元気を貰いに中神へ。

昭島市
11 /14 2016
中神   げんき家


色々なしわ寄せが一気に押し寄せてきました・・・
少し前まで波間にプカプカ漂っていた河井は、荒波に翻弄される木の葉の様にくるくると回っておりました。
その上、スーパーで半額だった大量の焼きジャガイモを一気に平らげて以来、
半月にわたり膨満感に苛まれる毎日(愚かだな河井
・・・あゝ、元気が欲しい(´・Д・)」
オラにチカラを(T . T)
で、中神駅北口初上陸。

IMG_7498.jpg

IMG_7499.jpg

途中、ハンバーグ屋さんの新店を発見しつつ北上します。

むう・・・

IMG_7500.jpg

昔の道を新しい道が蹴散らしていく光景は、あまり好ましいものではないな。
更にゲンナリしつつ歩を進めると、

IMG_7501.jpg

こちらが見えて来ました。

IMG_7502.jpg

普通の蕎麦屋みたいな外観だな。
10:45訪店。

やはり大衆蕎麦屋を想起させる箱型の店内は、大きなL字カウンターが迫り出しております。
カウンターの中程に陣取り、前もって予習していた
「[b:天ぷらそば+半肉煮丼](500円)」をオーダー。
おばちゃんが猛然と蕎麦を湯搔き始めるのを横目に店内を見渡します。

IMG_7503.jpg

清潔感は微妙ながら、柱が無いから開放的な印象。

IMG_7508.jpg

IMG_7509.jpg

先客は20〜50代、各世代のお一人様男子4人。なんとなく落ち着きます(^_−)−☆

IMG_7504.jpg

1分で天ぷら蕎麦竣工。
天ぷら、キツネ色だな。
刻み葱が黒くなっているところを見るとやや揚げ過ぎな印象。

IMG_7505.jpg

更に1分後、煮込み丼竣工。
丼じゃなくて茶碗ながら、肉たっぷりでんな\(^o^)/
取り放題の刻み葱を天ぷらそばに乗せて・・・

ではでは。

蕎麦は柔らかめながら、もそもそは控えめ。

IMG_7507.jpg

天ぷらは掻き揚げ。揚げ置きながらクリスプさはあります。
種は刻み葱、玉ねぎ、あと・・・イカゲソ?
なんだろうこれ、わからない(^_^;)
つゆはボンヤリしていますが、まあこんなもんでしょう。
ボリュームは悪くないね。
瞬殺。

IMG_7506.jpg

間を置かず煮込み丼に取り掛かります。
柔らかく煮込まれた豚肉がたっぷりだ( ´ ▽ ` )ノ
比率は飯2:肉1くらい。
具は豚肉のみ。潔し。
肉質がどうとかそういうのは野暮でしょう。
そもそもそういう期待を持たせる内観ではない(^_^;)
品のある内観でそれなりの料金を取る店ならアレですが、この価格でこのボリュームならば文句の出ようハズも無し。
ご飯の炊き上がりはやや柔らかめながら悪く無い。
ガツガツ掻っ込んで瞬殺&ごちそうさま。

IMG_7510.jpg

よし、元気出たっ♪( ´▽`)
職場近くか通勤途中に1軒欲しいですな、こういう「味のある」戦飯(いくさめし)屋さん。

足取り軽く職場へ向かう、河井なのでした。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 中神駅東中神駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ