【オムの細道:306】 中野の濃ゆいレトロ喫茶でオム。

中野区
05 /05 2017
中野   ノーベル


早稲田のメーヤウで一汗掻き、穴神社でプリックナンプラーに後悔したあと東西線で中野へ、そこでJRに乗り換え、

・・・ずに駅を出て、こちらへ向かいました。

早稲田中野 (58)


早稲田中野 (59)

サンロード、
パチ屋の上、


早稲田中野 (60)

早稲田中野 (61)

サウナ、

早稲田中野 (62)

レトロな看板。
何だか落ち着くわあヽ(´▽`)/

早稲田中野 (63)


早稲田中野 (64)

ショーケースもいい味出していますよ(^_−)−☆

・・・って!
オム、あるのか∑(゚Д゚)!!!
メルシーでオムってるし、メーヤウでチキンカレー食べたし、
既に満腹中枢は作動している・・・もう無理だ(*´-`)
16:30訪店。

入口寄りのテーブル席に通され、メニューを・・・・・

・・・・

・・・やがて意を決した河井、
決然と「オムライス(800円)」をコール(やらかしちまったな河井
これに「セットドリンク(150円)」を付けて「アイスコーヒー」をお願いして店内を見渡します。

早稲田中野 (66)

大箱とは言わないまでも結構なキャパがある店内はレトロ、
なんとなくバブリーな匂いがするレトロ具合だ。

早稲田中野 (65)

サンローゼにもあったVIP席みたいなのもありますな!(◎_◎;)

早稲田中野 (67)

客の入りは微妙な時間ながらなかなかの混みっぷり。
下の階のパチ屋客が多いのかな?
あと、夜の匂いがする客が多いかな。

パチ屋の上にある大箱純喫茶、と言えば北千住のサンローゼ(閉店してしまいました(T ^ T))や日暮里のニュートーキョーを思い出しますが、
こちらもパチ屋と同系列なのかも。
とは言え、その2店ほどの趣きは無し。仄かに香る場末感。

早稲田中野 (68)

先にアイスコーヒーが竣工するものの、ここで水分を摂るのは危険と判断、ノータッチ。


早稲田中野 (69)

7分でオム竣工。
デミグラスソースが手前に掛かっていて、後背にはサラダが鎮座。

ではでは。

早稲田中野 (71)

たっぷり使われた玉子はふわとろ、というよりは半熟の玉子焼きの様な、
硬とろ、といった火の通り。
で、塩気がやや強めに効いているかな。

早稲田中野 (73)

ライスはケチャップライスで汁気多め、油多めで甘味を感じる塩梅。
こってりオムは満腹にはつらい(^_^;)

具は鶏肉、ピーマン、マッシュルーム。
マッシュルームがメインですがそこそこの入り、鶏肉は印象薄くピーマンは彩り程度。
デミグラスソースはオムのコテコテな味付けに負けています。

サラダはキャベ千、胡瓜スライス、トマト一切れ。
キャベ千はパッサパサながらもオムの味を中和するのに不可欠な存在。

早稲田中野 (72)

スープは溶き玉子入りのわかめスープで旨味押し。

で、アイスコーヒーは酸味強めでアッサリした後味、こってりオムには合う、とても合う(^_^;)

少なめなオムのボリューム、今回は吉と出ました。
淀みなく完食。

早稲田中野 (74)

「アイスコーヒー(400円)」をお代わりして口直し。

んー、なんだかんだで食べちゃったな(゚- ゚ )
量が少なめで良かった・・・危険な綱渡りだわ〜(^_^;)

接客は概ね丁寧。お姉さんがキュートでした(*´-`)
ムード音楽が流れる中、
食べログの下書きを仕上げつつ、
隣席で繰り広げられる際どい不倫話に耳を傾けつつ、
むしろ耳を傾けに傾けつつ、しばらく時間を過ごしました。

早稲田中野 (75)





関連ランキング:喫茶店 | 中野駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ