Something Cool。

武蔵野市
05 /15 2015
吉祥寺「タレカツ」


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/7608170/,ハモニカ・クイナ]でオムタコった後、予定通りこちらへ向かいました。
新潟名物「タレカツ丼」を食わせるお店と聞いたもので( ̄ー ̄)ニヤリ
河井、人生初タレカツ丼、と相成ります<(_ _)>
16:10来店。

へぇ、こう来たか(@_@)
洒落たカフェの様な店内ですな。
やや奥のカウンター席に座り、メニューを眺めます。

ランチは17時まででしたヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
なので、ランチの「カツ丼セット(810円)」をオーダーして店内を見渡します。

BGMはメロウな女性ジャズヴォーカル。
これが実によく似合いますな。
店名から何となく・・・・
調理歴3ヶ月くらいの若い男女店員がキャッキャウフフしている感じなお店を想像していましたが、
180度、いや540度違いました(同じじゃないか
50代くらいのご夫婦?が切り盛りされています。
チェーン店みたいな店名&店の作り込み具合ですが、個人店なのかな?
と、この時は思ったのですが、
帰ってきて調べてみると、タレカツはラグーンインターナショナルという会社が運営する1ブランドでした。
客は7割の入りでしたが、時間帯を考慮に入れれば善戦していると言えましょう。

4分で竣工。

IMG_0525.jpg

カツは3枚イン。
味噌汁とお新香、サラダまで付いてきましたよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

IMG_0526.jpg

豚肉は叩いて薄く伸ばしてありますな。
これは福井のソースカツ丼や石川の金沢カレーと同じ様式ですね(^_-)-☆
衣は細かく、これも福井のソースかつと似てますな。

さて、タレカツ丼は新潟市近縁のご当地グルメで、
ごはんの上に薄いカツを乗せ、醤油だれで味付けしたものです。
諸説ありますが、遅くとも昭和20年代には販売されていた様で、
発祥店は「とんかつ太郎」と言われています。
この薄いトンカツ、多分「とんかつ」よりは「カツレツ」寄りなカツなのでしょう。

ソースカツ丼の、いや、
カツオンザライスの発祥店とも言われる「ヨーロッパ軒」を擁する福井と新潟・・・
間に富山と石川を挟んではいますが、海では繋がっているのですよ。
そもそも新潟は港町であり、
安政五カ国条約による開港五港の一つ(他は函館港、横浜港、神戸港、長崎港)。
そして貿易港、軍港として栄えた福井の敦賀港にヨーロッパ軒の敦賀分店が創業したのが昭和14(1939)年。
敦賀と新潟を行き来する船員からソースカツ丼のあらましを知った新潟のとあるお店の店主が、
タレカツ丼を発明した・・・
この薄いカツには、実はそういう伝播が隠されているのかもしれない、
なんて思ってみたりするのです(^_-)-☆

それから新潟は、日本海側の海の玄関口として栄えた街で、
明治時代においては「ハイカラ」な気風を持った街でした。
明治期から営業していて現在「日本の3軒」と称されるうちの1軒が、新潟に在る(ホテルイタリア軒。あとの2軒は上野の精養軒と函館の五島軒)のも偶然ではないでしょう。
そういう気風の中に、タレカツ丼に繋がる「失われた記憶」が隠されているのではないか、なんて見方をしてみたくもなるのです(^_^;)

と、話が大きくズレました(^_^;)

タレは醤油が香りますが実にアッサリしたもので、
ご飯が進む進む!!!・・・って感じじゃないですな(゚- ゚ )
玉子とじのカツ丼をエラ・フィッツジェラルドに例えるならば、タレカツ丼はジューン・クリスティ、だな。
ご飯に対して素っ気ない素振りを見せつつも、
こちらの気を逸らさない程度に巧みに絡んでは来るのです。
もどかしくも、心ときめく、距離感。

硬めに炊かれたご飯は新潟県産こしいぶきらしいですが、流石に美味しいですね(^_-)-☆

サラダはキャベツメインの簡易なもの。
お新香は・・・・
五郎さんならこう呟くだろう・・・

うーん、サラダとお新香でキャベツがダブってしまった、と(`・ω・´)キリッ

味噌汁を啜って完食。

ボリュームは普通。
しかし「大盛り【1.5倍】(100円)」や「特盛り【2倍】(150円)」もあるのでガッツリ党員も満足できそう。
何よりも、丼物の土台となるご飯が美味しかった。
まあ、もーちょい柔らかくてもいいかな、とは思いましたが(^_^;)
本場のタレカツ丼を食べた事がないので比較も何も出来ませんが、これは美味しい食べ物ですね(^_-)-☆
いずれは本場でも味わいたいです。

さてさて・・・・・・・


つづく。

タイトルはジューン・クリスティの代表作から。




タレカツ 吉祥寺店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 吉祥寺駅井の頭公園駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ