御神水で炊かれた米で作られた「ほうらい寿司」でパワー注入。

白山市
11 /28 2016
鶴来   いっぷく処 おはぎや


ハントンライスを食べた後、バスで野町へ。
北陸鉄道の野町駅から石川線を完乗して終点の鶴来駅へと向かいます。
いやー、たまらんねぇ、この野町駅の風情と来たらっ!!

IMG_8132.jpg

一気に旅情モードMAX(゚Д゚)ゴルァ

IMG_8135.jpg

車止めにドキドキしながら今はもう使われていない2番ホームを眺め、
後ろを振り返って駅名標のシブさにときめきつつ、列車に乗り込めば、

IMG_8146.jpg

うひゃー、たまらんねぇアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

IMG_8148.jpg

うふふふふふふ

IMG_8149.jpg

えへへへぇ

IMG_8147.jpg

IMG_8150.jpg

ぼーーーっと車窓を眺め30分、とうとう鶴来駅へ着いてしまいました・・・
もーちょい浸っていたかったな(´・ω・`) ショボーン

IMG_8152.jpg

ここから徒歩で約3km南下して、加賀国一宮、白山比咩神社へ。
途中、

IMG_8173.jpg

金劔宮、

IMG_8190.jpg

地下道を通って、

IMG_8211.jpg

鶴来別院、

火伏八幡宮と見て回りました。

IMG_8203.jpg

IMG_8204.jpg

旧い家もそこかしこに在って、歩いていて実に愉しい街並み。

IMG_8223.jpg

菊姫の本社もありましたよ(^ー゚)ノ

しかし、遠いなぁ。

金劔宮↑ 鶴来別院↘︎ 火伏八幡宮⤴︎ とアップダウンする行程、で今はずっと⤴︎⤴︎⤴︎。
ジワジワと疲れり( -_-)
しかも写真を撮りまくったからスマホの電源が半分くらいに、
しかも充電器忘れるという体たらく( -_-)

IMG_8231.jpg

あーーーっ!

スマホの電源がいきなり切れたガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
あと30%くらい残っていたのに・・・
[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/51589424/,箱根ヶ崎の悲劇]、再び(ノд・。)

再起動して写真を1枚、撮ってはまた落ちるを繰り返しながら、到着。

こちら、参道が2ルート(表参道と北参道)ありますが、絶対に表参道からの方が良いですよ(^_-)-☆
木々に覆われた、苔むした緩やかな階段を歩いていけば、琵琶滝。
マイナスイオンを浴びて、身体が喜んでいるヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

参道の眼前に建つ荒御前神社の左手を仰ぎ見れば、本殿と真正面から相対します。
こちら、加賀国一宮にして全国に2000社以上あるという白山神社の総本社。
摂末社も多いね( ̄ー ̄)ニヤリ
その全てに参拝を済ませ、表参道手前にあったこちらへ。

IMG_8240.jpg

14:20訪店。

スタスタと歩いてカウンター席へ座り、メニューを眺めようとした、その時、
お姉さんが申し訳無さそうに
「あ、食事は2時で終わってしまって」

は、恥ずかしい・・・
しかし、問題無し(`・ω・´)キリッ
手前で販売していた「[b:笹寿司](150円)」が2個入ったパックを購入します。
新潟のや長野の笹寿司は[b:押さずに笹で包むタイプ]ですが、
石川の笹寿司は富山のます寿司と同じ、[b:笹に包んだ押し寿司]であります。
こちらでは「ほうらい寿司」とも言う郷土料理
[b:ほうらい祭り]と呼ばれる祭りが10月の初旬に行われるのですが、その折りに各家庭で作られる料理の様ですね。
つまりはハレの日にいただく郷土料理と言えましょう。
ちなみに「ほうらい祭り」、秋の収穫祭でもありながら、非常に歴史的背景がある祭なのです。
長くなるので詳細は[a:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%84%E7%A5%AD%E3%82%8A,wiki]で(´・Д・)」

IMG_8202.jpg

「飲食スペースを使って構いませんよ」と言っていただき有り難や<(_ _)>
お言葉に甘えて使わせていただきます。

ではでは。

重ねられた笹を剥がすと、小さなマス?の切り身。
うん、美味しいね(^ー゚)ノ
酢の酸味と甘味、旨味の強さは懐かしい故郷の味だ。
田舎に昔あってよく食べた[a:17001283,芝寿し](笹寿司といえば芝寿しですよ)の笹寿司を思い出すなあ。

・・・・む、香ばしい!
裏には小エビが張り付いていましたよ( ̄ー ̄)ニヤリ
胡麻の風味も程良いアクセント。
もう1個も同じ塩梅。
瞬殺。

ご神水だという水をありがたく飲み干して店を後にしました。
スマホがどうにも動作せず、肝心の写真が無くてすいません( -_-)

接客は物腰柔らかく、腰低く、笑顔が素敵で文句無し。
いいお店に出会えたお陰で、足取りも心なしか軽くなった気がしますヽ(´▽`)/

小振りでしたが1個150円。
旅の思い出作りが150円で出来るならば安いもんでしょ。

このあと鶴来駅へ戻る途中に色々寄ろうと、思っていたのですが、
スマホの電源も不安定だし・・・帰途につきました・・・・・


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 鶴来駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ