【オムの細道:139】 犬は吠えるがスプーンは進む。

昭島市
06 /16 2015
東中神  リンデン



【オムの細道シリーズ】



珍しく早上がり出来たのでめだかタンタンへ向かいましたが・・・やってなーーーーーい(T . T)

定休日、か・・・
ロータリーももやってない(ー ー;)
みんな定休日なのかな・・・何だか前にもこんな事があったような(´・_・`)
ならば、あそこだ(´・Д・)」
踏切に捕まっている間に焼き鳥の誘惑に負けそうになりつつも何とか耐えしのぎ・・・・・

って喜楽も休みかあああ(2015.3月のレビューです
残るは最後の砦、、、あそこだ(´・Д・)」

暗闇の中に、こちらの看板だけが煌々と光っております。
うむ、やってるやってる(^_−)−☆
でも・・・何となく入り辛いなぁ((((;゚Д゚)))))))
10秒ほど悩み・・・脇の電飾看板に小さな勇気を貰って、
18:45来店。

「いらっしゃーい」という店主の声を掻き消す様に小さな犬がキャンキャンお出迎え。

吠える(^_^;)

吠える(´・_・`)

吠える(ー ー;)

まだ吠える(T . T)

か、歓迎されてないな、河井((((;゚Д゚)))))))
犬は店主に追い立てられて店の奥へと去っていきました・・・

カウンターに座ってメニューを開き、眺めるフリ。
店主に「オムライス(800円)」をオーダー。

年季を感じる店内ですな。
でも以前はスナックでした、ってな内装です。
長いI字カウンターが奥へ伸び、それに面して厨房。
カウンターのその奥は、暗くて判りません(^_^;)
店内も薄暗く、厨房の明かりのみ。
やや雑然とした店内ですが、カウンターはちゃんと拭かれておりました。
カウンターの左上には古びた調理師免許証が飾られております。
先客は女性3人で、みな常連の様です。
オープンキッチンだから調理風景がはっきり見えますな。
チキンライスを手際良く炒めて皿に盛り、
片手で卵を割って、
フライパンに敷いたのはサラダ油かな?
その隙間を縫って隣の客にうどん竣工。
って、うどん?
うどんもあるのかΣ(°д°lll)ガーン
と驚く河井を尻目にフライパンへ玉子を投入してリズミカルに掻き回して形を整え、
オムレツオンザライス( ´ ▽ ` )ノ
そのオムレツを割り拡げ、ソースを掛けて出来上がり。
こちらはオープンキッチンに意味がありますね(^_−)−☆
厨房を照らすライトを浴びながらの店主オンステージ、
といった様相( ̄ー ̄)ニヤリ

6分で竣工。
オム単独でのお出まし。

IMG_0712.jpg

つまりは河井との一騎打ちをご所望のようだ( ̄ー ̄)ニヤリ
こは良き敵、逃さじものっっっ(゚Д゚)ノ
ではでは。

IMG_0713.jpg

ライスは炊き上がり良くケチャップが程良く効いています。
甘味と酸味のバランスが良く取れていますね。
具はハム、ピーマン、玉ねぎ。
玉子はフワトロと言うよりは弾力のあるスクランブルエッグといった塩梅。
ややウェットなライスにはトロトロな玉子よりもこちらの方が合うと思います。
ソースはデミグラスソースかな?
かなりシャバシャバしていますが自家製かな?
軽い酸味とコクがありますが、ちょい弱いかな。
瞬殺。

ボリュームはそこそこ。
頭一つ抜けた美味しさ、というものは感じませんでしたが、
とまれ、こんなところにこんなオムが埋もれている、この驚きはプライスレス

東中神、やはり不思議な町だな・・・
改めてそう実感しつつ、駅へと向かう河井なのでした。

タイトルは小沢健二のアルバムから。



才能が迸っている名盤。


つか、タイトル変わってますがこれも同じアルバム。





リンデン

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:洋食 | 東中神駅中神駅西立川駅

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ