【オムの細道:310】 品と気軽さを兼ね備えた町の洋食屋さんでオム。

あきる野市
05 /23 2017
秋川    ミソノ


武蔵五日市で石楯尾神社やら何やらを巡った河井、
CAFE Sketch で時間調整したあと、秋川へ。

2017武蔵五日市~秋川 (120)

2017武蔵五日市~秋川 (122)

駅前にはとうきゅうがあったりするし、こちらがあきる野市の中心なのだろうか?
やけに道幅の広い大通りを北へ北へと歩き・・・うーむ、
山道やけもの道を歩いたから、結構疲れているな(^_^;)

2017武蔵五日市~秋川 (123)

2017武蔵五日市~秋川 (124)



左折して少し歩くとこちらが見えて来ました。

2017武蔵五日市~秋川 (125)

2017武蔵五日市~秋川 (126)

13:25訪店。

お姉さんが気持ちの良い笑顔で「いらっしゃいませ」。
窓側の2人掛けテーブル席へ通され、メニューを眺めます。
あら、グランドメニューも出て来た、って事は、そっちからオーダーも可能なのかな( ̄ー ̄)
本当は違うお店でオムろうかと思っていたんだけれど・・・
ええい!こちらでオムっちゃえヽ(´▽`)/
グランドメニューからのオーダーが可能である事を確認して、
オムライス(972円)」をオーダーして店内を見渡します。

2017武蔵五日市~秋川 (128)

イージーリスニングが流れる店内は落ち着いた雰囲気で清潔感あり、
テーブルクロスがお店の雰囲気に似合っていて、どこか品というか、調和の様なものを感じます。

2017武蔵五日市~秋川 (129)

客層はマダムのグループや年輪を重ねたご夫婦がメイン。
河井的には完全なるアウェーな展開なのですが、嬌声が上がる事もなく落ち着いた印象、
嫌な感じはしませんな。
だからかリラックスして待つ事が出来ました。
2017武蔵五日市~秋川 (130)


7分でオム竣工。
ほほう、なかなかに雄大な体躯( ̄ー ̄)2017武蔵五日市~秋川 (131)

葉巻型の巻きオムで先端が切れたタイプ。
端からピーマンが顔を覗かせておりますよ(^_−)−☆

ではでは。
2017武蔵五日市~秋川 (132)

2017武蔵五日市~秋川 (133)


あら、具沢山じゃありませんかヽ(´▽`)/
ケチャップライスはしっかり炒められていて熱々、色むら無し。
2017武蔵五日市~秋川 (134)

ライスは粘り気控えめでしっとり仕上げてあります。
ケチャップの効きは弱めでバターの方が強いかな?上に掛かるケチャップの酸味を楽しめる塩梅。

2017武蔵五日市~秋川 (135)


具はゴロンゴロンと鶏肉、あとは玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、どれも多めにイン。
それぞれ食感を楽しめるやや大きめのカットで愉しい食感。
ピーマンの苦味が効いているのは河井好み。
玉子は薄焼きタイプですが程よい厚みあり、玉子自体を味わえますね。
バターのせいか後半はややコッテリ感じつつ、完食。

ボリュームはなかなかありましたね、しかもムラ無く具沢山。
1000円近いとは言え、満足の落としどころはありましたよ。
町の洋食屋さんのオム、堪能させていただきました(^_−)−☆

接客は品のある、心地良いもの。
遠くから訪れるタイプのお店ではないかもですが、
こういうお店が地元にある方は、こういうお店が地元に無い方よりも、少し幸せなんじゃないかな。
なんて思いながら、


つづく。




関連ランキング:洋食 | 秋川駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ