【オムの細道:226】 晴見町に根差したユル~い大衆蕎麦屋でオム。

府中市
04 /23 2016
北府中  玉屋


【オムの細道シリーズ】


この日は[a:13084923,だいもん]を目指すも目の前で暖簾がしまわれました・・・
もう、何度、失敗しただろうか( TДT)
・・・ま、仕方がない。次回は12:30くらいに訪れよう。
で、2軒目に予定していたこちらへ向かいました。
晴見町は最寄りの北府中駅から600mほど離れた場所ながら、商店街にはまだまだ活気が残っております。
近くに府中刑務所があり、そこに勤める方や付近の団地住民に使われているのでしょう、人通りもありますね。
そんな中に、こちらが。
ああ、いい佇まいだヽ(´▽`)/
いかにも街の蕎麦屋、って外観・・・教科書の表紙に載っていてもおかしくないぞこりゃ(゚Д゚)ノ(何の教科書だか)
そんな事を考えつつ、[b:「自動扉」]と書かれた戸をカラカラと開けました。
12:55来店。

お年寄りが楽しそうに呑んでいらっしゃいますが店の人は見えず、「いらっしゃいませ」無し。

客の1人が・・・
前掛けを着けていますが・・・・・

とりあえず手前の小上がりに座ると、奥から出て来た奥様に気づいていただけました。
壁のメニューを眺め・・・・・・・
あった( ̄ー ̄)ニヤリ
奥様に「[b:オムライス](750円)」をオーダーすると、奥様に促されて「前掛けを装備したおっちゃん」が厨房へ入っていきました。
やはり店主だったようです(^_^;)

IMG_4244.jpg

こじんまりとした店内は左に小上がり3卓、真ん中に4人掛けテーブルが2卓、入口寄りに1人掛けテーブルが1卓。
狭いスペースにギッチリ詰まっております。
卓上にはソース、醤油、一味唐辛子、爪楊枝・・・
これだけ見ると何のお店なのかわからないな(^_^;)

IMG_4248.jpg

先客は5人。いずれも河井の1.5倍は長く生きてらっしゃる様にお見受けします。
そして、皆さん飲んでます(^_^;)

IMG_4249.jpg

天井の拵えが飯能の[a:11010364,長寿庵]のそれに似ていて、老舗臭漂いますな( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_4246.jpg

改めて壁に貼られたメニューを眺めると、チャーハンや中華丼など中華系のメニューもありますね。
つまみメニューも豊富だなあ・・・
ま、みんな呑んでるもんな・・・
串カツもあるのか・・・ソースはこれに使うのかな?

IMG_4247.jpg

おばけそば、って、何だろう?
と思ったところに、
10分で竣工。

IMG_4250.jpg

あら、かわいらしい。
型で軍艦型に成形されたオムには少量のケチャップが垂らされ、福神漬けが奥に鎮座。
玉子は巻くまでに至らず、巨大な寿司みたいに見えなくもないな。
付いてきたスープはワカメスープかな?
奥様がスープに胡椒を掛けてねと促します。

IMG_4254.jpg


ではでは。

IMG_4251.jpg

玉子はハードタイプの薄焼きですがやや厚みはあり、内側はややトロな火の通り。
ライスはしっとりしたケチャップライスですが酸味は程よい効きで、旨味が押し出す展開。
玉ねぎのシャキシャキがアクセントとなっていますね。

IMG_4255.jpg

具はハムと玉ねぎでそれぞれ微塵に切られております。
チキンライスも同じ750円なので、鶏肉を使うか玉子を使うかの違いなのだろうとは予想していましたが、ハム入りは意外でした。
可愛らしい見た目ながら標高は高いので、ボリュームは普通にありますね。

IMG_4253.jpg

スープは薄いワカメスープ。胡椒(粗挽きでした)を掛けていただきました。
完食。

IMG_4244.jpg

非常にシンプルなオムでしたが、お店の雰囲気には合っていましたね。
接客はフレンドリー。かといってベタベタはせず、居心地は良かったです。
場合によっちゃあガッカリする様だろう点もありましたが、何故だか憎めない(^_^;)
何でしょうね、人徳、とやらでしょうかねぇ・・・
お店が漂わせる雰囲気のなせる業なのでしょうかねぇ・・・

しかしこのユルさ、「モヤさま」が食いついてもおかしく無いと思うんだけどな・・・
次回の府中ロケの際には、是非是非(^ー゚)ノ


つづく。


玉屋

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 北府中駅府中駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ