ネバーセイ・ネバーアゲイン。

府中市
02 /20 2017
府中   凡土


久々に歩いた府中界隈、かなり変わっていました・・・

食べログ1 (1142)

小平うどんが閉店していた(その後は豚丼のお店が出来るらしい)のは予想外だったし、

食べログ1 (1156)

テアトロカフェも閉店、
スイタイはヴィエンタイという同じタイ料理屋に、
よく通ったカラチも同じインドカレー屋に変わり、
庚申通りは再開発によりほぼ壊滅していて、あのマロコのマの字もなかった((((;゚Д゚)))))))

食べログ1 (1159)

かぐや亭(焼きそば屋)が瞬殺した後に入った担々麺屋も同じく瞬殺したみたいだ・・・
そして仮店舗通りの鬼門とも言えるこちらには・・・

食べログ1 (1144)

蕎麦&カレーのお店が出来ているのは紅訪店時に確認済み(^_−)−☆
今日はこちらへ向かいました(´・Д・)」

食べログ1 (1145)

「凡土・・・ジェームズ凡土・・・」
そう心の中で呟きつつ(ベタだな河井)
12:00訪店。

あら、JAZZが流れていますな。ボリュームはやや大きめ。
寺島進と田口トモロヲを足して2で割った感じのマスターの「いらっしゃいませ」はシブい低音。
手前のカウンター席に座り、壁に貼られたメニューを眺めます。

食べログ1 (1146)

食べログ1 (1147)


蕎麦カレーか、或いはセットか・・・
セットだと1000円超えるかぁ(^_^;)
で、
「マティーニを。ステアせず、シェイクして(・Д・)ノ」
じゃ・な・く・て、
カレー大(780円)」をオーダーして店内を見渡します( ´_ゝ`)


食べログ1 (1149)

食べログ1 (1150)

カウンターの配置などほぼ居抜きに見えますが、以前よりモダンな装い。
この雰囲気はやや大きめの音量で流れる、ムーディーなバリトンサックスに因るところも大きいでしょう。
先客は2名、後客は4名でカウンター席のみの店内はほぼ満席に。

食べログ1 (1152)

4分で竣工。
こりゃまたインドカレーみたいな見た目だな。
カレーと、ライスと、お猪口・・・

食べログ1 (1153)

・・・なぜお猪口(゚- ゚ )!??
と思っているところにマスター、生卵が入った容器を持って来て1個サービスしてくれました。

食べログ1 (1154)

何でも卵黄のみを落とすと美味しいのだとか。
つまりお猪口は殻と白身入れだった訳ですな。

ではでは。

先ずは卵を入れずにいただきませう。
シャバっとしたカレーは辛さは余り来ない、けれどやはり日式カレーじゃない。
フルーティな甘味と酸味が軽く押し出し、スパイスがそこそこにざわついた後、コク旨味が進出します。
甘味控えめなのは河井好み。
余韻は軽いコク、その後からチラチラと甘味が顔を出す塩梅。
具は煮崩れた鶏肉、柔らかし。
突出する何かは無く、巧くまとめられていますね。

食べログ1 (1155)

ここに生卵を投入すると円やかメインに変化しますが、元々バランスの良いカレーだから、どうかな。
河井は無くても良かったかな。
ライスの炊き上がりも問題無し。
完食。

ボリュームは大盛りなり。
どうやらカレーはネパールの方が作ってらっしゃるみたい。
でも街中に在るネパールカレー屋のカレーとは一味違う味わいで、日本寄りに進化したネパールカレー、みたいな。
河井はこっちの方が面白く感じましたね。

接客は丁寧で感じ良し。うむ、ここは長く続くかもしれんぞ( ̄ー ̄)

食べログ1 (1143)

・・・あ、
でも再開発が終わったらここの仮店舗も無くなるわな(^_^;)
もしかしたら仮店舗時代のかぐや亭みたいに、1年間の期間限定で入っているのかもしれませんね。
気になる方はお早めの御訪問を推奨致しますです(^_−)−☆

なお、新店ゆえに評価はやや甘くなっている事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 府中


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ