サッパリ豚丼。

府中市
03 /30 2017
府中   国府 ぶた丼X


狭山行 (93)

新店舗ゆえに早めにUPします。
故にレビューの順番が前後してしまい、読みづらくなってしまう事、お許し下さいませm(_ _)m

少し前に紅を訪れた際、
小平うどんが閉店した事と、その後に豚丼のお店が入る事は存じておりました。
同じ豚丼を扱うすた丼がすぐ近くに在る、というリスキーな立地・・・
中々に強気の出店だな、なんて思っておりました(^_^;)

この日は急にオフになったので狭山市へ。
創業70年目を迎えた食堂でオムり、
延喜式内社である廣瀬神社を訪れ、その門前に在った和菓子屋で焼き団子と狭山茶コーラをいただいたあと、
まだ余裕があったのでこちらを訪れてみたのであります。

狭山行 (94)

外の券売機の位置は小平うどん時代と変わらず。
ソースカツ丼も気になりましたが、先ずは店名にもなっているこちらをば攻めねばなりますまい( ̄ー ̄)
「ぶた丼X(800円)」の食券を購入して、
17:10訪店。

「いらっしゃいませー」
「カウンター席にお願いします」

見目麗しいお姉さんに促されて奥のカウンター席に座り、食券を渡して店内を見渡します。

狭山行 (95)

新店ですから当然のごとく清潔感あり。
前の店とはほぼ変わらないレイアウトに感じますな。

先客は3人、待っている間に2人来店。
いずれも男子でしたが女性でも入りやすいと思いますよ。

狭山行 (96)

ティッシュの箱がパチンコ屋のものなので、もしかしたらそちらと縁深いお店なのかな?

BGMは浜田麻里。

狭山行 (99)

先にスープ?竣工。
「器がお熱くなっていますのでご注意ください」

うむ、注意いたそう(´・∀・`)
手を付けず・・・

狭山行 (101)

4分で豚丼竣工。
赤い丼の中心に温玉が乗り、豚肉がその周りに傘連判状の様に・・・例えが堅いか(^_^;)

・・・・・ストーンヘンジの如く・・・・・うーん、
まあ、綺麗に並べられております(諦めたか河井
豚肉の上には黒っぽいタレが掛かっていて、脇にガリ。

ではでは。

狭山行 (102)

黒っぽいのはサッパリした生姜ダレですな。
やや甘味が先行しつつ、コク旨味も感じつつもサッパリした余韻。

狭山行 (98)

ここで視界に入った能書きを読んでみると、どうやら「うまくて生姜ねぇ」という”食べる調味料”系のものと蜂蜜を使っているのだとか。

豚肉は8〜10枚くらいで適度な厚みあり、やや硬めの食感。
肉自体がサッパリしているな、脂もほぼ感じませんね。
肉下にはキャベ千が少量敷かれています。
まあ肉の脂がほぼ無いから、それを受け止める必要も無いですし、この量で妥当かな。
サッパリした丼なので、ご飯の進みは温玉の功績によるところが大きいです。
ご飯は炊き上がり良し。
底が窄まる形状の丼、見た目以上に盛りは控えめ。
ガリはどうかな、生姜に生姜を合わせても生姜ねぇ、みたいな感じもしましたが。

スープ?はアオサかな?お麩入りの澄まし系。
瞬殺。

コテコテジャンキーなすた丼とは真逆のアプローチ、
あっさりサッパリな豚丼でしたね。
価格面はすた丼より帯広豚丼寄り、故にややお高めに感じました。
ボリュームは控えめなのでヘルシー志向の方に受けそうだな。
ガッツリ行きたい方は大盛り必須ですが、飯増し(+50円)と肉増し(+200円)でT点(1000円ライン)を超えてくるのが難点。
次回は比較的安価なカレー(600円)かソースカツ丼を狙ってみようかな。

接客は居心地よかったですよ(^_-)-☆


狭山行 (92)

なお、新店舗ゆえに評価は若干甘めな事、ご承知下さいませm(_ _)m




関連ランキング:豚丼 | 府中駅府中本町駅府中競馬正門前駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ