手打ちラーメンが名物のお店で開花丼。

西多摩郡檜原村
12 /23 2016
武蔵五日市   たちばな家


[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/61509975/,味付きこんにゃく]をいただいた後、歩いて本宿の春日神社へ。

IMG_9160.jpg

裏のケヤキを仰ぎ見てお願いすると、願いが叶うらしいですよ(^_−)−☆

IMG_9162.jpg

IMG_9166.jpg

曙橋の角の道祖神を過ぎたあたりでこちらが見えて来ました。
15:15訪店。

おばちゃんがニッコリ笑って「いらっしゃいませ」。
奥のカウンター席に座り、メニューを眺めます。
こちらは手打ちラーメンが名物なのですが、あゝ、飯物が喰いたひ( ゚д゚)・・・
無性に喰らいたひ( ゚д゚)
で、「[b:開花丼](800円)」をオーダーして店内を見渡します。

真新しさ残る店内は清潔感あり。
左に小上がりが3卓、中央に6人掛けテーブル席が2卓、
厨房は右にあって奥の窓際には6席ほどのカウンターが設けられています。
客は時間帯のせいかまばら。
熟年夫婦がのんびり過ごしております。

IMG_9170.jpg

しばらく窓の向こうの景色を眺めていましたが、
いつしか片平なぎさのサスペンスドラマに、どハマり。

IMG_9172.jpg

7分で竣工。
おっほぉ!!肉、たっぷりやねぇヽ(´▽`)/
これにお新香と味噌汁が付いて来ました。

ではでは。

IMG_9173.jpg

出汁の甘味が露払いした後、たっぷり乗っかった厚みある豚肉の旨味が横溢しますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
飴色の玉ねぎにも旨味がたっぷり染み込んでいますな。
カツ丼と比べると開花丼は、肉の旨味が外へ滲み出るから、玉ねぎの旨味もまた格別なのであります(^_−)−☆
玉子はややハードな火の通り。
ご飯の炊き上がりは良いですね。麺類がウリなお店でこういうクオリティのご飯に出会えると嬉しさひとしお。

IMG_9175.jpg

味噌汁も美味しいなあ、麹が違うのかな?

IMG_9174.jpg

んでもって糠漬けの漬かり具合や良し。
完食。

IMG_9176.jpg

いやあ、ちゃんと美味かったわ(^_−)−☆
脂が苦手な方にはオススメしにくいけれども、豚肉がしっかりとメインを張っていてげに河井好み。
やっぱ開花丼の主役は牛or豚肉ですからね。
味噌汁やお新香も手抜き感無く、それぞれ楽しめましたね。
お新香の小皿に描かれていた蟹の絵柄もまたキュートでした。

こちらは手打ちラーメンがウリなお店なんだけど、
こういう「ウリ以外のメニュー」もちゃんと美味い、
ってのはこのお店のポテンシャルの高さを表しているな、と思った次第。
接客は無難。まあ、ローカルな風情は味わえるかな。

さて、いよいよこの旅を締めくくるとしましょうか。


つづく。




関連ランキング:ラーメン | 武蔵五日市


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ