一発でハマれば病み付きになりそう。

杉並区
10 /18 2016
荻窪  吉田カレー


1400軒目のキリ番に択ばせていただいたのは、こちら。
ここんとこ注目度うなぎ上りなこちらを選ばせていただきました<(_ _)>

ホーム上でちょいと[a:13133887,寄り道]したあと従兄弟と合流。
駅の北へ出て、目的のお店へと向かいます。

IMG_7673.jpg

あ、見えて来た来た・・・

IMG_7674.jpg

おお・・・本当にシャッター半開きだよおい(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_7676.jpg

細い階段には待ちが居なくて一安心、っていやいや中で待ってるわΣ(°д°lll)ガーン
つか、「一見さんお断り」
とか、

IMG_7677.jpg

「やってると思いますか?」
とか、

いちいち怖いわぁぁぁ(゚Д゚)ゴルァ
入りにくいやないかぁぁぁぁい(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_7678.jpg

ってのがウケた訳か(゚‐゚*)
人の心とは、何とも難しいものだな(^_^;)
11:40訪店。

待ちはお兄さん2人。

ちょっとピリピリした静かな店内、静かに待ちます・・・

客層は若めの男性のお一人様が多いかな。
唯一在るテーブル席には若いカップルがキャッキャウフフの態┐(´д`)┌ マイッタネ
ピリピリした空気の中、そこだけが浮いています・・・
もしかしたら、ここ・・・いつもはさほどピリピリしていないのかもしれない(゚- ゚ )
今日だけこんななのかもしれない(゚- ゚ )

なんて思ったりもします(^^;)

店内にはなにがしかの3箇条が貼り出されていますね。

・勝手に席に着かない
・注文はこちらが伺ってから
・テーブル席は店主の手が空いた時のみの案内となる

これ、横暴と捉えるか、優しい誘導と捉えるか(゚- ゚ )
多分、後者だろうな。

4分後、美しいお姉さんに呼ばれたのでそちらへ向かうと、オーダーを聞かれました。
で、目の前のメニューを眺めます。

IMG_7680.jpg

カレーは3種類のサイズからチョイス。
河井は「[b:並300g](650円)」を、
トッピングに「一番人気」と書かれた「[b:キーマ](350円)」を択び、
辛さは「MIX」でオーダーして戻ります。

カウンター4席、テーブル1卓と席数は少ないですな。
で、カウンターは隣との間隔が広く空いていますね。
荷物を置くカゴも完備されていて、意外に客目線も考慮されている印象。

って、あら・・・いつの間にか入口の向こうに人が並んでいる(^^;)
人気ありますねぇ(^^;)

10分ほどで「お一人様どうぞ」とのコールが掛かりましたので、従弟に先んじて河井が先に行きます。

IMG_7679.jpg

3分でカレー竣工。

ほほう、げに上品な出で立ち・・・
これは踊らせてくれそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしながらスプーンを構えます。

ではでは。

IMG_7681.jpg

へえ、甘いなあ、おい(゚- ゚ )
フルーティーな甘さと酸味が攻め立てます。
どうやらバナナを使っているご様子。
これはバナナ由来の味わいでしょうか。

キーマはスパイシー!
ってほどでもないな、細かく粒々した塩梅。
ルーと混ぜると何となくしっくりと来る感じ。
キーマには味噌が入っているらしいけれど、それ由来っぽい円みがありますかね。

少し食べ進めたところで卵黄を割ります。
卵黄はコク&円やかさを付与してはくれますが、元々キーマには味噌由来の親和性?があるから、
それほど場を変える存在でも無いかな、って。

ライスは淡い茶色味を帯びたもので炊き上がりはやや硬め。
スプーンが止まる事無く瞬殺。
お会計を済ませて連れより先に店を後にしました。


接客は、悪くない。
店主は頑固親父、って訳でも無く、柔和な笑みを湛えた落ち着いた佇まいの方でしたね。

でも、あのピリピリする緊張感を持つ雰囲気は・・・
んー、ちょっと気疲れするかな。
まあ隣との距離がゆったりとあるので、食べている時は夢中になれましたが。

河井は、人間って大きく分けて2種類に分類できると思っております。
すなわち、
ボケとツッコミ。
こちらの店主は「ボケ」属性の持ち主なんじゃないか、って思ったのです。
なんとなく、河井と同じ匂いがするので(*゚ー゚)>テヘヘッ
色々な貼り紙に、いろいろとツッコんで貰うのを愉しんでいらっしゃるのかもしれませんな。
(でも、おそらく20%くらいは本気が入っていると思う(゚- ゚ ))
(とはいえ、これは「ウィット」ととらえるべきでしょう。)

IMG_7682.jpg

決め手はあるけれど、ハマるハマらないは人によりそうだな、
というのが総評。

IMG_7675.jpg

河井はハマるまでには至らなかったのですが、
多分、トッピングによるカスタマイズによって味はかなり変わるんじゃなかろうか。
それがハマった時の中毒性は半端なさそうだなあ、って思いました。

IMG_7683.jpg





関連ランキング:カレーライス | 荻窪駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ