門仲を彩る、昭和純喫茶。

江東区
08 /11 2016
門前仲町  カフェ東亜サプライ


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/56239607/,深川不動前けやき弥]で購入した深川めしおにぎりを頬張りながら帰途に就いたのですが、
門前仲町の駅前、横断歩道の向こうにこちらが見えたのです。

IMG_6228.jpg

おおおお、何だか良さげだなあ・・・
純喫茶の匂いぷんぷんに匂いますぜ(・_☆) キュピーン!!
横断歩道を渡り入口の前に立つと、

IMG_6236.jpg

これまた狭い入口だな。
ドアを開けるとこれまた狭い階段だ。

IMG_6235.jpg

ワクワクしながら上がると、
期待以上の内観だヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
16:30訪店。

昭和臭がとめどなく溢れ出している様な店内は、意外と広い。
でも解放感とかは無いな。
ごちゃっとしていながら無理なく詰まっていると言うか・・・
そして、賑やか。
河井を出迎えたのは店員のお姉さんと、健康的な喧騒だ。
客が放つエネルギーに満ちている様な印象、悪くない。

歩き疲れた河井、メニューを見る事も無く「[b:アイスコーヒー](?円)」をオーダーして店内を見渡します。

テーブルは銅張りかな?
純喫茶には銅がよく似合うな(^_-)-☆

客は8割の入り。
地元民っぽい老若男女が入り乱れ、サラリーマンがPCに向かい合っていたり、寝ていたり。

IMG_6230.jpg

電車の中で泣く子供の声が気になること、たまにあるのですが、
あれって昔より今の方が五月蝿い、って訳でもないんだろうなって思うのですよ。
昔と今とに違いがあるとするながら、それはマスキング効果の違いじゃなかろうか?
昔の電車(あるいは列車)は今より走行音がうるさかったし、
それに皆今よりもおしゃべりだった様に思うのですよ。
隣に座った見知らぬ人に話しかけるおばあちゃん、
なんて都会じゃ絶滅危惧種だもんな(^^;)
みんなスマホに没頭しているから、むしろ嫌がられるだろうしね。
また、窓が開いている事も多かったから反響しにくかった、ってのもあるかもしれないな。
そんな考えに思い至る、
そんな状況。
こういう喧騒に身を委ねるのは、むしろ心地好い。

3分で竣工。
色味やや薄めに見えますな。

IMG_6231.jpg

ではでは。

おお、酸味強い!
でもってサッパリしてるなぁ。
ここまで雑味が無いのは初めて出会ったかもしれない。
甘味に苦味が軽くちょっかいを出しつつ余韻を形成します。
レシートに裏には「ユニーク」と書かれていましたが、確かにユニークかもしれないな、

とまで言い切れるほど、コーヒーの経験値は高くありませんが(^_^;)

ゆっくり食べログの下書きを整理しつつ、時間を愉しみました。

って、
あら、

レビューを見てたらオムがあるじゃないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
うーん、もう入らないな(*゚ー゚)>テヘヘッ

お会計は400円。
これで400円ならば悪くないね。

こちら、分煙とはいえ分煙ではない環境故のこの評価点なのかな。
河井にとってこの雰囲気は、楽しいものでした。

前述の通り、タバコの煙が苦手な方にはオススメしにくいのが残念ですが、
駅から近いしアイスコーヒーもお手頃価格だし、
一度は入ってみて良いお店だと思いますよ


おしまい。





関連ランキング:コーヒー専門店 | 門前仲町駅越中島駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ