竹の林の中で茶。

鎌倉市
02 /15 2017
鎌倉   休耕庵 竹の庭の茶席


叔母と従姉妹と急に鎌倉へ誘われまして、
ほとんど予備知識もないままにいざ鎌倉(゚Д゚)ノ
先ずはバスで報国寺へ。なんでも竹林がすごいんだとか。

食べログ1 (938)

バス停を降りて向かったつもりが逆方向の浄妙寺まで歩いてしまったのでついでに見て回ります。
で、wikipediaで調べてみたら、おいおい、鎌倉五山の一つに数えられる名刹じゃないかΣ(°д°lll)ガーン
鎌倉時代初期に足利家の2代目、義兼によって開かれたこちらには足利尊氏の父、貞氏の墓(真偽は定かではない)が在ったり、
尊氏の弟、直義が亡くなった地(正確には境内に在った延福寺)だったりしましたよ!
全然知らなかった・・・

食べログ1 (956)

で、報国寺へ。
こちらは(後で調べたところによると)建武元(1334)年の創建と言われているとか。
永享の乱の首謀者である鎌倉公方足利持氏、その嫡男義久が自刃した場所と言われています。

「拝観料+抹茶代(700円)」を支払い中へ入ると・・・

ちくりーん

ちくちくりーん

食べログ1 (961)

ほっほぉ、壮観ですねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
京都の嵐山の竹林よりは狭いんだけれど、青々とした竹。
竹の青が濃ゆいなあ、青緑色ですね。
・・・毎年筍、食べ放題だよな(?)
とかなんとか思いながら見て回り、こちらのお店へ。

食べログ1 (963)

券を渡して暫く待ち、竣工。

食べログ1 (965)

受け取って席に着けば、目の前は竹林だ。
こりゃあ、げに風流。

ではでは。

食べログ1 (966)

落雁が2つ付いてきました。
丸に二つ引・・・・ほぉ、足利の家紋に拵えてあるのですな( ̄ー ̄)ニヤリ
1人はしゃぎますが、2人の反応は薄い・・・

食べログ1 (967)

口に入れると中でふわぁと溶けていきます。
そこに抹茶を注ぎ込めば、ああ、至福。
現世(うつしよ)とは別の世界に暫し、耽溺。

このあと庭内を散策して、バスで鶴岡八幡宮まで戻ります。


つづく。




関連ランキング:日本茶専門店 | 鎌倉駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ