むしろすがすがしさすら感じる。

羽村市
09 /06 2016
小作    三十七代目哲麺


IMG_6618.jpg


13:55分訪店。

あら、先客無しか( ゚д゚)
ぐずついた天気のせいもあるんだろうけど、なぁんか・・・ヤバそうな雰囲気。
券売機の前にて考えます。
哲麺は立川のお店(未レビュー)でワンコイン+替玉をいただいた記憶があり、こちらでもそうしようかと思っていたのですが、
台湾まぜそばとかあるじゃないか!!
しかし800円か、うーん・・・

軽く逡巡した河井、
「[b:哲辛味噌ラーメン](720円)」
「[b:替玉](50円)」の食券を購入。
カウンターの奥の方の席に座り、店員の兄ちゃんに食券を渡して「[b:硬め]」をコールして店内を見渡します。

IMG_6619.jpg

店内は雑然としていて、先客の食器が片付いていませんね。
椅子も乱れているし・・・不安だけが増していきます・・・
こういう不安は、レビューを重ねていくにつれ、当たるんだよな(ー ー;)

IMG_6620.jpg

4分で竣工。
胡麻油の香りがふわあと立ち上ります。
味噌は上に乗っかっていて、ベースのスープに混ぜ込むタイプか。

しかし、うーん
盛り付けに、愛を感じない。

IMG_6621.jpg

味噌バラバラだしな(゚- ゚ )

ではでは。

具はネギのみか。
麺は、うーん、解れていないなあ(^^;)
食感は・・・

寸胴の湯温が低いとかかな?
硬めじゃなくて生茹でみたいなネトネト感( -_-)

IMG_6622.jpg

つか、これだけくっついていたら、もはや麺とは呼べない気がする(T . T)
ラーメン屋において、これをやらかしちゃあアカンでしょ。
とか思いつつも、替玉はしましたがね、「柔らかめ」で(すでに食券を買っていたし)
あとはもう惰性。
スープはそんなに辛くなかったかな。クセの無い豚骨ベース。

IMG_6623.jpg

あ、辛子高菜は美味しかったな。ちゃんと辛かった。
淡々と完食。

これで720円。
まあトッピングでカスタマイズしていくのが哲麺スタイルなんだろうけれど、
そんな事したらかなりお高くなってしまうしなあ。
替玉50円は嬉しいけれど、ボリュームは大して無いから男子ならば替え玉必須でしょう。
第一、茹でがだらしなかった。それに尽きる。

しっかし、ここまでハズしたのは久し振りだなあ。むしろ清々しさすら感じるぜ(´・Д・)」
シチュエーションが違えばまた印象も変わるかも、
とも思うけれど、一期一会。
この出会いは、
ラブコメディならフラグが立つ可能性もありそうですが、
河井には終了フラグしか立ちませんでした。

しかし、胃袋殿の怒り、どう鎮めようか・・・。
駅前の金刀比羅宮にお参りして邪気を払い、夜に備えます。

IMG_6625.jpg

IMG_6627.jpg





関連ランキング:ラーメン | 小作駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ