川越名物「喧嘩だんご」。

川越市
04 /26 2017
本川越   津ヶ原だんご店



川越行 (1)

川越、であります。

何年か前に訪れた事があるのですが、肝心の川越城本丸御殿が休館日でして(調べておけよ河井
今回はそのリベンジと、あとは焼き団子とか太麺焼きそばとかオムとか色々な諸々を胸に抱いて(ほぼ食い物だな河井)
鼻息荒くやって参った次第。

川越行 (3)

今回は自転車シェアリングを使ってみます(^ー゚)ノ
川越以外だと金沢市でも使われているらしい、レンタサイクルの新形態。
40分という時間内に各サイクルポートで貸し借りを済ませれば1日200円で使い放題、というシステム。
本川越駅にある観光案内所で軽く説明を受けて(とても親切に教えていただきました)マップを貰い、すぐ近くのサイクルポートへ。

川越行 (4)

クレジットカードを持っていた方が登録は楽ですな。
初めての作業、ちょい四苦八苦しましたが無事借りられました(^_^;)

一路向かったのは、こちら。
地元では「成田山だんご」「喧嘩だんご」と呼ばれて親しまれてきたお店です。
創業は安政年間(1854〜1860)という超老舗らしい。
和菓子屋だともっと老舗のお店がありますが、団子屋としては川越で現存する最古のお店じゃないかな、どうかな。
13:35訪店。

中からおばちゃんが出てきました。
「焼き団子(80円)」を2串オーダー。
気持ちの良い応対、有難や。
川越の優しさに触れましたヽ(´▽`)/

川越行 (10)

ではでは早速。

甘くない醤油団子ですな。
団子はほどほどの大きさで不揃いなのが4個刺さっております。つまり手作りだ。

川越行 (11)

食感は好みの硬めで、実に香ばしいねぇヽ(´▽`)/
炭火で焼いているからかとても香ばしい!!
冷めていても香ばしいのだから、焼きたてならばもっと美味しいだろうな。
瞬殺。

いやあ、河井の好みど真ん中な団子でしたね(^_−)−☆

因みに「成田山だんご」「喧嘩だんご」の名は、
成田山川越別院の門前で団子屋が2軒、並んで営業していた事に由来します。

川越行 (9)

150年にも及ぶ永い永い喧嘩の末、こちらが勝利した訳ですが、喧嘩相手が居なくなるのも寂しいもの。
近年閉店されたもう一軒のお店(藤倉)の団子もいただきたかったなぁ・・・


さて、オムるか( ̄ー ̄)


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 本川越駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ