見せて貰おうか、竹屋グループのつけ麺の、性能とやらを。

東村山市
04 /07 2016
新秋津  良人


河井が帰る時間帯にはいつも混んでいたんですよ。
竹屋グループだからガッツリ仕様だろうとは思いつつ、混雑を嫌がるあまり今までご縁が無かったのです。
この日は早めの時間帯でしたが、
空きが、あるな
ス、ス、ス、っと券売機の前へ。
左上の法則、発動っ(゚Д゚)ノ
うむ、つけ麺がウリのようだ。
「つけ麺大盛り(780円?」の食券を購入。
普通盛りでも同じ価格か・・・興奮してきたな(´・Д・)」
18:45来店。

最奥のカウンター席に座り、店員さんに食券を渡すと、
「冷たい麺と温かい麺どちらにしましょうか」
寒い夜だから「温かい」ので。
「太麺と細麺どちらにしましょう」
「太麺で」
「醤油で宜しいですか 」
「宜しいです」
という遣り取りが終わり、店内を見渡します。

IMG_3743.jpg

右奥の厨房をL字カウンターが囲み、右手前には小さなテーブル席が一つ見えます。
オープンしたのは平成17年4月、って事は10年戦士か。

IMG_3742.jpg

先客は3名。

IMG_3745.jpg

8分で竣工。
ふむ・・・これ、春馬のつけ麺みたいな、

IMG_3744.jpg

って、同系だもんな(*゚ー゚)>テヘヘッ

ではでは。

IMG_3747.jpg

麺は短く角の無い中太麺で、小麦の風味を感じるモニュプリな食感。
そして春馬と同様ガッツリなボリュームヽ(´▽`)/

IMG_3746.jpg

つけ汁は熱々で、器もしっかり温めてありますね。
甘さが強めに主張した後に魚介由来っぽい酸味と塩気、唐辛子と胡椒由来の辛さがぼわーんと広がります。
春馬のつけ麺に似ているな、って同系(ry

具はチャーシュー、メンマ、海苔1枚、味玉半個、刻み葱。
チャーシューは春馬のと同じくペラペラ、つか同じだ。
メンマは硬めでジャクジャクした食感。
味玉はご飯といただきたい塩っぱ旨さ。
淡々と完食。

接客は普通。
春馬でも感じましたが、やはり甘さがちょい苦手かな。
この甘味とペラいチャーシュー、ガッツリ麺・・・これが竹屋スタイル、と言えるだろうか?
とまれガッツリはガッツリなので胃袋殿は満足された由。
次回訪れる機会があれば、油そばをいただこうと思います。



良人

夜総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:ラーメン | 新秋津駅秋津駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ