その吹きさらしに用がある。

足立区
08 /23 2016
西新井  西新井ラーメン


ポニーを出た河井、

IMG_6347.jpg

う~む、物足りぬ(゚- ゚ )
が、ここらが退き時か・・・

IMG_6349.jpg

大師前駅の無人のラッチを抜けてホームへ上がると、ちょうど電車が来ていました。
途中の北千住辺りでもう一軒行こうかな、なんて考えているうちに終点の西荒井駅に到着。
を渡って北千住方面のホームへ下りてふう、と息を吐き、両手を腰に当てて周りを見・・・











吹きさらしじゃねーかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

向かいのホームに見えるは吹きさらしの・・・ラーメン屋か??

階段を上がって、下りて、店の間へ。
おおお

IMG_6353.jpg

おおおおおおおお
吸い込まれる様に、
14:50訪店。

IMG_6354.jpg

おばちゃんに「[b:ラーメン](450円)」をオーダー、して、

はたと気が付いた(゚- ゚ )
さっき、かどやでラーメン食べてた事に(*゚ー゚)>テヘヘッ

俺はラーメンレビュアーじゃない、オムレビュアーなんだ・・・

そう自分に言い聞かせながら待ちます( -_-)

IMG_6355.jpg

厨房を、というか店舗を、だな。ステンレス製のL字カウンターが囲んでいます。
椅子は無く、立食。
先客は4人。
サラリーマン、ブルーカラー、おばちゃんに学生とバラエティに富んだ客層が、この店がいかに駅利用者に愛されているのかを証明してくれていますね。

IMG_6356.jpg

4分で竣工。
壁が無い、って、イイなぁ。
ちょっとしたアウトドア気分だ。

IMG_6357.jpg

ではでは。

IMG_6358.jpg

醤油ベースのスープは鶏ガラを感じつつマイルドでトゲトゲしさは感じません。
油分は吹きさらし故かな、やや多め。

IMG_6359.jpg

麺は縮れある中細麺でシコシコした食感。
具はメンマ、ワカメ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
ナルトは厚みあり心地よい歯ごたえ。
メンマはやや甘くノスタルジックですが、先ほどのかどやのラーメンのそれよりは控えめ。
チャーシューも厚み適度にあり、しっとり。
ボリュームはさっきのかどやよりあるな。

つかね、何よりもこの風情!!!
おばあちゃんの巧みな平ザル捌きも雰囲気を盛り上げます。
ニヤニヤしながら完食。

これは是非とも冬に味わいたいなあ・・・
寒さに耐え切れず、軽く足踏みしながらいただく、熱々のラーメン。
丼からもうもうと立ち上がる湯気の中へ、顔を突っ込んでいただくワケですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

この趣きは、少なくとも東日本では絶滅危惧種だ・・・
でもね、昔は結構見られた風情だったのですよ。
河井が体験しただけでも高崎駅(ホーム上じゃなかったかも)、小淵沢駅、富山駅、糸魚川駅、直江津駅、名古屋駅、米原駅には在った風景。
使い捨ての容器で貰って、待合室や車内で食べる、なんて事も出来たものだ。
糸魚川駅の木造の、無人の待合室でいただいた、かけそば。
美味しい、美味しくない、って物差しでは測れない。ただただ、浸った。
冬の富山駅、尋常じゃない寒さにさらされながら、
1番ホームの立山そばでいただく蕎麦。
蒲鉾にあしらわれた「立山」の文字を見て、「ああ、帰ってきたんだ、故郷に」って思ったものだ。
忘れ得ない、記憶。
それも、今は昔、だ。

数年前の旅路では延岡駅で出会ったっけ。
・・・・・あ、閉店してる( ゚д゚)

淋しいなあ・・・

この風景は、この情緒は、永遠にここにあって欲しいなあ。
そう心から願いつつ電車に乗り込む河井なのでした。


タイトルはサンボマスターインスパイア。






関連ランキング:ラーメン | 西新井駅大師前駅梅島駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ