高い峰とまではいかないが、周辺住民に愛される峰ではあると思う。

羽村市
11 /14 2016
小作   ケーシーズキッチン


前に狙った事があるのですが、窓からお兄さんがアンニュイな表情で外を眺めていて入り辛かったお店。
今日は入りやすかったです(^_−)−☆
13:40訪店。

入れ違いで母子客が退店していきなりの貸し切り((((;゚Д゚)))))))

カウンター席に通され、メニューを眺め、
「[b:two curries set](1080円)」を「[b:ナン]」でお願いします。
だって、ナンだとお代わり一回無料なんだもん(´・Д・)」
選べるカレーの種類は多いですね。
オススメらしい「[b:バターチキン]」と、「[b:ほうれん草とキーマ]」を「[b:辛口]」で、
ドリンクは「[b:マンゴーラッシー]」をお願いしました。

IMG_6881.jpg

すぐにサラダ竣工。
ほお、あのドレッシングじゃないんだ( ゚д゚)
つまりはネパール系じゃなさそうだな。
人参と大根のスライスがキャベツとレタスの上に乗っています。
うむ、悪くないボリューム。

IMG_6882.jpg

マンゴーラッシーはヨーグルト強めの味わいで良し。

薄暗い店内は真新しい印象で清潔感はありますな。
活気は・・・無い、
ですが、客の入りによって違うとは思います、きっと(^_^;)
BGMは無し。
[b:物憂げな表情でじっと見られていると、緊張しますよぅ(。-_-。)]

IMG_6883.jpg

・・・8分で竣工。
ナン、でかいな・・・
プレートに収まりきらずに1/3ほど折り畳まれていますよ( ´ ▽ ` )ノ

ではでは。

河井の指の皮が薄いのかな、
それとも普段ライスばかりでナンに慣れていないからだろうか。
[b:出来たてのナンって、熱くて千切れなくないですか?]
これを左手を使わずに片手で千切る、って難しい(ー ー;)
しかも河井、元々は左利きにてアチャっ、あつ・・・あちちちちちち

やや粉っぽく、オイリーさは控えめ、
食感はフカフカでありモチモチである(`・ω・´)キリッ

IMG_6886.jpg

辛口にすると、バターチキンでもピリ辛に・・・いや、底の方は甘々だ。
チキン柔らかいなあ( ´ ▽ ` )ノ
サラダでも感じたけれど、下拵えがちゃんと為されている印象。

IMG_6885.jpg

ほうれん草とキーマはサラッとしたカレーで挽肉がたっぷり。
辛いは辛いけど、控えめな感じ。

IMG_6884.jpg

しかしアチャールには手を出す勇気無し(*゚ー゚)>テヘヘッ

IMG_6887.jpg

ナンの中心にどっかと座ったチキンティッカにフォークを伸ばしますと、
おお、ジューシーヽ(´▽`)/
こりゃ美味しいな、弾力を有する柔らかな仕上がり、良し( ´ ▽ ` )ノ
しかも大振りだし( ̄ー ̄)ニヤリ

ナンお代わり下さい(゚Д゚)ノ ァィ

IMG_6888.jpg

あちっ
あちちちあちあちちちちちち

とかやってるところに母子来店、
ちょっと恥ずかしいとこ見られたな(。-_-。)
子連れで入りやすいお店なのかな?
淀みなく完食。

うむ、満足。
ちゃんとしたインドカレー屋さんだ。
この手のお店で大概感じるチープさを感じませんでしたね。
しかし接客は暗く・・・何故だろう、哀しくなってくる(ー ー;)
嫌な気分になる訳でもないんだけれど・・・
外が曇天で、BGMがドナドナだったらヤバかった気がします・・・
哀しくて哀しくてとてもやりきれない状態に陥っていたでしょうね(´・ω・`) ショボーン
でも、子連れのママさんに人気なんですよ。
子供と過ごしやすい雰囲気がきっとあるのでしょうな。

ケーシー、っつったら高峰だろうよ、
ってな河井ですが、
高い峰とは言わないまでも、
周辺住民に愛される頂、なのでしょうな。




関連ランキング:インドカレー | 小作駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ