【オムの細道:286】 回転寿司屋でオム。

立川市
01 /14 2017
北野   スシロー



食べログ1 (581)

寒い雨に降られつつ北野駅に降り立ちました。
狙いはこちら。

食べログ1 (584)

いやなに、オムがある、って聞いたもので( ̄ー ̄)ニヤリ
12:25訪店。

やはり待ちが出ていました(^^;)
が!!!!!
ソロでのアタックだったのが幸いして、ノータイムでカウンター席へご案内ヽ(´▽`)/

食べログ1 (585)

さて、久々だな、ここのシステム(゚- ゚ )

食べログ1 (586)

河井の席は・・・「紺色」ですね、確認完了(^_-)-☆

で、いろいろ頼みました。

オムライすし
白とり貝
ボイル本ずわい蟹2貫
まぐろ
つぶ貝
寒ぶり

と頼んで・・・

食べログ1 (588)


先ずはオム竣工。

これは。。。

食べログ1 (589)

確かに、オムライ寿司であるな(゚‐゚*)

食べログ1 (590)

シャリの上にはプチオムレツの様な・・・寿司屋の「玉子」とはちょい違うナリのヤツがライドオン。
上にはケチャがN字を描きます。

食べログ1 (592)

オム部をめくってみると、当然酢飯とご対面。

・・・さて、これはオムライスなのだろうか!?

オムライすしの「す」がポイントとなろうな。
「ス」ではなくて「す」であるところからして、「すし」寄りの意味合いなのでしょうが、
これは「オムライス」と「すし」を掛けているものと判断しました。
こちらが回転寿司屋であるがゆえに「寿司」に慮って「ス」ではなく「す」の表記となったのかもしれませんが、

オムライスし」だったらなんかモヤモヤするから、って理由もあるでしょうな(;´・ω・)
「オムライ〇」はオムライスだろうな、って認識できるけれど、
「〇し」から「寿司」だと認識するのは難しい・・・
「足」?「石」??「牛」???「絵師」????って混乱しちゃうからね┐(´д`)┌ マイッタネ

まぁ、そんなこんなでこれはオムライスであるっ(`・ω・´)キリッ

ではでは。

食べログ1 (593)

玉子はふわりとした焼き上がりで、中にはトマトソースがイン、
いや、ミートソースかな?挽肉と玉ねぎが入っていますね。
ライスは酢飯で一口にも足らないボリューム。
これは恐らくは、史上最小のオムライスでしょうな(^^;)
瞬殺。

いただく前はシャリとどう絡むのか、って不安があったのですが、
考えてみれば、ケチャップにお酢、入ってますものね(゚‐゚*)
特に問題なくいただけました。
回転寿司を食べている最中にオムの禁断症状が出てしまった、そんな貴方にオススメです(*゚ー゚)>テヘヘッ

☆3.0


さて、その他の寿司にも言及せねばならんでしょう。

食べログ1 (594)

白とり貝は臭みがあって残念でしたが、
ブリはそれなりには脂が乗っているし(寒ブリと言えるほどではないが)、マグロもちゃんとマグロである。

食べログ1 (591)

蟹も蟹だし、つぶ貝もコリコリしていて楽しい食感。

「くら」も「浜」もいただきましたが、河井はスシローの方が好きだな。

接客も、レジの奥から上司に対する愚痴がダダ漏れている様な事は無かったし、
椅子を引いていただけたし、笑顔もスムーズ。文句なし。

待ち客で溢れる入口を抜けて・・・


つづく。





関連ランキング:回転寿司 | 北野駅長沼駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ