【オムの細道:137】 東急世田谷線が似合う、「昔ながらのオム」。

世田谷区
06 /13 2015
松原「レストラン ジュネ」



【オムの細道シリーズ】

2015.3訪問


東急世田谷線に乗ってみたかった事もあり、沿線に在るこちらをチェックしておりました。
山下駅で降りて、満来を目指したのですが「しばらくお休みします」の貼り紙が。
・・・・心配だな・・・。
途中、六所神社に立ち寄りつつ徒歩で松原駅まで北上して、こちらへ。
おお、
味のある赤い看板がお出迎え。
ショーケースも麗しいねぇ(^_-)-☆
14:20来店。

カウンターの端の席に座ると、奥様がメニューを持って来て下さいました。
ほえー
[b:これ、見やすいな(@_@)]
一つ一つ大きな写真で紹介されています。
メニューというよりアルバムだな、これは(^_^;)

オム、オムはどこだ・・・・・
おおおオム!!・・・・・

・・・レツ、かΣ(゚Д゚)ガーン
するとその下にオムライスは後方にあります」
と書かれておりました、親切極まりないですなぁ( ノД`)
ウヘへヘ、あったあった( ̄ー ̄)ニヤリ

ん?カレー、止めたのか!??
煮込みに3日掛けるらしい、こちらの名物の一つと聞いていましたが・・・・
店主もご高齢の様ですし、致し方ないのかもしれませんね( -_-)
厨房の店主に大きな声で「オムライス(900円)」をオーダー。

白と淡い茶色を基調とした店内には年季が漂いますが、綺麗に使い込まれているといった風情。
白いカウンターはスベスベ也(^_-)-☆
揚げ物メインなお店ですが床もヌメっていません。
入口近くに4人掛けテーブルが2卓あり、右奥にはL字カウンター、
厨房はカウンター内にあります。
厨房も綺麗ですねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
仕事に対する誠実さをひしひし感じますよ。
待っている間に若い男性客が3人来店。

7分で竣工。

IMG_0691.jpg

ぷっくりした葉巻型の、薄焼き卵の巻きオムですな。
ケチャップの掛かりに品を感じます。
奥にパセリが彩りを添える布陣。
スプーンに巻かれた紙ナプキンをいそいそと外して・・・

ではでは。

IMG_0689.jpg

ケチャップライスはバターが効いたしっとりタイプでムラ無し。
バターのコク旨味メインで、ケチャップはバターの円やかさによるのかそれ程前に出て来ません。
掛かっているケチャップに意義を持たせた味付けですな(^_-)-☆
具は鶏肉と玉ねぎ。
玉ねぎはシャキシャキと好食感を演出。
鶏肉も程好い弾力でGOOD。
玉子は薄焼きできめ細かい感じですが・・・ちょい卵液が出ているのはマイナスポイント。
メニューの下に「昔ながらの云々」と書いてありましたが、
確かにこれぞ昔ながらのオムライスですな( ̄ー ̄)ニヤリ
大振りのパセリを頬張って口内をもふもふさせながら完食。

ボリュームは普通。
なので、やや割高感は否めませんかね。
接客は穏やかそのもの。
1人の時間もリラックスして過ごせました。
このレビューを今、推敲しつつ浮かぶ印象は、「優しいお店」

お2人共、いつまでも、お元気で。


つづく。


レストラン ジュネ

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:洋食 | 松原駅下高井戸駅山下駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ