【オムの細道:244】 鶏皮が面白い蕎麦屋オム。

青梅市
07 /18 2016
東青梅  大むら


【オムの細道シリーズ】


IMG_5864.jpg

こちら、アットチラシではオムライスが人気だと書かれていまして気になっていたお店です。

IMG_5865.jpg

老舗な佇まい、いいねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_5866.jpg

ショーケースのたたずまいもまた素晴らし。
13:35訪店。

おっちゃんが人懐こい笑顔で「いらっしゃーい」
入口近くのテーブル席に座り、正面に掲げられたメニューをざっと眺め・・・あった( ´ ▽ ` )ノ
高らかに「[b:オムライス](800円)」をコールして、店内を見渡します。

IMG_5867.jpg

年季の入った店内、ですが清潔感はありますね。
コカコーラの瓶の自動販売機は状態良さげだけど、現役なのかなぁ。
緑の床(青梅の蕎麦屋は多いですな)の剥げ具合佳し。

IMG_5868.jpg

つか、エアコンがスゴいな( ゚д゚)
この日は肌寒い1日だったのでエアコンは稼働していませんでしたが、現役なのかな?

IMG_5869.jpg

4人掛けテーブルが6卓整然と並び、左に小上がり少々、
厨房は奥に見えます。

先客は常連っぽいご老人1名、後から老婦人1名来店。
因みに灰皿完備なので全面喫煙可の様です。

IMG_5870.jpg

改めてメニューを眺めると、中華系のメニューが
野菜スープや玉子スープまであるじゃないの(@_@)
ここ、普通の中華食堂よりも中華食堂なんじゃなかろうか?

BGMは某国営放送のスタジオからコンニチハしている番組。

IMG_5872.jpg

8分でオム竣工。
お、菱形だ(゚- ゚ )
綺麗に成型されたオム上にはチョボっとケチャップが乗ります。

IMG_5873.jpg

このチョボケチャタイプ、八王子の[a:13121098,いち川食堂]で初めて出会った時はビックリしたのですが、
今までオムったお店を調べてみると・・・結構ありますな。
谷保の[a:13066345,カツミ軒]や、残念ながら最近閉店した八王子の[a:13152594,小松亭東町店]、西巣鴨の[a:13070738,巻文]、
経堂の[a:13062286,笑店]、用賀の[a:13008126,ミナト]、河辺の[a:13073474,河辺飯店]、そしてこちら。
244軒の中で8軒が該当しました。いずれも老舗と思われます。
エンカウント率は約3%。
うん・・・レア、だな(゚- ゚ )
しかも後継者問題を鑑みると、絶滅危惧種といっていいでしょう。
スープは無し。

ではでは。

IMG_5874.jpg

ライスはしっかり炒めてあり熱々。ハフハフしながらいただきます。
あっさりした味付けのチキンライスですな。
具は鶏肉、玉ねぎとシンプルで、炒めムラ無し。
1cm角にカットされた鶏肉には鶏皮が結婚混ざっていて、そのクニュクニュが非常に面白いアクセント。
ライスはふうわりとした炊き上がりで、白飯でも美味しくいただけそうですな。

IMG_5875.jpg

前述の通りあっさりめな味付けなので、上に乗るケチャップは酸味を補う重要なピースとなります。
ケチャップの量もちょうど良し。

玉子は薄焼きのややハードなタイプでさほど影響無し。
するすると完食。

IMG_5876.jpg

標高は高めなので見た目の小ささ以上にはボリュームはあったかな。
しかしスープも何も付かないし具もシンプルなので、展開が単調になるのは致し方無し。
故に800円は少々お高めに感じました。

接客は愛想良し。
願わくばいつまでも、いつまでも残っていて欲しい、そんなお店でしたね。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 東青梅駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ