ちょい惜しい、故にちょいお高い。

目黒区
01 /23 2017
自由が丘  クルン・サイアム×アティック×


フェリーチェでオムった後、むむむ。
オムに振られまくっているうちに、こんな時間になってしまった( ´_ゝ`)
食べログを開いて・・・うむ、ここだ(゚Д゚)ノ
雑居ビルの階段の前に立ちます。
階段を上がると・・・
・・・ここ、じゃないな(゚- ゚ )

階段を上がると・・・
夜のお店だな、これきっと(゚‐゚*)・・・・・・

食べログ1 (749)

・・・・・・・・あ、奥か(*´∀`*)
14:25訪店。

階段を上がると・・・
大きなカウンターがお出ましだ( ̄ー ̄)ニヤリ
元々はこちらも夜のお店だったのでしょう、なんかそんな雰囲気。
手前のカウンター席に座り、メニューを眺めます。

ちょいとお高めですな、1000円を超えてくる価格帯。
カオソイにするか悩んだ末、
「ゲーン・キィオ・ワン・アボカド(1280円)」をオーダー。
つまりはアボカド入りのグリーンカレーですな。

食べログ1 (755)

すぐにセットのスープと生春巻き竣工。

食べログ1 (757)

ライスペーパー、モッチモチやな( ̄ー ̄)

食べログ1 (756)

スープは美味しいね、酸っぱ美味しいねヽ(´▽`)/
これは期待が持てそうだ。
瞬殺して店内を見渡します。

食べログ1 (752)

自然光に照らされた店内はカウンター席のみでテーブル席は無し。
先客は若い女子や中年男性のお一人様やオサレご夫婦といった面々で、客層は良さげ。
上階にも席があるらしく、ママさんグループがドヤドヤと降りてきました。

食べログ1 (754)

日照権の関係か、ガラス窓が斜めに広がっていて、むしろオサレ度をUPさせています。
「これ、大雪とか大丈夫なのかなぁ」
とか思ってしまう、雪国育ちの河井です(^_^;)

食べログ1 (760)

9分で竣工。
タイカレーにしてはどろっとしてますな。濃厚な予感ひしひし。
皿の中には大きめにカットされたアボカドがドヤ顔しています。

ではでは。

食べログ1 (759)

アボカドは硬めな・・・うん、硬いね(´・_・`)
ボリボリといただきます。
カレーはやはり濃厚、それをアボカドで時折さっぱりさせつつ食べ進めます。
が、アボカドのカットが大きいのと硬いのとでモタつきます。
んー、リズムに乗れないな(´・ω・`) ショボーン
エビはプリっと仕上げられていて愉しい弾力。
具は他にパプリカが彩りを添えます。

食べログ1 (761)

ライスはタイ米で、炊き上がりは柔らかめだなあ。
辛さは控えめでちょい物足りない塩梅。
瞬殺。

ボリュームは普通。
ライスにやや不満は有りますが、ポテンシャルは感じました。
にしてもちょいお高めかなぁ。
アボカドを持て余してしまいましたね。半分くらいの大きさにカットされていたら尚良かったな。

接客はお姉さんの明るさが光っていました。
厨房のおっちゃんも無駄の無い動きで好感。

井之頭五郎の言葉を借りるなら、
「アボカドのせいで歯車がズレたか・・・」が総評。

20130910_573254.png



つづく。




関連ランキング:タイ料理 | 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ