【オムの細道:229】 ○○○○でオム。

小平市
05 /05 2016
花小金井  くすのき亭


【オムの細道シリーズ】


花見が雨で流れて飲み会になった席で歴女の女性たちに、
○○○○についてどう思いますか

って聞かれたもんだから
「それは、もう武田鉄矢しか浮かばない」
って答えたら
えー!?
ってガッカリされまして、
むしろ嫡男の正行が如何に敵方に尊敬されていたかを熱っぽく語ったのですが反応はイマイチ(多分論点がズレてたんだと思う)。
そんな遣り取りをしつつベロンベロンに酔っ払った翌日、
重い二日酔いに苦しみつつ通勤電車に揺られていた時にふと、
あ、こちらへ行かなきゃ、
って思ったので仕事帰りに訪れました。

華やかな北口から一本左に入ると、
両脇に街路樹が立ち並ぶ人気の無い通りが北へ真っ直ぐに伸びていて、

IMG_4402.jpg

その先にこちらの灯りだけが仄かに煌めいていたのです。
20:45来店。

左の3人掛け丸テーブル席へ通され、メニューを確認。

IMG_4403.jpg
IMG_4404.jpg
IMG_4405.jpg
IMG_4406.jpg

誰にも見られないよう、テーブルの下で小さくガッツポーズした後、店員さんに
「当店オリジナルオムライス(950円)」を「Aセット(200円)」でオーダー。
Aセットはミニサラダとソフトドリンクが付いていて、
ドリンクはホットコーヒーをチョイスして店内を見渡します。

清潔感ある店内は通路が広く取られているからか広々とした印象。
テーブルが7卓ほどで、カウンター席は無し。
先客は3組でカップルや家族連ればかりでソロ客は河井のみ。
待っている間に中年のご夫婦が来店するなりプチ喧嘩。
・・・軽くアウェーだね(。-_-。)

IMG_4407.jpg

すぐにサラダ竣工。
サイズはミニながら、色んな野菜が入っていて愉しい。
サウザンっぽい濃いめのドレッシングにはクラッシュしたナッツ類が入っています。
瞬殺。

BGMは控えめな音量のクラシックと、ハンバーグの空気を抜く音(^ー^)ノ

IMG_4408.jpg

8分でオム竣工。
やや大きめな平皿の中心に円いオム。
その周りをデミソースが囲み、オム上には胡椒とパセリ?が掛かっています。

IMG_4409.jpg

ではでは。

デミはトロみ控えめでコッテリに非ず、鋭角なコクと酸味、ほろ苦みが主張します。
デミにしてはやや軽い印象ですが、味のパーツに欠けは無い印象。
玉子はフワトロよりはフワフワな塩梅。
よく見るとソースの下にも玉子が見えるので、かなり贅沢に使われている様です。

IMG_4410.jpg

淡く茶色に色づいたライスは軽くスパイシーでコクを感じます。
具は玉ねぎが少し見えるだけであとは肉片くらいですが、玉ねぎの甘味は効いています。
ソースのコクは横溢せず他の味を侵し過ぎないからライスのスパイシーさが立っていて、面白いバランスを見せますね。
飯深は浅く、ボリュームは少ないなぁ。
難攻不落の千早城とは違い、攻略は容易だ(´・Д・)」
力押しに攻め立て、瞬殺。

IMG_4411.jpg

コーヒーは苦味の効いたもので食後にはいいかも。

ボリュームは少なめなので割高感はありますが、オリジナルオムライスと銘打つだけあって面白さは感じました。
サラダもちゃんとしていたし、ディナーにしてはCPは悪くないと思います。
まあ、もーちょい具とボリュームがあれば、とは思いますが(^_^;)

接客は初々しいな、新人さんかな?
会計時には店主が奥から顔を出し、柔和な笑顔で「ありがとうございました」。
こういうの、いちいちこなすのは面倒臭いでしょうが、
客にとっては「一期一会」だったりするのですよ。
笑顔で店を後にした、河井なのでした。


くすのき亭

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:洋食 | 花小金井駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ