こりゃタイ湾まぜそばだ。

羽村市
08 /14 2016
小作  こりゃなんだ~


IMG_6724.jpg

小作にパクチーを食わせるまぜそばの店がある、との情報をいただき、
蒸し暑いなか訪ねて参りました( ´ ▽ ` )ノ
13:35訪店。

IMG_6725.jpg


[b:って暑いいいいいYHHHHHHガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!]
ここはタイかメキシコか!(◎_◎;)???
蒸し暑い最中にドアを開け放してノーエアコン、
という状況に戸惑っている河井に向かって、
若い兄ちゃんがいい感じの笑顔で「いらっしゃいませ〜」
入って左脇のところにある券売機の前に立ちます。
普通のまぜそばや担々麺もあるけれど、やはりパクチーを推しているな。
7月の限定メニュー、トムヤムクンつけ麺と冷しプシムも気になりますが、
ま、最初だ。オーソドックスに行こう。
「[b:パクチーまぜそば](740円)」と「[b:麺大盛り](150円)」の食券を購入して兄ちゃんに渡し、
左のテーブル席といいますかカウンター席といいますかな席に座って店内を見渡します。

IMG_6727.jpg

うん、タイ、って感じ
なんだけど、よくわからんスペーシーな音楽が流れていて無国籍な感じもする店内です。

右に厨房があって周りをL字カウンターが囲み、左にはテーブル席というかカウンター席というか。
村上朝日製麺の木札が掲げられておりますな。

IMG_6726.jpg

客は河井と入れ違いにご夫婦が退店して貸し切りに、
その後ぽつりぽつりと若い男女が入店。徐々に知られている様ですな。

しかし、暑いなあ。
これもタイっぽい演出なのかも、なんて好意的に受け取ろうと思えば受け取れそうですが、
暑がりな河井には地獄である(^_^;)

IMG_6728.jpg

9分で竣工。
なぜか高菜が付いてきました。あとはスープと追い飯。
追い飯の存在は台湾まぜそばのスタイルですな。
因みに追い飯はジャスミンライスとの事。

IMG_6729.jpg

よく混ぜて・・・
まぜそばと言っても色々ありますが、こちらのは台湾まぜそば系のまぜそばだ、
そういう粘度があります。

ではでは。

パクチー、来るね(^ー^)ノ
まあこのくらいは来ないとね。
具は魚粉、刻み海苔、挽肉、玉ねぎ、パクチー。
これは台湾まぜそばならぬ、[b:タイ湾まぜそばだな(^_^;)]

麺は中太麺で多加水かな、ムチっとした食感とツルっとした喉越し。

IMG_6730.jpg

追い飯は少ないながらも鶏で炊いたジャスミンライスがハマるね(^ー^)ノ

IMG_6732.jpg

高菜はよくわからない(゚- ゚ )
IMG_6731.jpg

スープはチキンスープで旨味は出ていましたね。
汗を噴き出しつつ完食。

IMG_6733.jpg

ボリュームは大盛りなり。
味が沢山あって何がどうで美味いのか判らないですが、それもまた台湾まぜそばらしい。
少なくとも河井としては[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/40044491/,田ぶし]や[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/42525427/,こころ]の台湾まぜそばよりも好きだな。
うん、次回は秋に来よう[b:(暑いからね)](´・Д・)」

接客は若さ溢れる感じでやや内向き。
まだ新しいお店なのでサービスは採点していません悪しからず。

あ、ニンニクも効いてるな・・・勤務中はご注意下さいませ。



・・・・・で、一週間後にまた訪れました(*゚ー゚)>テヘヘッ
本当は[a:13072795,ケーシーズキッチン]に伺おうと思っていたのですが、
窓から物憂げに外を眺めている店員さんと目が合いまして、
微妙に、入りにくかったのです。

こちらを訪れたのは、まだ涼しかったから(エアコン効いてなさそうなので)チャンスだと思いましてね(´・Д・)」
今回は「[b:パクチー担々まぜそば](790円)」
「[b:麺大盛り](150円)」
の食券を購入。

涼しかったからか、ドアは閉じていますね。
前回よりは遥かに過ごしやすいなぁ・・・
先客は4人。

IMG_6761.jpg

9分で竣工。
しっかりと混ぜ混ぜして・・・

ではでは。

クラッシュしたナッツ系の食感が初撃。
具はパクチー、もやし、糸唐辛子、挽肉。
確かに辣の辛さがあり、山椒っぽいスパイシーさも感じます。
台湾まぜそばほど粘度はないですが、麺はしっかりと絡んでくれています。

IMG_6762.jpg

中盤に差し掛かり、卓上の「しびれミックス」をガリガリと挽くと・・・おお!香るね!!!!
で、来るね、来る来るよヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
まぁ、シビシビっ!!ってほどではないにせよ、味変としては秀逸なパフォーマンス。

そんなこんなで順調に食べ進むと、
底へ沈み込んでいた挽肉が、ジャスミンライスと合わさるのをじっと待っていました(゚‐゚*)

パクチーまぜそばよりこっちの方が追い飯との相性は良いかな。
旨味とコクの洪水みたいに攻め立てる展開は台湾まぜそばのそれと同様でしたが、
(パクチーのインパクトこそ劣りますが)こちらの方が辛さがある分まだメリハリがある様な気がします。
チキンスープとの相性も良いね(^_-)-☆

前回の高菜もそうだけど今回の沢庵の存在は更に分からないな・・・
追い飯と合わせていただくのかな?
完食。

「担々」ってほど担々はしていないけれど、河井的にはパクチーまぜそばよりこっちの方が好みだな。
次に訪れるとしたら間違いなく秋以降だろうけれど(暑いし遠いし( -_-))、さらなる進化を期待しつつ、店を後にした河井なのでした。





関連ランキング:台湾まぜそば | 小作駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ