《再訪》上質な「普段遣いカレー屋」。

小金井市
03 /22 2016
東小金井  サイのツノ


初回の訪問時のレビューはこちらに載っています<(_ _)>


コメダを出た河井、
ジブリの『コクリコ坂から』に出てきたという肉屋へ向かいます、が・・・
IMG_3791.jpg

見当たらないな・・・
じゃあその並びにあるのかな、と探しますが、やはり見当たらない・・・
うーん

家に帰ってしっかりリサーチし直そう(T . T)
(2014年10月に閉店していました・・・)

しっかし、東小金井駅北口は随分と変わってしまったな・・・
河井が初めて降り立ったのは6年くらい前でしたが、あの頃北口に在った昭和臭漂う喫茶店もゲームセンターも無くなり、
駅前でよく見かける「農場」やら「お忍び」に適した個室居酒屋やらが、
踏み固められた道端に咲くオオバコ宜しく繁茂していて、つまらん。

IMG_3792.jpg

7年くらい前に油そばをいただいて、ああ、こういうのアッサリなのもあるのね、って思ったお店も店を閉じたみたいで残念(ー ー;)
で、駅南へ。

IMG_3793.jpg

へえ、サイのツノ、テイクアウト専門店始めたんだ!
ただサイのツノの様に前へ進んでいるワケか( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、時間のせいもあるけれど、どこもやってないなぁ。
BMしていたさとは見当たらず、祥瑞坊も閉まっています
で、ここはやっていました。
17:15訪店。

カウンター席に座り、メニューを。
この前食べなかった薬膳カレーはいただきたいておきたい。
で、
「インド風レッドカレー」と「薬膳スープカレー」を「ハーフ&ハーフ(720円)」でオーダー。

先客は無く、河井が口切りだった様です。

6分でカレー竣工。
店主からスープカレーの食べ方を指南いただき、

ではでは。

IMG_3795.jpg

レッドカレーは相変わらず河井好みな味のバランス。挽肉ってよりも大きめな肉片、存在感あり。
つか、ライスがいいね。
やや硬めの炊き上がりが、このシャバいカレーに合っています。
どういう炊き方してるんだろう?

IMG_3794.jpg

さて、スープカレーはというと、ラッサムみたいな味わいでトマトの酸味が効いています。
旨味は薄いんだけれど細く後を引き、その後方からぼわあっと辛さが攻め立てます。
対して河井の汗腺は即座に砲門を開き、臨戦態勢をとります。
ライスと合うとか合わないとかそういうのじゃなくて、美味しいスープだなこれは。
レッドカレー、時々スープカレーで合わせつつ食べ進み、レッドカレー亡き後は具の野菜をつまみつつ楽しみました。
具は3色のパプリカと人参、芋。サツマイモかジャガイモか、辛さでよく判りませんでした。
カレーの味が強くない分、野菜の美味しさを愉しめましたね。
辛さはそれほど蓄積せず、汗はそこそこで完食。

ガッツリいきたいならば大盛り必須でしょうな。
ま、今日の河井にはちょうど良かったですが(^ー゚)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ