福しん、初体験。

練馬区
04 /26 2016
石神井公園  福しん


福しん・・・・・・
日高屋や満洲に親しんだ河井としては、どうしても押さえておかねばならないお店だったのであります。
福しんは1964年創業、というから約半世紀の歴史があるチェーンの中華食堂
主に、東武東上線、西武池袋線、西武新宿線といった「北東京」を中心に店舗を展開しています。
ここで会ったが100年目( ̄ー ̄)ニヤリ
河井、人生初福しんと相成ります。
12:15来店。

U字カウンターの奥の席に座ってメニューを手に取ります。

IMG_3731.jpg
IMG_3732.jpg
IMG_3733.jpg
IMG_3734.jpg
IMG_3735.jpg
IMG_3736.jpg

・・・うーん、「おともラーメン」は食べておきたいな。
で、「[b:中華丼大盛り](690円)」に「[b:おともラーメン](100円)」をオーダーして店内を見渡します。

中央にU字カウンターがあり、奥にはテーブル席が見えますね。
清潔感はあり、カウンターはスベスベ。
スタッフには活気あり。
先客は7割の入りでどんどん客は入って来ますがが回転は速く、常に同じくらいの入りをキープしています。

4分で竣工。
お供にしちゃあでっかい顔してやがる(^ー^)ノ
東秀のミニラーメンが子供騙しに思えるな。

ではでは。

IMG_3738.jpg

先ずは伸びないうちにラーメンから攻めませう。
麺は黄色く縮れある中細麺で、茹では硬めでぷつんぷつんした食感。
具はもやしと刻み葱とシンプルの極み。
スープは醤油がくっきり感じられるあっさり系で、これはスープ代わりだな。
しかし東秀のミ(ry
まあ味はそれなりですがボリュームはあるし、これで100円ってのは素晴らしいCPだ。
瞬殺。

IMG_3737.jpg

返す刀で中華丼を攻め立てます。
餡は塩餡で熱々、ちょい塩気強めな味わい。
具はキャベツ、白菜、人参、筍、玉ねぎ、ニラ、豚肉、海老、イカ、そしてウズラの卵とバラエティに富み、
カニカマと蒲鉾が彩りを添えます。
中華丼ってキャベツメインなものと白菜メインなものがあるけれど、
キャベツと白菜が揃い踏みしているのは興味深いな。
しかもキャベツ派にも白菜派にも配慮した配分でバランス良し。
そして、うずらの卵が入っているのはポイント高し(^ー^)ノ
ご飯は硬めの炊き上がりな点は河井好みですが、ダマがあったのは残念。
後半は塩気が蓄積する展開。
完食。

IMG_3740.jpg

ボリュームは大盛りなりですが、満洲のやみつき丼大盛りよりは少なく感じます。
ライスの出来は好みじゃなかったですが、バラエティに富む具材は嬉しいですな(^ー^)ノ
接客はホールも厨房も声が出ていましたね。満洲よりは上かな。
竣工時間が早いのも嬉しいところ。
タンメンを推している様なので、次回はタンメンを・・・・・



・・・で、1週間後に再訪しました(^_^;)
「[b:タンメン](490円)」を「[b:大盛り](100円)」でオーダー。

IMG_4057.jpg

4分で竣工。
上にチョコンと乗っているクコの実の赤が映えますな。

ではでは。

具は白菜、もやし、豚肉、人参、玉葱、ニラ、キクラゲ、筍、あとセロリがはいっているのが面白い。
スープは甘味を感じるじんわり旨味で、日高屋のオラオラ系旨味とはちょい違う。
多分白菜の存在がカギだな。
上を覆う油膜ゆえにややオイリーな余韻。
麺はおともラーメンのと同じかな?
完食。

ボリュームは大盛りなりですが、日高屋の野菜たっぷりタンメン大盛りには敵わないかな。
でも特盛りならば期待出来そう。
そう、こちら、特盛りに出来るのです(^_-)-☆
まあその分高くなりますが・・・

接客は変わらず卒の無いもの。
厨房からの声だしも徹底しているようですね。
また、満洲はお店によってはやさぐれ感を感じる事があるのですが、こちらは(店によるかもしれませんが)身なりも綺麗だし、
無機質な感じこそすれ、やさぐれた感じは無かったです。
またちょくちょく寄らせていただきます(^ー^)ノ


福しん 石神井公園店

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:ラーメン | 石神井公園駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ