【オムの細道:221】 箱根ケ崎でオム。

西多摩郡瑞穂町
04 /08 2016
箱根ヶ崎  龍苑


【オムの細道シリーズ】


この日は箱根ケ崎へ向かいました。
目的は3つ。

・一度も訪れた事の無い瑞穂町へ行ってみたい
・ついでにそこでオムりたい
・ならば延喜式内論社である、阿豆佐味天神社へ行ってみようかな

であります。
ま、つまりは、行った事の無い町へ行きたかった、という事ですな(^_^;)
オム処は2軒押さえてあるから、まあ大丈夫だろう。

IMG_3910.jpg

青梅線で北上して拝島駅で下車して八高線に乗り換えます。

IMG_3914.jpg

黄色い線の内側へ人が入ると、
「黄色い線までお下がりください、黄色い線までお下がりください」
というアナウンスが流れますねぇ!!これは効果ありそうだな(^_-)-☆
その分経費は掛かるから、いずれ運賃上がっちゃうんだろうか( -_-)

[b:しかし、ホームが多いとテンション上がるなぁヽ(´▽`)/]
座席は空いていましたが座らず、先頭車両の一番前に陣取って車窓を眺めます。

IMG_3915.jpg

[b:単線って、テンション上がるなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ]

IMG_3917.jpg

線路脇に用地を確保しているのは、複線化を狙っての事かな?

IMG_3918.jpg

一段下がったホームの先端は、旧ホームの名残りっぽいな。

[b:・・・八高線、テンション上がるなあっ!!ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー]

IMG_3924.jpg

と、テンションMAXで箱根ヶ崎駅に降り立ち、北口へ。

IMG_3925.jpg

[b:真新しそうなロータリーだな(´・ω・`) ショボーン]

IMG_3926.jpg

で、右へ入ると昔ながらの雑然とした飲食街、そそる(^_-)-☆
こちらはその入口にございます。
12:40来店。

常連さんっぽい客が3名、既に出来あがっていますね。
手前のカウンター席に座り、コルクボードを利用した技ありのメニューを眺めます。
ラーメン、丼モノ、定食、スープ、多種多様。
肉豆腐といった一品ものも多いですね。呑み用途に使われる店なのかな?
(周りを見渡して)
・・・その様ですな(*゚ー゚)>テヘヘッ

やがてお目当てのものを見つけた河井、高らかに「[b:オムライス](700円)」をオーダーして、改めて店内を見渡します。

IMG_3928.jpg

ややゴチャつきを見せる年季の入った店内は、左の厨房を囲むようにL字カウンター、右にはテーブルが2卓ほどのこじんまりとした佇まい。
清潔感はそこそこながら、テーブルにはテーブルクロスが掛かっています。
因みにタバコの煙が苦手な方にはオススメ出来ません悪しからず(喫煙率高いです)。

BGMは「あさがきた」。

IMG_3930.jpg

10分で竣工。
おっほお、オム、長方形でんがな(゜-゜)
しかも、ぱつんぱつん。ボリュームありそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
with中華スープ。

ではでは。

IMG_3931.jpg

玉子は厚みあるハードタイプでぷるぷるしてますね。
ライスはよく味付けされたケチャップライス。
具は鶏肉と玉ねぎで鶏肉は結構入っています。

しかし、ライスに硬いぐにゅうんとした部分がちょこちょこあって・・・そこが残念( -_-)
河井にとって唯一と言って良い、苦手とするものなので( TДT)

後半は「ぐにゅうん」との厳しい戦い。
ボリュームの多さが仇となったか(ー ー;)
攻めあぐねる河井を尻目に常連さんたちの酒のピッチは上がり、
更に続々と常連さんらしき客が来店し、皆さんビールをオーダーしてます。

IMG_3932.jpg

スープはネギが効いた素朴なもの。
・・・何とか、完食。

接客は明るく笑顔も輝いていて良し。
完全アウェーな展開なのに不思議と居心地が良かったのは、きっとおばちゃんが醸し出す空気のお陰でしょう。
オムはボリュームあり。ゆえにライスさえちゃんとしていればなぁ・・・
こちらは麺ものオーダーが妥当でしょうかね。もしくは白飯ならばあるいは・・・とも思いますが、はてさて。


つづく。


龍苑

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:中華料理 | 箱根ケ崎駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ