小麦ふすまを使った高速スライダーの「武蔵野うどん」。

立川市
01 /10 2017
立川   武蔵野うどん こぶし


立川駅に北口が出来た折にオープンした当初から気になっていたお店です、が
高そうだなぁ、となかなか足が向きませんでした。
小麦ふすまを使った武蔵野うどんのお店らしいですが、さてさて。
10:55訪店。

券売機で唸ります・・・やっぱ、高いなあ(^_^;)
かけうどんならば500円か・・・
そちらに未練を残しつつ、お店のオススメらしい
肉汁つけうどん(730円)」の食券を購入。
ま、武蔵野うどんのお店だしな(^_−)−☆
物腰柔らかなお姉さんに「お好きな席にどうぞ」と言っていただけたので、左の壁沿いのカウンター席に座って食券を渡し、

食べログ1 (153)

店内を見渡す間も無く糧とお茶竣工。

糧は金平牛蒡で怖いくらいに柔らかいな。
瞬殺。

お茶を啜りながら店内を見渡します。

真新しい店内は奥にテーブル席、中央に対面カウンター、左には前述の通りカウンター。
客は半分の入りで男性のおひとり様が多いかな。まぁ日曜日だったので平日とは客層が違うとは思います。

食べログ1 (158)

待っている間にふすまをググってみると、
ふすまとは小麦の表皮の部分で、小麦からふすまと胚芽を取り除いたものが小麦粉になるそうな。
食物繊維やカルシウムが豊富で近年は評価が高まっているみたいですね。

まぁつまりは小麦粉を作る際に取り除く部分をお金に変えた、
って考えるのはゲスの勘繰りでしょうか( ͡° ͜ʖ ͡°)(でしょうね
言葉を変えよう。
素材を無駄にする事なく有効利用しよう、という訳ですな(^_−)−☆

食べログ1 (154)

7分で竣工。

茶色い斑点が見えますね、これがふすま、なのかな?
ボリュームは少なそうに見えますが・・・

ではでは。

食べログ1 (156)

うどんは平たい太麺で、よじれている箇所はやや細くなっていています。
硬い茹でですが、温つゆに付けるとちょうど良い噛み応えになりますな。
武蔵野うどんを標榜するにしちゃ伸びがあるね、コシもある。
小麦の風味も感じるな。
ちょっと変わった風味だけれど、これがふすまの風味なのかな?

食べログ1 (155)

つゆは旨味がよく出ていますね。
具は豚肉、油揚げ、ネギ、ほうれん草?椎茸。
豚肉は程よく厚みあり、よく煮込まれた塩梅。
ネギも甘みが出ていますな。
ほうれん草?の茎のシャキシャキは好アクセント。
具は少なくはなく、ちょっと多めかな、とも思わせるくらいの絶妙の入り加減、流石はNRE(^_^;)

食べログ1 (157)

と、ここで出汁が供されました。
つゆに入れて飲むという用途らしい。
まあ蕎麦湯みたいなものか。
完食。

見た目以上にはボリュームを感じましたかね。
多くはないけれど、少なくもない加減、流石はNr(ry
接客はちゃんとしていました。配膳や声掛けに丁寧さを感じましたね。
その点も含めて、駅そばって感じのお店ではなかったです。
立地のせいもあるのか客の出入りはちょくちょくありました。

お高いし時間が無い時には向かないですが、
意外にちゃんとした、個性も感じる一杯。
ハマればハマる、って当たり前ですが、
ハマるに足る要素は備えていると思いました。

つか、無理して武蔵野うどんを名乗らなくてもいいと思うなあ。
「これが武蔵野うどんです(`・ω・´)キリッ」って言うほどメインストリームじゃないお味。
なまじよく出来過ぎちゃっているが故に、野趣といったものは感じないんだよなぁ。
ストレートな武蔵野うどんではなくて、高速スライダーな武蔵野うどん、かな。

いや、スクリューボールかなぁ・・・チェンジアップとかパームボールではないと思うんだよなぁ・・・・・あ(*゚ロ゚)ハッ!!
・・・シュートもいいね( ̄ー ̄)ニヤリ
とかよくワカラン事を考えつつ青梅線のホームへ下りていく河井なのでした。




関連ランキング:うどん | 立川駅立川北駅立川南駅




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ