【オムの細道:236】 福生の隠し玉的洋食屋でオム。

福生市
06 /11 2016
福生  ビストロむく


【オムの細道シリーズ】


夜の福生はちょっと怖い

って感じるのは、GWに浮かれる人達のせいなのだろうか?
それとも河井がついつい歓楽街に迷い込んでしまったからなのか(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
そんな思いをしてまで目指した金波留・・・やっていないか。
・・・これもGWゆえ、だろうか(T . T)
ボロ春へ行こうかとも思いましたがいやいや、今宵はすこぶるオムりたいのだ。
BMを検索して、洋食屋を目指します。
最後のレビューから期間が開いているから、もしかしたら閉店しているかもしれない、
という不安を抱きながら、不穏な兄ちゃんにジロジロ見られつつ、
高速早歩きで歓楽街を離脱して北西へ。

・・・確かここを曲がった先に・・・・・あー


IMG_4962.jpg

・・・中華屋になってる(T . T)
うーん、間に合わなかったか・・・いや、

いやいやいや、在った在った!!!

IMG_4948.jpg

中華屋の手前、ワゴン車に隠れる様にッ!!
周りに人の気配が無いのを確認して、
両拳をカッチカチに握り締めて、
声にならない声を出しつつガッツポーズを3回して、

19:25訪店。

奥の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺め・・・うむ、あった( ´ ▽ ` )ノ

が、単品とセットとコースがあるな。
セットはライスorパンとコーヒーor紅茶が付き、コースはこれにサラダが付きます。
価格は各1050、1370、1680円。

うううううううむ


・・・間を取ろう(^ー^)ノ(優柔不断の極みだな河井
お姉さんに「[b:オムライスセット](1370円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_4954.jpg

手が行き届いた感のある店内にはカウンター席は無くテーブルが並んでいます。
キャパは20人くらいかな?

IMG_4955.jpg

何となく優しさを感じる雰囲気で、自然と気持ちは落ち着きます。
厨房で怒号が飛び交うとかそんなシチュエーションとか、永遠に無さそうです(^ー゚)ノ

IMG_4956.jpg

先客はママ友らしい女性2人組。
BGMはジャジーなオーバーザレインボー、その後にAORの名曲が続きます。
音響がいいね。拘りがあるのかな、店主は。

5分でサラダ竣工、って、あれ???
サラダはコースにのみ付くんじゃなかったっけ?
豆鉄砲を喰らった鳩みたいな顔で静止している河井に向かってお嬢さん、ニッコリ笑って
「セットにはパンかライスが付きますが、オムライスには付かないので」
・・・あ、そう言われるとそうだよね(^_^;)
あざーっすヽ(´▽`)/

IMG_4957.jpg

なかなかにボリュームあるサラダにはさっぱり和風なドレッシングが掛かっていて、
その上にはわさぁっと刻み海苔。
野菜はそれぞれ瑞々しかったです。
瞬殺。

IMG_4959.jpg

10分でオム竣工。
ほっほう、なかなかに期待させてくれる面構えじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
緑のテーブルクロスに黄色いオム、映えますねぇ・・・
むふふ(_ー_)逆ニヤリッ

IMG_4958.jpg

ニヤニヤを隠せぬまま、スプーンを構えます。

ではでは。

IMG_4960.jpg

ライスにはチーズが入っているかな?もちゃっとしたタイプ。
具はハムと玉ねぎ、あとクワイみたいな根菜が食感のアクセントとなっていて、これは面白い、面白い。

ややシャバっとしたデミグラスソースは酸味旨味ほろ苦みがはっきり感じられるもので、
コクは出しゃばらず俗っぽくない味わい。

玉子は底まで巻かれている贅沢仕様でバターが軽く効いているかな?
厚みあり、ふわとろじゃなくてプルとろな塩梅。
オムにチーズが入ると塩気のバランスが崩れ易いのか、後半に差し掛かると塩気がキツく感じる事が多いのですよ。
そんなオムに何度も出会いました・・・が、こちらのは塩気がそれほど来ないんだな。
なのでチーズのコクと酸味のいいとこ取り、見事なり。
そして、意外に悪くないボリューム( ´ ▽ ` )ノ
味わいつつ、完食。

IMG_4961.jpg

コーヒーが出て来るタイミング良し。
うーん、アメリカンかな。
バナナ味のチョコが面白かったです。

チーズ入りは賛否分かれるかもしれませんが、塩気やコクのバランスがしっかり取れていたので河井的にはグッジョブです(^_-)-☆
単品だと1080円とちょいお高めではありますが、
(シンプルながらも)具材に妙味あり、価格相応の驚きと質&満足感は得られましたね。

接客は若い女性がホールを担当されていましたが、これが良かった。
ちゃんと客と目を合わせてるし、気遣いもあるし、ホールが見えている印象。
少しドジっ子属性も垣間見られましたが、ナチュラルな笑顔でカバー出来ちゃうのは若者の特権でしょうかね(^_^;)
最後はお見送りまでしていただき、ありがたや。
優しさを感じるお店でした。
またランチにでも訪れてみたいですね。




関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 福生駅東福生駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ