【オムの細道:271】 ハントンライス初レビュー。

金沢市
11 /27 2016
野町   グリルオーツカ


田舎最終日。

IMG_8091.jpg

先ずは延喜式内論社の石浦神社を参拝。
因みにこちら、本殿に向かって左に包丁塚とすし塚があります。
金沢の寿司組合の方々が毎年お参りに来るそうですな。

さて、金沢へ来ておいて、アレを食べそびれる訳にはいかない(^_−)−☆
で、こちらへ。

IMG_8101.jpg

石川名物といえば、
のどぐろ、ガス海老、香箱ガニ、治部煮、かぶらずし、金沢カレー、

IMG_8102.jpg

色々ありますが、[b:忘れちゃいけないハントンライス!!!(゚Д゚)ゴルァ!!!!!]
実は金沢、老舗の洋食屋が多い街でもあるのですよ。

1909年創業の[a:17000065,自由軒]、
1938年創業の[a:17001001,グリル中村屋]、
かの三島由紀夫が足繫く通った狸茶屋(閉店)の流れを継ぐ[a:17000731,洋食屋 New 狸](1967年創業))などなど。

IMG_8103.jpg

そんな金沢洋食文化の中で産まれたのが金沢カレーであり、ハントンライスであります。
こちらのお店は創業1957(昭和32)年。

IMG_8104.jpg

そして、そんな老舗以外の何物でもない外観だ( ̄ー ̄)ニヤリ
11:25訪店。

IMG_8106.jpg

ほう、中に待ちが出ているな。
この時間で待ちだとかなり待ちそうだな(^_^;)
街中でもよく見かけていましたが、修学旅行生が多いですね。
直ぐに河井の後ろにJKorJCが5人並び、更におっさんのグループが外に並びました。

IMG_8105.jpg

ズラリと並んだ有名人のサインを見始めたところで呼ばれました。
1人だったのが幸いして、4分でカウンターへご案内。

メニューを軽く眺め、
あら、オムもあるのか( ゚д゚)
軽く悩んだものの、初志貫徹(´・Д・)」
おばちゃんに「[b:ハントンライス](900円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_8107.jpg

昭和レトロ横溢な店内はレジカウンターの左に厨房、それに面して5席ほどのカウンターが設けられ、
奥にはテーブルが見えてたな。

IMG_8109.jpg

カウンターの背後にもお座敷があるのかな?そんな入口が見えます。

河井の左隣には常連っぽいサラリーマンがハントンタイム、
右隣には観光客っぽいワイルドなカップルが竣工待ち。
厨房ではシェフが大きなフライパンを巧みに操り、数人分のケチャップライスを煽っていますねぇ。

その間にもJKorJCが続々とご来店。
この繁盛っぷりはいつもの事なのだろうか?
そして、竣工まで何分掛かるのだろうか((((;゚Д゚)))))))
この後ちょっと遠出する予定だから少しでも時間を節約したいんだけれど・・・

さて、時間も掛かりそうなので、ハントンライスの紹介をば致しませうかね(`・ω・´)キリッ

ハントンライスはバターを使ったケチャップライスに薄焼き卵と白身魚のフライを乗せ、タルタルソースをかけたもの。
河井はオムのバリエーションと捉えております。
元々は白身魚ではなくマグロを使っていた様で、ハンガリーの料理からヒントを得たといわれています。
「ハントン」の名はハンガリーの「ハン」と、フランス語(orハンガリー語)でマグロを表す「トン」から取られたという説が有力。
発祥は1960年代までさかのぼり、
「[a:17000957,ジャーマンベーカリー]」(富山と石川では有名なパン屋です)が金沢の片町にレストラン「ジャーマンベーカリーグリル(閉店)」を出店する際、その目玉として考案されたという説が最有力。

河井は10年ほど前に[a:17001469,すぎの実](未レビュー)でいただいたのがファーストハントン、今回がセカンドハントンと相成ります。
因みにすぎの実の店主、ジャーマンベーカリーグリルのご出身らしい。
次回はそちらを再度攻略せねばいかんですな(゚Д゚)ノ


・・・隣のワイルドなカップルがヒマに任せてイチャつき始めました。
心の中で舌打ちを82回ほど打ちながら無表情で待ちます。

IMG_8108.jpg

15分経過。
ワイルドなカップルのハントンが竣工。
イチャつきが止まり、河井の心の海原から嵐が去りました。
菩薩の様な面持ちで待ちます。

IMG_8110.jpg

・・・18分でハントン竣工。
お、ボリュームあるね。
オム上にはタルタルがたっぷり、ケチャップよりも多いくらいの掛かり。
それに埋もれる様に、フライが4個ほど乗っかっている様です。
そして老舗っぽくない玉子のふわとろっぷり。

ではでは。

IMG_8111.jpg

玉子はリバースのふわとろで厚みあり、弾力もありますね。
ファーストコンタクトで玉子サンドを思い出したのは、きっとタルタルのせいだと思います(*゚ー゚)>テヘヘッ

IMG_8113.jpg

ライスは・・・具無し、ですが汁気は飛ばしてありしっとり&ふっくら、技量を感じる仕上がり(^_−)−☆
ケチャップライスだけれど、バターかな、結構コッテリした味わい。

通常のオムとは一味違い、タルタルの酸味で食わせる感じですな。
京都の[a:26006338,くるみ]のインディアンに近いけれど、こちらの方がよりタルタル急進派な印象。

IMG_8112.jpg

上に乗ったフライは大きいのが2個、その半分くらいのが2個。
小さいのはマグロカツで、大きいのは海老ですな。ここのは海老カツも乗るのか。
しかしどちらもさほどのインパクトは無く、コッテリライスをタルタルで喰らう構図は変わらず。故に軽く飽きが来ます。

ここで11人のおっさんグループが来店してホールのおばちゃん、てんやわんや。
流石に断られていました(^^;)

ふと隣を見るとワイルドな兄ちゃん、つらそうだ。
「残したら悪い・・・」と呟きながら。
兄ちゃん、いい奴だな・・・

頑張れよ!
残すなよ!!
彼女を幸せにしてやれよ(余計なお世話だ河井)!!!

そう心でつぶやきつつ、淀みなく完食。

結構ボリュームはありましたね。腹持ちも良かった(^^;)
小食の方は「ハントンライス(小)」をオススメします。
具無しだからやや単調な展開になりますが、タルタルが頑張りましたね。

接客はおばちゃんがいい味出していました。
竣工には時間が掛かりますが、厨房はフル回転していましたから致し方無いのかも。
キャパの大きさも影響してそうですな。

カツカレーも美味そうだったな。
常連っぽいサラリーマンが食べていた定食もボリュームありましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

このあと香林坊からバスで野町へ。

IMG_8129.jpg

おお・・・・いいねぇ、野町駅( ̄ー ̄)ニヤリ



つづく。




関連ランキング:洋食 | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ