【オムの細道:266】 フレンチトースト屋でオム。

葛飾区
09 /24 2016
亀有  The French Toast Factory


[b:こち亀]が急に最終回を迎えたという事情により、急遽UPします。
ゆえにオムの順番が前後する事、ご了承下さいませ<(_ _)>

この日は柴又でオムるか亀有(つまり寅さんか両さんか)でオムるかで迷っていたのですが、狙っていた柴又の和菓子屋のオムがハヤシライスに変わっていました(T . T)

IMG_7364.jpg

で、亀有へ。

[b:いやあ、これは「両さんの街」だな( ゚д゚)]

IMG_7366.jpg

駅前に銅像が建っているし。
連載4000回、という節目を迎える事もあり、そこかしこに両さんの顔、顔、顔。
そんな通りを流して南下、一路アリオ亀有へ。
エスカレーターで3階へ上がると・・・むむ、待ちか(^^;)

IMG_7370.jpg

通路との間に壁が無いから中がよく見えます。

・・・うへえ(^_^;)
解っていたけれど、アウェーだなあ┐(´д`)┌ マイッタネ
待ちは1人(と赤ちゃん)だったので直ぐに空くだろうと推測。
時間つぶしにゲームコーナーへ向かうと・・・

IMG_7371.jpg

こりゃまたスゲーなおいΣ(゚Д゚)ガーン

IMG_7375.jpg

[b:こち亀だらけだぜおい(^^;)]

IMG_7373.jpg

つか、派出所もあるしテーマパークと言ってもいいんじゃないかおい?

IMG_7372.jpg

んでもって左近寺とか誰得だよ(^^;)
(って思わせるチョイス、センスあるわ(^_^;))
とか思いつつ、5分ばかし時間を潰して戻れば待ち無し。
我が策、成れり(^_−)−☆
13:30訪店。

美しいお姉さんが隅のテーブル席へとご案内。
「当店自慢のフレンチトースト・・・」
という口上をにこやかに聞き流し、メニューを眺めます。
さて、オムは3種類か。

IMG_7376.jpg

どれが推し、という風にも見えないな・・・ならば1番上のオムにしよう(`・ω・´)キリッ

「[b:オムライス](900円)」をオーダー。
一緒に頼むと250円になるとの事で、「[b:アイスコーヒー](250円)」も頼み、店内を見渡します。

IMG_7377.jpg

さっきまで視界を狭めて見ないようにしていましたが、

IMG_7378.jpg

やはりアウェー。
しかも過去最高のアウェー感(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
子連れのママさん
お一人様女子
ママさんグループ
落ち着いた感じの熟年夫婦
オサレなカップル
オサレなボサノヴァ。

孤立無縁、って言葉の意味を今俺、体感しているワケだな(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

[b:かわいはけはいをけした!]

なんて魔法は使えない訳ですが、たまたま隅っこが空いて良かった・・・
ど真ん中の席とか、公開処刑に等しいからな( -_-)

白を基調とした店内は清潔感あり、柱が無いからか開放感があります。
赤ちゃんの鳴き声は所々からあがりますが、
壁が無い故に周囲の音がマスキング効果を生み出し、故に気になりませんね。
つかね、
今の電車の中って、昔に比べたらかなり静かですよね?
昔はみな、会話していたな、って。
子供のころ見知らぬおばあちゃんによく話しかけられていた河井ですが、昔はよくあった事なんですよ。
対面の4人掛けシートだと、必然、会話が生まれるんですな、
何せ、膝がぶつかるほど近いから。
今は皆ロングシートでスマホに向かっているから、そういうのが無い。
向かい合うから視線が合って会話が生まれる訳で、
隣の人と会話する、ってのは余程のきっかけが無いと成り立たない様に思うのですよ。
だから、静か。
そんな中で子供が泣いたりグズったりしたら目立つんですな、昔よりも、ね。
だから、そういうのに目くじら立てるオトナではありたくないな、って、思っています、

って、話がズレまくってるな河井(^_^;)

天井で回っている4基のシーリングファンをポカーンと眺めているところにお姉さん、
「お待たせしております」という一言を添えてアイスコーヒー竣工。

IMG_7380.jpg

あら、ちゃんと美味しいな。
酸味強く、苦味も強くてコクがある、かといって濃すぎない塩梅、
驚きとかは無いですが、よく出来た一杯だと思います。

客の滞留時間は長いものの、店員さん達は常に忙しそうに、でも笑顔は絶やさずに動き回っていますね。

・・・惚れてまう、寸前、
12分でオム竣工。

IMG_7382.jpg

ケチャップの赤が鮮やかですな。
オムの後背にサラダが控える布陣。

ではでは。

IMG_7384.jpg

玉子はリバースのふわとろ、いや、ふわぷるだ(゚Д゚)ノ
厚みがあり、卵の魅力を存分に味わえますね。

ケチャップは酢がかなり効いていて、酸味が強いタイプ。
なんとなくイタリアンな気配がするお味。

IMG_7385.jpg

ライスはパラッパラの炊き込みタイプでブイヨンっぽい旨味がメインの薄味。
飯温はやや温め、むむむ。
具は鶏肉、あとはベーコンチップっぽいのや玉ねぎも見えるな。

IMG_7383.jpg

サラダはグリーンサラダ。
軽く酸味が効かせてあるだけで、野菜の味を邪魔しない程度の掛かり、
野菜本来の美味しさを愉しめますよ。
瞬殺。

結論から言えば、意外に美味しかったな、ってのが率直な感想ですな。
玉子に存在感があったし、ケチャップの酸味アピールも河井的にはアリでした。
強いて言えばライスが弱いかなと。
ケチャップにやや負けていた様に感じました。

サラダもちゃんと美味しかったしコーヒーにも手抜きを感じなかった。
接客もよく鍛えてありましたね。

まあ、おっさん1人でふらっと入るのは難しいかもしれませんが(^_^;)
お会計は1242円。
あ、税抜きかΣ(゚Д゚)ガーン
ならばちょっとお高めかな・・・

IMG_7374.jpg

さて、満腹中枢が作動する前に早歩きで北上します。


つづく。




関連ランキング:カフェ | 亀有駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ