風情に浸りつつ、殿軍を引き受ける。

京都市伏見区
06 /18 2016
稲荷   祢ざめ家


伏見稲荷の手前に着きましたが、こちらの予約時間にはまだ早い。
かといって、登るには微妙な時間。
参道で土産物屋を見たり露店を冷やかしながら時間を潰す事にして稲荷駅前に着くと、

IMG_5384.jpg

いやあ、外国人、多い、多い!!
日本人より多いんじゃないかな?これ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
あとは修学旅行生も多いな・・・・
うわ、半端ない人いきれだ・・・ああ、
人混みが苦手な河井にとって悪夢だ( ノД‘)
・・・・・んあああああああああもーダメ(T . T)

IMG_5387.jpg

予約時間前でしたが訪れてみると、快くご了承いただけました( ´ ▽ ` )ノ
こちら、創業が1540年という超老舗。
秀吉が母の健康を祈願するために朝早く伏見稲荷大社を訪れたおり、
どこかで休もうとしたのですが、いうても早朝(^^;)
ここだけが店を開けていたのです。
こちらでお茶を飲んだ秀吉は店に「ねざめや」という屋号をつけ、
しかも「ね」の文字には秀吉の正室、高台院の諱から「袮」の字を与えたそうです。

IMG_5383.jpg

まあ真偽のほどはともかくとして・・・
なかなかに風情あるその外観に我が心、トキメかざるを得ませんヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
11:45訪店。

2階へ通され・・・ほお、四つ角を見下ろす良い眺め( ̄ー ̄)ニヤリ
下界を見下ろすムスカ大佐の気持ちを味わえますな(え?そっち??

さて、どうやら1人1品オーダーせねばならないようだ・・・
メニューには1000円の料理が並んでいます。むむむ、数百円で軽く手軽に、と思っていたのだが・・・
河井は「[b:いなりずし](1000円)」をオーダー。
とにかく、稲荷の門前でいなりを喰らいたかったのですよ(`・ω・´)キリッ
メニュー写真にはいなりが7個乗ってるな。
4個くらいのは無いのか?
小食の方はどーすんだこれ!??
ちょっとモヤモヤしましたが、生中を補給したらオールリセットヽ(´▽`)/

IMG_5401.jpg

IMG_5404.jpg

IMG_5405.jpg

エアコンは効いていませんが、風が涼しいのでむしろこの雰囲気に合うね。
暫し往古の情緒を味わい・・・

・・・・・ましたが、
ドヤドヤと階段を上がって来たインターナショナルな客層により霧消(^_^;)
なるほど、やはりスシとテンプラは人気あるんだな・・・

IMG_5408.jpg

3分でいなり竣工。
もっと小振りなのかと思いきや普通に大きいじゃないか・・・

IMG_5409.jpg

・・・まあ、河井には造作も無いがな( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし河井以外の方にはキツいんじゃ・・・
これはサポートする必要があるな・・・
胃袋殿、しんがりは任せましたぞ(´・Д・)」

ではでは。

IMG_5410.jpg

素朴な味わいのいなりの中には麻の実がはいっいてぷちぷちと・・・いや、
パチパチだな、そんな音を立てます。
全体的には、軽い甘みを有するお揚げに軽く酢を利かせたご飯、これに胡麻の香ばしさが軽くインパクトを添えます。
これに前述の麻の実が絡む展開。
クドくは無いから淡々と箸は進みますな。
淀みなく完食。

IMG_5411.jpg

太巻きも分けていただきました。
具は玉子、椎茸、干瓢、三つ葉で、そんなに甘くはない感じ。
まあ、こんなだよな。
驚くものは特に無いです。
河井に供給されるいなりや太巻きを全て平らげて、
完食。

IMG_5412.jpg

従兄弟が頼んだ天丼は控えめなボリュームだったので、
大食の方は丼ものや麺類を頼み、小食の方はいなりを頼んでお裾分けするのが良いでしょう。
いなりだと客単価が上がらないので数を増して単価を上げているのかな?
とかなんとか思いましたが、どーだかは知りません。
もしかしたら、時期によってメニューは違うのかもしれませんし、他に廉価なメニューがあったのかもしれませんね。

接客は普通、かな?
まあ一見さん相手だからこんなもので良いのでしょう。
極めて観光価格だけれど風情はビシバシありました、ってのが総評。


さて、

登るか(゚- ゚ )

IMG_5392.jpg

つづく。




関連ランキング:うなぎ | 稲荷駅伏見稲荷駅深草駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ