うおおお!、ならぬ、魚おおおっ!!

練馬区
04 /05 2016
石神井公園  麺処 井の庄



IMG_3812.jpg

この日は[a:13089715,縁]へ向かったのですが、準備中だ( ゚д゚)
で、同じフロアにあるこちらの前、
には行列・・・・・
[b:が!無いね!!!]チャーンス( ´ ▽ ` )ノ
こちら、石神井公園駅界隈では最高評価(2016.1.22現在)を受けているお店です。
13:00来店。

お、中に待ちが2人居ました(^_^;)
入口脇の券売機で
「[b:つけ麺](820円)」「[b:大盛り](100円)」
の食券を購入して厨房のお姉さんに食券を渡し、奥のウェイティングスペースへ。
椅子に座って店内を見渡します。

座席はU字カウンターのみで席数は14席くらいかな。
厨房は広く、中では店員さんたちがテキパキと動いております。
BGMはオサレな感じの落ち着いた洋楽。

IMG_3817.jpg

6分で奥の席が空いたのでそちらへ座ります。
待ちは7人になっていました・・・運が良かったな(^_^;)

IMG_3816.jpg

カウンター上には唐辛子、酢、あと胡椒かな、挽くタイプの奴。

IMG_3815.jpg

丼プレゼント!そういうのもあるのか(゚- ゚ )
照明はやや暗い昼光色で、オサレな感じがしないでもないです。
隣の若いサラリーマンはライスを頬張りながら辛そうなつけ麺を啜っております・・・

[b:・・・その手があったか( ゚д゚)]
と思ったところに5分で竣工。

IMG_3820.jpg

魚粉がスープ上に小山を築いておりますね。
子供の頃によく飲んだ[b:「ミロ」]を思い浮かべつつ、

ではでは。

IMG_3818.jpg

スープはドロッとしたタイプで、魚粉を混ぜ込むと更にドロんドロンのドロロンえん魔くん状態。
魚粉由来っぽい酸味と旨味が「うおおおお」、
もとい、[b:「魚おおおおっ」]と口内を駆け巡ります。
しっかし、ドロポタなつけ汁の保温力は、麺の冷たさに[b:脆くも敗れ去る。]
1/3ほど食べ進めたところで冷え冷えな塩梅に(T . T)
まあそれでも塩気が出て来ないのがこのつけ麺の凄いところなのかもしれませんが。
この冬一番の寒波が襲った日だったからなのか身体は徐々に冷えゆき、
昔流行った[b:「冷やし中華〜、はじーめましたぁ〜」]
って歌が脳裏にチラつき始めます・・・

IMG_3819.jpg

麺はねぇ・・・意外に太くないな、という印象しかなかったりします(^_^;)
魚粉スープのインパクトに全部持ってかれたのかな(^_^;)
悪い記憶は無いので、それなりに美味しかったのでしょう。

具は海苔、チャーシュー、メンマ、刻み葱。
チャーシューはサイコロステーキみたいなのが3切れ入っていてトロットロやで!!
脂身たまらんなぁ( ´ ▽ ` )ノ
メンマは柔らかの極みで味も付いていて単品でも楽しめそう。
ネギは大きめのカットで風味あり。

IMG_3821.jpg

麺に絡まりに絡まって1/4くらいにまで減ったつけ汁ですが、スープ割りを愉しめるくらいには残っていました。
スープ割りは醤油差しみたいな容器で供され、
ネギの風味が花開き、冷えた身体を温めてくれました。
完食。

IMG_3813.jpg

ボリュームは普通のお店の大盛りよりやや多いかな?
ポテンシャルは感じましたが、寒い日は(あつもりとか出来るのならば)あつもりの方が良いでしょうね。
接客はソツ無し笑顔そこそこ緊張感あり。
次回は是非「辛辛魚」をいただきたいですが、辛さに耐えられるかが心配です(^_^;)


麺処 井の庄

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 石神井公園駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ