにしようかと思っていたのですが、オム後のチャーハンはどうだろうか?
かといってラーメン、ってのもシンプル過ぎるかなあ。
で、店の前にノボリが出ていた事もあり、
「タンタンメン(800円)」
をオーダーして店内を見渡します。

稲城行 (32)


年季の入った店内は清潔感そこそこ、灰皿常備。
先客はおっちゃん3人で、皆さん酒を嗜んでらっしゃいます。

稲城行 (33)


水はセルフ。
BGMは高校野球。

稲城行 (31)

古いお店によくある占いのアレがありますな。
ネタとしてやるべきかどうか・・・と迷っているところに、

6分で竣工。
ほう、なかなかにカラフルなビジュアル。

ではでは。


稲城行 (34)

辛さはピリ辛くらいですな、まあ想定内。
麺はかん水を感じるウェーブがかった中細麺で、茹では硬くも柔らかくもなくほどほど。
具はメンマ、ほうれん草、そぼろ、海苔、刻み葱。
搾菜が刻み入れられたピリ辛そぼろがメインのお味かな?
メンマは適度な歯ごたえがあり良きアクセント。
ほうれん草は結構入っていて、クタっていないのは好感。
淡々と完食。

特にお得感は感じませんでしたが、
でっかい宝島、とまではいかないものの具材は少なくなかったし、
世界で一等ユカイな奇跡、とまではいかないものの、店主に愛想がありましたね。
ロマンティックは感じなかったものの、前回よりは悪くなかったです。

この後、雲のマシンで・・・もとい、徒歩で延喜式内論社の青渭神社を訪れました。
何度か初詣で訪れた事がありまして、その時は甘酒をいただきつつ焚き火に当たったっけ。

稲城行 (58)

本殿こそコンクリートの覆殿に覆われていますが、古い狛犬がいい感じ。
参道も残されていて、手入れも行き届いていて、
地元の方に大事にされているんだな、妖怪変化もぶっ飛ばしちゃうだろうな、
と感じるお社でした。

稲城行 (37)

ああ、腹が膨れた(^^;)
あのオムが効いたなあ・・・
よって、ここで打ち止めとさせていただきます<(_ _)>




関連ランキング:ラーメン | 稲城長沼駅稲城駅南多摩駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ