能登で和菓子といえば「おだまき」らしいですよ。

羽咋郡宝達志水町
11 /21 2016
南羽咋   谷口菓子店


IMG_7953.jpg

IMG_7955.jpg

[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/60254853/,ボンボンカフェ]でオムった後、こちらへ向かいました。
13:50訪店。

奥けらおじいさんがゆっくりご登場して「いらっしゃいませ」。
さて、ここでいただくは「おだまき」。

漢字だと[b:苧環]と書き、元々は紡いだ苧(からむし)や麻の糸を巻いて中空の玉状にまとめたものの事。
その実物を見た事はありませんが、多分この和菓子、苧環の形に似ているから「おだまき」と名付けられたのでしょう。
因みにうどん入り茶碗蒸しの「小田巻」も、入っているうどんが苧環みたいに見えるからそう呼ばれる様になったらしいですよ(^_−)−☆

幾つか種類がありましたが、河井のチョイスは
「[b:粒あん](120円)」
「[b:いちじくあん](120円)」。

IMG_7956.jpg

ではでは早速。

IMG_7957.jpg

ほお、むにゅううっとした不思議な食感!
このファーストコンタクトで一気に持ってかれました(^^;)

IMG_7958.jpg

モチモチぷるんな皮はもち米ではなくうるち米。石川県産コシヒカリを使った上新粉だそうです。

IMG_7960.jpg

いちじく餡は白餡に無花果の種も入っていて存外にフルーティーな味わい。
後で調べたところ無花果、宝達志水町の特産品らしいですな。
知らず知らずのうちにいいチョイスをしていましたね(^_^;)

IMG_7961.jpg

甘さ控えめなのも好み。
瞬殺。

一口サイズながらクセになりそうな逸品でした。
もっと評価高くてもいいんじゃないかな。

さて、
本当はモーゼの墓とか志乎神社とか立ち寄りたかったんだけど・・・無念、タイムアップだ。
帰路につきます。

IMG_7963.jpg

東から黒い雲が近づいてきているな。

IMG_7962.jpg

うむ、青空へ向かって走ろう。

しかし、

空が広いなぁ・・・

IMG_7968.jpg

因みに志乎神社の神様、ちょっと特殊なのですよ。
6月を「神無月」と言いますが、出雲地方では「神在月」と言います。
何故ならば、総ての神様が出雲を訪れる時期だから。
しかし例外の神様も居て、それがこの神様。
気多大社の神様を始め能登国中の神様も出雲へ向かうのですが、この神様は留守を守るために残るのです。
だからこの神社周辺の住民は「神無月」を「神在月」と言うのだとか。
気多大社を訪れた際にはこちらも是非是非ヽ(´▽`)/

IMG_7967.jpg

IMG_7971.jpg


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 南羽咋駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ