【オムの細道:268】 狛江の純喫茶でオム白。

狛江市
11 /12 2016
狛江   ぽえむ狛江南口店


[a:13014629,プティ・クー]に豪快に振られた河井、[a:13068966,弥助そば]でキャベもや入りの玉丼セットを堪能したあと狛江駅へと戻ります。

IMG_7577.jpg

しっかし・・・
ところにより強い雨が、という予報だったけれど、
まさに狛江がその[b:「ところ」]だとはツイていないな河井(ー ー;)
どうせ戻るなら、と行きとは違うルートを選択。
食べログの地図を見ながら細くて真っ直ぐじゃない道を選びつつ、狛江駅へと戻ります。

IMG_7584.jpg

うむ、古い道が残っているな。

IMG_7582.jpg

村の鎮守も点在しているし、それらの手入れもちゃんと成されている。
この街は地域の結びつきが強そうだな。

IMG_7586.jpg

IMG_7590.jpg

まあ、町歩きするには楽しいけれど、地図が無いと迷っているだろうな(^^;)
食べログの地図、使えるわぁ(^_-)-☆

IMG_7593.jpg

そんなこんなで駅前まで戻り、こちらでオムるとします。

IMG_7592.jpg

・・・ええ、保険、掛けてました(`・ω・´)キリッ
オム処ってなかなか無いですから、リサーチは綿密にしておかないとね(^_−)−☆

さて、ぽえむ。
こちら、日本珈琲販売共同機構という会社が展開しているお店で、全国各地にございます。
今年(2016年)の11月でちょうど創業50年。
半世紀にわたり日本の珈琲文化をはぐくんできたお店であります。
各店舗は独自色が強く、こちらのようにオムがあるお店は多くはないんじゃないかな。

IMG_7603.jpg

河井、人生初ぽえむ、と相成ります<(_ _)>
14:05訪店。

IMG_7605.jpg

お、小さい店だ( ゚д゚)
鰻の寝床みたいな店内はウッディ、そして濃密な昭和臭。
美しいお姉さんが「いらっしゃいませ」とお出迎え。
ニット帽を被った丸メガネ、ごま塩ヒゲのおっさんが登場すると(勝手に)思い込んでいた河井、少し狼狽えます(^_^;)
お姉さんに指示されたカウンターそばのテーブル席に座り、メニューを眺めます。

オムライスに「赤」と「白」があるのはショーケースで確認済み。エスカロップみたいだな。
どうせなら変わったの、行ってみよう(゚Д゚)ノ
「[b:オムライス白セット](950円)」をオーダーして、
セットのドリンクは「[b:アイスカフェ](+50円)」をチョイス。
「砂糖はお入れいたしますか?」
「いえ、結構です」
というやり取りを経て店内を見渡します。

IMG_7604.jpg

コーヒー豆が敷き詰められたテーブルが見事に調和している店内は、前述通り奥に細長い構造。
左から厨房が迫り出し、カウンター席は無し。
細い通路を挟んで4人掛けテーブルが並び、奥にもテーブルが数卓見えますな。

IMG_7606.jpg

カウンター上の店名のロゴがイカしてますね(^_−)−☆
王子の[a:13044177,じゃんご]を思い出すな。
BGMは控えめな音量のオールディーズ。
控えめ過ぎて、卵をカチャカチャ溶く音の方が大きいです。
先客は若者と初老の男性。お二人とも常連さんかな?奥の席で黙々と読書。

IMG_7613.jpg

IMG_7609.jpg

8分でオム竣工。
お、麗しいねぇ♪( ´▽`)

IMG_7610.jpg

やや小振りながらぶっくりしたオム上にケチャップが美しくシュプールを描き、
左には緑の絨毯。
デザートまで付いて来ましたよ(^_−)−☆

IMG_7611.jpg

ではでは。

IMG_7614.jpg

ライスは確かに白いですな。

IMG_7615.jpg

塩バター味との表記がありましたが、塩もバターも控えめな効きで、ケチャップで食べ進む塩梅。
みっちり詰まったライスの炊き上がりはやや硬めで良し。
具は輪切りのソーセージ少々、それに細かく刻まれたピーマン少々、やや物足りない、かな。
故に後半はやや単調な展開。
玉子はやや厚みあるハードタイプでしっかり巻かれていて存在感あり。
こういう喫茶店にはハードな巻きオムがよく似合うな(^_−)−☆

脇のサラダはレタスメイン。
上に掛かるフライドオニオン?が心地よい食感のアクセントをもたらします。
瞬殺。

IMG_7612.jpg

河井がデザートのヨーグルトに取り掛かるのを見て、お姉さんはコーヒーを挽き始めます。
手際よく氷を割って・・・
ちょうどヨーグルトを食べ終えたところに、アイスカフェ竣工。

IMG_7616.jpg

香りが立ちますねぇヽ(´▽`)/
苦味強めでスッキリした後味のあと、苦味が長い余韻を形成します。
砂糖入りの方が美味しくいただけたかも。

店内は狭く、軽く圧迫感がありますが、それ以上に落ち着きます。
その落ち着きはお店の雰囲気と、お姉さんの佇まいが作り上げている様に感じました。
きっと、仕事が無い時の過ごし方が巧いのでしょうね。
こういう狭いお店だと店員さんの気配が邪魔に感じる事が多々ありますが、それが無かったので。
オムは具が少なかった事もありやや単調でしたが、総合点ではこの評価になりました。
白エスカみたいに筍を入れてみるのも面白いと思いますよ(^ー゚)ノ

お店を出ると雨は上がっていました、

IMG_7618.jpg

なんて事もなく、本降りだ( ゚д゚)
この後は伊豆美神社や少し変わった神社を訪れて、堀口珈琲で〆、という予定でしたが、
この雨の中動き回るのは流石に厳しい・・・
それにもうコーヒー飲んじゃったし(^_^;)
プティ・クーと共に宿題としておきますか・・・

IMG_7624.jpg

IMG_7625.jpg

IMG_7633.jpg

IMG_7634.jpg

駅前にある泉龍寺(なかなかの趣でありましたヽ(´▽`)/)を足早に巡ったあと、

IMG_7643.jpg

IMG_7639.jpg

ややDEEPなゾーン(なかなかの趣でありました(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル)を通って駅へと戻り、
狛江を後にした河井なのでした。




関連ランキング:喫茶店 | 狛江駅和泉多摩川駅喜多見駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ