ちょいハレ時に使うべき、昔ながらの中華屋さん。

練馬区
09 /23 2016
石神井公園   受楽


石神井公園駅前でかなり目立つ外観なのでずっと気になってはいたのですが、
ショーケースに出ている料理がちょい高めだったので足が向きませんでした。

IMG_6641.jpg

この日はシトシトと雨降りだったので、あまり歩きたくなかったのです(^^;)
12:50訪店。

ほう、清潔感あるなぁ。
中華食堂ってよりは、中華屋料理屋、ってな雰囲気。
宴会なんかに向いてそうな印象だ。
おばちゃんに「開いてるお席へどうぞ」と言われたので、窓際のテーブル席に座ってメニューを眺めます。

IMG_6642.jpg

IMG_6643.jpg

飯物で攻めようとは思っていました。
チャーハン・・・750円か(゚- ゚ )
やや逡巡して出した答えは、「[b:中華丼](850円)」。
河井「大盛りって出来ますか」
店員「(顔を強張らせつつ)は、い、出来ますよ」
河井「(?)あ、じゃあお願いします」

店員さんのリアクションに戸惑いつつ、店内を見渡します。

テーブル席のみの店内は清潔感あり、
通路がゆったり取ってあるからか落ち着きのある内観。
客は半分くらいの入りで、河井が最年少なのは間違いない(^_^;)
落ち着いた感じの方ばかりで、客層も良いですな。
呑んだくれオヤジとかは居ませんでした。
BGMはひるおび。

IMG_6644.jpg

6分で竣工。
ボリュームはまあまあかな。

ではでは。

IMG_6645.jpg

お、豚がちゃんと豚だ!
って、ヘンな言い回しですが(^_^;)
豚肉の主張がよく通っています、風味あり。

IMG_6647.jpg

具は白菜、筍、キクラゲ、ハム、豚肉、小松菜、イカ、エビ、うずらの卵。
八宝菜を軽く凌駕するな、おい(゚- ゚ )
大概の中華丼は白菜偏重主義なのですが、こちらのは白菜に偏らず、
豚肉もハムもしっかり入っています。
餡は旨味と酸味が優しい塩梅。
うずらの卵の黄身がハードじゃないのも興味深い。
ややしっとりした火の通り。
ご飯の炊き上がりは良好。
瞬殺。

ガッツリとまではいきませんが、ちゃんと大盛りでした、
お会計は1010円、って中途半端やなあ〜

多分150円増しだったのに増税分を上乗せして162円になって、端数を切り下げた、
という事なのでしょうな。
1000円を超えると、うーん、やはりちょいお高めかな。
しかしお高めなりのクオリティは感じましたね。
たまに貸切な時もありましたし、大人数での利用も出来そう。
客層も落ち着いていたし、ちょいハレの時に使うお店なのでしょうな。
まぁ接客は中華食堂っぽいですが。

しかし・・・・
大盛りオーダーの時、おばちゃんはなぜ、顔を強張らせたのだろう(゚- ゚ )
そんな謎が中華丼の餡に包まれたまま残ったかの様なモヤモヤ感をもたらしつつ、お店を後にする河井なのでした。




関連ランキング:中華料理 | 石神井公園駅練馬高野台駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ